本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

カテゴリ:雑記( 400 )

ガタカ

ようやく『ガタカ』を観た。


e0161872_13591195.jpg


カルト的な人気を集める97年の映画。SF映画の体を成しながら、人間の可能性や夢のために努力する姿を描いた作品。マイケル・ナイマンの音楽が切なく、美しい。


努力礼賛映画、というと意地悪な言い方かもしれない。自分の努力によって何かを克服したり競争に勝ったりしたことのない、いわば成功体験の希薄な人間には観ていて辛いものがあるかもしれない。あたし? ははは。


だけど、この作品で描かれる個人の可能性は、かつてアメリカン・ニューシネマが隆盛を極め、無力感と諦めの空気が支配した60年代後半から70年代に『ロッキー』や『 スター・ウォーズ』といった映画の登場で希望や個人の可能性を描く映画が息を吹き返したのを想起させるものがある。当時生まれてもいない人間の読み漁って得た知識の想像にすぎませんが。


あきらめるな。誰にでも可能性はある。「信じた自分に絶望的に賭けるのだ」という岡本太郎の言葉が思い出される。この世は不可能なことばかりじゃない。欠点を探すことばかりに必死になっているから本当のところが見えなくなる。消えかかっている自分の火に薪をくべられたような気さえした。


昔、『ALWAYS 三丁目の夕日』を観た時に、時代設定を現在じゃなくすることによって今も昔も変わらない人間の姿が浮き彫りになっていると感じたが、今作にも同じものを感じた。むしろ、文明が発達すればするほど人間の絶対に失われない芯の部分が露呈するんじゃないかと。


10年ほど前に『ショーシャンクの空に』を観た時、あまりに周囲が絶賛するものだから期待して観たのだけど感想としては「脱獄しちゃダメじゃん」だった。今作にも似たようなことは思わなくもないのだけど、まぁ、やったもん勝ちなのかもしれない。本当に頑張っていれば、目をつぶって応援してくれる人がいる。あ、身近であるわ、そういうの。


ユマ・サーマンは『キル・ビル』のイメージが強烈すぎて払拭できのゎい。




諦めれば諦めるほど人生はつまらなくなっていく。可能性が無くなっていくんだから。自分を好きになれる選択をしていかなきゃ。これからの人生それだけだ。




etk.


[PR]
by jet-beetle | 2017-11-02 13:20 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_02090585.jpg
観たことはないけれど、ずっと前から観たかった映画のサントラを見つけた。再DVD化を希望してやまない。


etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-10-29 01:50 | 雑記 | Comments(0)

海ヲ見テ泣ケ

もう少し経ってもっと寒くなったら、まだ外も暗い朝早い時間にバイクで出発しよう。
出来るだけの防寒をして海をさがす。海から昇る朝日を、朝焼けに染まる空を見に行こう。冷たい海風に吹かれながら、この世の終わりみたいな顔をして、この世の始まりを見るのだ。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-10-26 22:44 | 雑記 | Comments(0)

機微

「なんか元気ないね」。

とても優しいひとから言われて足元がぐらぐらする感覚に襲われた。優しいひとは周囲から指さされ笑われる。彼も自分と同じだ。
実際そんなに元気がなかったわけでもないし、特別何かがあったわけじゃない。ただあのピアノの旋律が頭の中で流れ続けていたのが出てしまっていただけなのだと思う。

聞いて欲しいこと、話したいことがたくさんある。だけど、いざ聞いてくれるとなると、話せるとなると何を話せばいいのか分からなくなってしまう。言葉にした先から自分の迷いや苦悩のちっぽけさ、くだらなさが明確なものになり、人に聞いてもらうことが申し訳なくなる。答えなんか話さずとも出ている。そして結局、相手の話を聞いている。ターンを明け渡している。自分の話をするはずだったのに。

罪悪感がある。あれから人生や生活が永遠に変わってしまった人がいる中、自分はそれまでとほとんど変わらない生活を送り、自分のことをばかり考えている。

e0161872_02472618.jpg
お買い物は横浜そごう。これだけはひとつ、確かなことだ。



何を書いても恥ずかしい。書かなくてよいことばかり。マジで15年経ってしまった。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-10-21 01:50 | 雑記 | Comments(0)

solitude.

e0161872_01040988.jpg
寒くなると聴きたくなるのがザ・バンドの『南十字星』。渋い。


入り浸りたくなるような隠れ家が出来ました。
e0161872_01050820.jpg
e0161872_01051087.jpg


今一番好きな映画は『トニー滝谷』です。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-10-19 23:57 | 雑記 | Comments(0)

超絶技巧(愛の渇き)

