「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

時にはMr.Childrenの話を

e0161872_16330169.jpg

こんばんは。スクールカーストのバラモン的存在、市原です。

ミスターチルドレンの新作『REFLECTION』がリリースされて早1ヶ月が経ちそうな流れの速さ!毎日聴いちゃうしアタマん中に流れちゃうこの作品をアイラブ。

思えばミスチルとの付き合いも18年ほどになります。ゆーわけで、ミスチルの全アルバムを独断と偏見と受け売りで格付け&一言レビューする企画を開催。人知れず、開催。レリゴー。




S
『HOME』(2007)
おそらくミスチルのアルバムで最も回数聴いてるアルバム。ヒットシングルもアルバムのキラーチューンもあり、バランス・ボリューム・クオリティどれをとっても文句ない一枚。
この辺からマンネリ化が始まり、ミスチルから離れていった人もいるみたいだけど、個人的にはこれが絶頂にして最高傑作。穏やかーなアルバム。


『Iemoticon-0152-heart.gifU』(2005)
ある意味、一番思い入れのある作品。“Worlds end”、“僕らの音”、“CANDY”とアルバム曲も名曲揃い。
超名曲“Sign”は『シフクノオト』を1曲に凝縮した曲だからここに収録すべきじゃない、という意見もどっかで目にしたけど、やっぱりこれがあるから締まる作品ではある。


『深海』(1996)
人気絶頂期にありながらミスチルが内省期に突入したアルバム。これをベストに挙げる人も多い。個人的にもシンプルなアレンジとざらついた音の肌触りが大好きな一枚。バンドの出す音として理想的とすら思う。誰でも知ってる“名もなき詩”“花-Memento Mori-”収録。


A
『Atomic Heart』(1994)
避けて通れぬミスチルの大ブレイク作品にして、最多売上を誇る本作。globeの1stが出るまでは日本で一番売れたアルバムだった。4〜6曲目の流れが特に好き。
それまで青くさい恋愛の歌が中心だった楽曲の世界観が本作から一気に広がり深まった。


『BOLERO』(1997)
初めて聴いたのがこのアルバムだった。前作『深海』との差別化が図られたのもあって、音がとてもクリア。ヒットシングルも満載。内省どっぷりの“ALIVE”は人気曲。ジャケットも素敵。


『SENSE』(2010)
小林武史色が強いせいか批判意見も多いけど、個人的には結構好きな作品。“擬態”、“365日”、“ロザリータ”、“ハル”、“蒼”、“Prelude”あたりが好き。
タイアップの多かった前作に反するかのようなノンプロモーション、ノンシングルという異端の1枚。


B
『シフクノオト』(2004)
おそらくライト層からの支持も非常に高いであろう11作目。市原がこの世の中にある曲で一番好きな曲である“くるみ”が収録されている。
シングル群もバラバラながらキャラが立ってるし、“タガタメ”というミスチル中随一のメッセージ性を持つハイライトもある。の割に、それ以外のアルバム曲が意外とマニアック。それもまた魅力なんでしょうね(適当)。


『SUPERMARKET FANTASY』(2008)
“旅立ちの歌”、“GIFT”、“HANABI”といったシングル群が大型タイアップによりライト層に聞かれたため、結果的にアルバムも多くの人に聞かれたんじゃないかな(適当)。
“エソラ”を始めとして“声”、“口がすべって”、“水上バス”、“東京”などアルバム曲も極上のポップスを多数収録。最後の“花の匂い”は蛇足だと思う。でもここにしか入らないよなぁ。ボートラと思って頂ければ(何様だよ)


『REFLECTION(Drip)』(2015) ←今後変動あり
言わずと知れた最新作(画像はDrip盤)。
発売前のネットでの話題騒然ぶりはえらくステマくさかったけど、それを補って余りある出来。素晴らしい。
ただ、これでこんなに話題になり評価されるなら『SENSE』ももっと評価されていい気がする。“未完”は“Prelude”に、“FIGHT CLUB”は“HOWL”に似てるし。
『Atomic Heart』『IT'S A WONDERFUL WORLD』と並ぶミスチルのターニングポイントとなる作品であることは確か。


C
『KIND OF LOVE』(1992)
2作目。初のフルアルバム。
名曲“抱きしめたい”、“星になれたら”収録。この2曲は飛び抜けてるけど、アルバム曲も地味ながら味わい深いものが多い。
コメント少ないけど(笑)、『深海』以前のアルバムでは一番好きかも。


『Q』(2000)
2000年リリースのスルメアルバム。これが入門編だとか最高傑作だとは到底言えないし、リリース当時のミスチルの雰囲気もパッとせず、浜崎あゆみに週間一位の座を奪われる始末。売り上げもミリオン割れ。
主に後追いかマニア気取りの意見だとは思うけど、評価され過ぎな気がする。だが、この作品がスルメアルバムであることには何の異存もない。かく言う自分も、当時よりも今の方が何倍もこのアルバムの魅力がわかるわけで、えぇ。


『IT'S A WONDERFUL WORLD』(2002)
『深海』以降の内省路線から2001年のベスト盤発売とそれに伴うライブ『POP SAURUS』を経て発売された10枚目。
とにかく開放的!そしてポップ!2002年という時代の空気をよく切り取った作品の一つだと個人的に感じる。名曲にして定番“蘇生”収録。それ以外はシングル含めてドカンとした曲のない、粒ぞろいのアルバムという印象。ジャケットが素敵。


D
『DISCOVERY』(1999)
活動再開後最初の作品。全体的に暗く、重い。ジャケットのせいかな。カッコいいジャケットなんですけどね。
最後に収められた“Image”の名曲っぷりがハンパねぇっす。あと、全体的にロックっぽいです。


『Versus』(1993)
初期三部作の最後を飾る1枚。印象も思い入れもあんまりない(笑)。“メインストリートへ行こう”と“LOVE”は小学校の時に作ったクラスビデオでも使われた。


『(an imitation)blood orange』(2012)
オーバープロデュースここに極まれり、といった趣の2012年作。曲単位で見ていけば悪くはないんだけど、とにかく全体の印象が、薄い。ギター鳴ってたっけ?くらいのピアノ&ストリング感。
シングル以外だと“hypnosis”や“イミテーションの木”、“過去と未来と交信する男”が特に好き。とは言えスリリングな後者も“LOVEはじめました”や“ロックンロールは生きている”の焼き直しじゃん、って言われたら何も言えない。いや、ほら、歌詞の世界が、違うじゃん。


E
『1/42』(1999)
ディスカバリーツアーのライブ盤。何故かオリジナルアルバムとして公式にカウントされてるので一応こちらでも格付けに入れた。ヒットシングルもこの頃はCDと同じアレンジで演奏されてたんだなー。
“ニシエヒガシエ”が鬼かっこいい。


『B-SIDE』(2007)
B面集。シャチョサン、イイ曲多イ。これも公式でオリジナルアルバムにカウントされてる。よくわからない。
“Love is blindness”はバンドでやりたい。この曲の音もドラムもそのくらい好き。


未聴
『EVERYTHING』(1992)
ごめんなさい。実は未聴です。でも“君がいた夏”はほんといい曲やと思います。


『REFLECTION(Naked)』(2015)
Drip初回盤+23曲入りハイレゾUSB+写真集で1万円ほど。欲しかったけど、断念。Dripに入ってない9曲も気になるけど、いつかお金持ちになった時にきっと…!



あ、こちらからは以上です。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-06-30 23:57 | 音楽 | Comments(0)