本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

限りなく冷静に近い情熱

こんばんは。海のミルク、市原です。


人生には義理とかプライドとか世間体とかオトナの事情とかいったいろーんなしがらみがあって、その一つをクリア出来たとしても別のしがらみが絡み付いてきて…みたいなことがあります。そのループから逃れるために多少強引なやり方をしなきゃいけない時が今まで何度かあった、ありました。
…相手を論理的に説得するのが苦手、もしくは初めからそんなこと出来ないと思っているのかもしれません。だから強引な手段を用いて強行突破しちゃう。それが人生の結構重要な局面でなされてきました。次はいつだろうか。や、しないに越したことはないのですが。


値切るという行為が出来ません。形のある品物だったらまだしも、自転車やバイクの修理など技術を要するものは特に。
技術料を負けろというのは、その人が何年も努力して得た技術の価値を認めない、その値段に見合わないと言ってしまうようなものです。だから舞台のチケットを負けろとか招待にしろとか自分から言うような人は…ちょっと疑っちゃう。それは招待や割引をする側が言うことで客側が言うことじゃない。もちろんモノには適正価格というものがあって、実際にそれを使ったり体験したりしてユーザーが判断するものだけど、その判断っていうのは最初に買う価格のことじゃなくて、次もまた買うか、使うか、観に来るかっていうことでね。


避けて通りたい道を避けた上で勝ってる人がいる。負け戦を負け戦だからと言ってやらない人がいる。うらやましい。我慢や忍耐が美徳とされる日本人の中にあって西洋的合理性。僕なんかは典型的な日本人なので、避けて通ろうとする時にものすごい罪悪感が生じて邪魔をする。


なんか面白いことでも考えよ。楽しいこと考えよ。生きてると良いことしかないよ。



e0161872_18565048.jpg
金華のラーメン
e0161872_18565187.jpg
タコライス
e0161872_21130677.jpg

雷門の大提灯の下で



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2016-07-12 21:20 | 雑記 | Comments(0)