本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

市原的2016年レコード大賞

e0161872_01534529.jpg

こんばんは市原です。特技はコメントを差し控えることです。

毎年恒例、みなさんお待ちかねのアレを発表します。あくまで市原が今年初めて聴いた or 今年になって魅力を再発見した音楽が受賞しますので2016年発表以外の曲も多々あります。つーか今年の曲はほとんどありません。いきまひょ。



優秀楽曲賞

トリセツ/西野カナ
今年の曲かと思ってたけど去年の曲だったのね。でもこの歌詞はちょっと衝撃的だった。叩いてる人も多いけど、いいじゃんって思うの。かわいいもんじゃんって。


プライマル/オリジナル・ラブ
オトナ。ロマンチック。エロティック。
「愛は命よりも前にあるから」っていう歌詞にはナルホドと膝を打った。


偏西風/La'cry ma Christi
人は10代の頃に洗礼を受けたカルチャーに死ぬまで縛られる、と云うけど、僕にとっては中2の時のヴィジュアル系文化がその1つだったりする。
それはそれとして、何故今この曲なのか。何がキッカケだったのか。思い出せない。が、とにかく名曲。ちょっと異常なくらいの。


Kim deal/the pillows
今年のピロウズ躍進のキッカケになったのは“カッコーの巣の下で”なので、それを挙げようかとも思ったけど、このストレートかつ切実な祈りのようなギターロックが俺の胸を打ち弦をかき鳴らし。


花束を君に/宇多田ヒカル
数字やチャート的に違うのは承知の上で言うけど、この曲が今年一番日本でヒットし聴かれた楽曲なんじゃないかと僕は思うよ。以上。


ドクターペッパーの夢/真島昌利
なかなか手に入らない曲も違法ながらアップされているYouTube。この曲もそこで見つけ、たくさんたくさん聴いた。
世の中がどんなに変わり、人々が時代に流されていってもマーシーの歌だけはいつも本当のことを歌っていると思う。
余談だけど、完璧な人間はいないというのは大前提として、この人の言ってることはいつも間違ってないという人がいる。故人だと忌野清志郎、立川談志、赤塚不二夫。ビートたけし、タモリ、美輪明宏、樹木希林、甲本ヒロト&真島昌利、そして今上天皇皇后両陛下。話が逸れた。


天国旅行/THE YELLOW MONKEY
初めて聴いたのは高校生の時だった。イエローモンキーのみならず日本のロック史上、最高峰に位置する一曲。今年、遂に生でイエローモンキーを観に行くことが叶った上、この曲も聴けたのは一生モノの宝物。
動けなかった。この曲のイントロが始まってから。下手したら呼吸すら出来てなかったかも。死の肌触りとそれと表裏一体にあるドロドロなまでの生存本能。官能。イエローモンキー=この曲って言っても過言じゃねっす。


デボラのテーマ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』オリジナルサウンドトラックより)/エンリオ・モリコーネ
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』で印象的に流れる楽曲。これが頭から離れないせいで哀愁、郷愁、切なさ、枯れ、そんな気持ちに支配されたこの冬。
『ニュー・シネマ・パラダイス』ほどのメジャー感はないものの、どうしようもなく心に染みるのです。



優秀アルバム賞

醒めない/スピッツ
スピッツは中学生の頃から大好きだし、おそらくこれから一生一番好きなアーティストとして揺るがないと思うのだけど、正直ここ数作は凡作が続いた(それでも十分素敵な作品群ではあるのだけど)。だから、まさかこの期に及んでスピッツがこんな傑作を生み出してくるとは思わなかった。現在『さざなみCD』と同率2位。
このアルバム、別れと再会がテーマなんじゃないかと推察させるようなワードが散りばめらていて、その辺も非常に素敵。


STROLL AND ROLL/the pillows
CDTVでこのアルバムが出たのを知って、これまたYouTubeで聴いてたらハマっちゃって。
これもそうだけど、今年はYouTube発の音楽が多かった気がする。どれも公式じゃないのがアレだけど。
ただ、もちろんのこと、やっぱりCDで聴くのが一番です。音もそうだし、物質感。手に入れてる感。ジャケットや歌詞カードも含めての。


Fantôme/宇多田ヒカル
ここで色々説明するまでもなく、日本一の売り上げを誇る天才アーティストの8年ぶりとなるオリジナルアルバム。
この作品について同年代の女性と話していて発見があった。R&Bとかヒップホップといった、いわゆる黒人音楽の類を愛聴する彼女はデビューから結婚するあたりまでのダンサブルでイケイケな宇多田ヒカルが好きと言うのに対し、僕は『DEEP RIVER』以降のJ-POP寄りだったり大人だったりな方向にシフトしていった宇多田ヒカルが好きっていう違いがある。共通するのは「宇多田ヒカルすげー!」っていうその一点。


Cosmic Explorer/Perfume
何故かPerfumeはオリジナルアルバム全部持ってる。前作はやたらカッコよくて、カッコよすぎて、低音とかめちゃお腹に響く感じが実はあんまり好きじゃなかったのだけど、今回はスッと入っていけた。“Sweet Reflain”ほんとすき。
アマゾンのレビューとかだと特に構成の点において評価があまり高くない印象があるのだけど、僕のようにシングルを買わず、CMで流れてくるのを耳にするだけのライトリスナーにはシングル(多少いじってあっても)がカップリング含めてたくさん入ってるのは決して悪くないことではある。あるります。


ACRI Original Soundtrack
学生時代に音響やってた時に、劇中で使う曲を探すためにサントラを聴いてたのがいつの間にか習慣になって現在に至る。
実はこのサントラ、学生時代にレンタル屋で借りてMDに落としておいたのを、9月に久しぶりに演出をやった際の曲探しで発掘。いい。とてもいい。今でも聴いてる。未見だった映画本編にもとても惹かれたのでツタヤのお取り寄せサービスでレンタルしたのだけど、これまたいい。当時は不評で叩かれたらしいけど。なんで惹かれるのかなーと不思議だったのだけど、原作者の名前見て納得。



優秀アーティスト賞

the pillows

前々から好きだったバンドだったけど、爆発的に聴き込んだのは今年から。キッカケは春に発売された新譜。聴いてなかった過去のアルバムも遡ったし、初めてライブにも足を運んだ。で、これがすっごく楽しかった。普段ライブに行っても拳を上げたりしない市原が自然とやってた。

去年の覇者スカパラといいピロウズといい、あまり通好みのしそうにないバンドが幅を利かせる昨今の市原ワールド。これがどういった心理状態なのか、僕は、しらねぇ。




いかがでしたでしょうか。今年はYouTube発信の音楽や映画音楽の台頭が目立ちました。また、ピロウズ、イエモン、BUCK-TICK、スピッツと、相変わらず大好きなバンドのライブを観ることが出来た一年でした。昔からしたら考えられないことです。ほんと。
来年も素晴らしい音楽とたくさん出会えますように。そしてそれが新たな人とのつながりを生み、自分の活動に還元・反映させていきたいと強く思うのでござる、ってこれほぼ去年と一緒( •́ .̫ •̀ )



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2016-12-30 19:00 | 音楽 | Comments(0)