本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

Lucky Man

わたくし市原、運はほんとに良い方だと思います。

と言っても、勝負事に負けたことがないとか、二択で間違えた試しがないとかいったことではありません。どんなにマズい状況になっても最悪の事態にはならないという意味でです。
その時は失敗したと思ったことが、後々幸運につながってる。自棄になって人生を投げ出すような選択をしてしまいそうな時に、必ずと言っていいほど誰かしらが現れて助けてくれる。そんなことが人生で度々ありました。現に先日も。


e0161872_02015103.jpg
暮れゆく飯田橋の街とそこを流れる神田川(暗くて見えね)


思えばこのブログも開設から9年弱。書きたいことを遠慮なく書いた記事もありますが、大半は当たり障りのないことを書いてきてしまいました。
誰が見てるかわからないというのも良し悪し。見てる人がわかってるのも良し悪し。会った時に「ブログ見てるよ」なんて言われて、ひゃあ〜と恥ずかしくなること多々。この人が見てるならあーゆーことは書けないなーとか考えてしまい、結果、当たり障りのない記事になってしまう。暗い心情を吐露して病んでると思われるのも癪だなーとか。あとは敵に手の内を見せられないじゃないすか。公演中に演出家に見られたりとか(笑)。

しかしよくよく考えればこのブログ、見るのも無料なら書くのも無料。SNSのようにタイムラインに垂れ流されてくる訳でもないので「見たくなきゃ見るな」が成立するのです。だってここは私のお部屋。自分自身、特に影響力のある人間でもそういった立場でもないので尚更自由度は高いわけです。それを勝手に縛っていたのは他の誰でもない、SMの女王様たるこの私。


e0161872_02015139.jpg
苦労しそうな手


しばらく言葉を紡ぐのを躊躇ったりしてきましたが、また少しずつ、こうして形にしてゆかんとす。運は良い方だと書きましたが、それが今日までの魔法だったならば、ここから先は自分の身は自分で救ってゆかねばなりません。察しの良い方ならおわかりと存じますが、先日無事に父の四十九日法要を済ませてきました。私は変わらず元気です。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-07-17 01:19 | 雑記 | Comments(0)