続き。


荒井由実の名曲“海を見ていた午後”の歌詞に出てくる山手のレストラン、ドルフィンで例のソーダを飲んだり
e0161872_14494961.jpg
e0161872_14495165.jpg
e0161872_14495360.jpg



アニマル王子時代、センターを飾った3人が奇跡の再結集(更に篠崎さんも合流!)
e0161872_14495449.jpg
e0161872_14495619.jpg



多磨全生園からの、
e0161872_14502500.jpg
e0161872_14502796.jpg



ブラックサンダーで知られる有楽製菓の工場直売店で限定チョコを堪能したり
e0161872_14502848.jpg
e0161872_14503174.jpg
e0161872_14503389.jpg



門前仲町にある行列必至の人気店、魚三で異常コスパかつ超絶厚切りの刺身盛合せを役者仲間、スタッフさんたちと堪能したり
e0161872_14542728.jpg
e0161872_14542936.jpg
e0161872_14543197.jpg



???
e0161872_14555669.jpg




そんな風に過ごしてもなかなか頭を離れないことばかり。
これからいろんなことを抱えながら、それと上手く付き合いながら、時に自分に嘘をついたり騙したりしながら、自分の理想と遠くかけ離れてしまったとしても生きていかなくちゃいけない。ただただ生きていかなくちゃいけない。安心なんて一生ない。たまに訪れる祝宴タ〜イム!を全力で楽しむしかない。それが人生だ。生きてると良いことしかないよ。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-10-17 14:40 | 雑記 | Comments(0)

超絶技巧(愛の技巧)

こんばんは。履かせるおむつ、市原ユウイチです。

ここ数年そうだったのですが、ショートスリーパーっぷりが加速しています。
基本3時就寝の8時起き。ほんとのショートスリーパーはもっと短いんでしょうけど、僕はやっぱり6、7時間寝たいわけです。昼寝をするわけでも、休みの日に二度寝をするわけでもないので尚更。

そして相変わらず飲む打つ買うをしない健全優良30代。さらに現代人の例に漏れずスマホ依存症。睡眠時間も短く、娯楽らしい息抜きもないのにそこそこ元気、ってこれは大丈夫なのか。絶対見えないとこで少しずつカラダやココロに溜まっていってる気がする。いろんなものが。

ピチカート・ファイヴのデビューアルバムのタイトルが『Couples』で解散後に出たシングル集のタイトルが『Singles』なの、なんか好き。最初からこうなることが決まってたみたいな。もの悲しさや寂しさが感じられます。

最近は会いたかった人に会いに行ったり行きたかった場所に行ったりして英気を養っています。


しばらくご無沙汰していた友人のあけたらしろめ君が参加しているTokyo Art Book Fairを見に行ったり、
e0161872_00253247.jpg
e0161872_00253492.jpg


バレエの姉弟子さんでもある三遊亭遊かり師匠の勉強会に落語を聞きに行ったり、
e0161872_00253566.jpg
e0161872_00253777.jpg


川崎みなと祭で護衛艦たかなみに乗ったり
e0161872_00280429.jpg
e0161872_00280693.jpg
e0161872_00280813.jpg
e0161872_00280972.jpg


これまたご無沙汰の友人、おのちゃんのバンドが横浜ジャズプロムナードに参加するのを観に行ったり
e0161872_00300095.jpg
e0161872_00300140.jpg


続く。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-10-15 19:36 | 雑記 | Comments(0)

吉祥寺に数あるラーメン店の中で僕が一番好きなのはホープ軒だと思い、考え、感じます。


e0161872_06261912.jpg


入れ替わりの激しい吉祥寺の飲食店の中にあって、味も場所も僕が初めて吉祥寺に足を踏み入れた十二年前から一切変わらないホープ軒。


初めて行ったのは吉祥寺一年目、まだ大学一年の時でした。「ラーメンください」って注文したら「はい?」みたいな怪訝な感じで聞き返され、慌てて「あ、中華そばください💦」みたいなやりとりをしたのをはっきり覚えています。


普通そんな嫌な感じの対応、店側の勝手な都合やこだわりを客に押し付ける対応があったりするともう二度とその店に足を運ぶことはないのと思うのですが、何故かその後も足を運び続けている。


こってりギトギトではないスープの濃さ、麺の細さ、ちぢれ具合がとても好きなのです。トッピングしないとメンマが入らないのと、薄くてパサパサなチャーシューだけは不満だけど、それを補って余りある前者。他にありそうでなかなかないその感じ。そしてジンクスとかではないのだけど、人生の小さな節目節目に、このラーメンを食べています。


ゴブさん、カトダイさん、かとゆ…etc.仲の良いラーメン好きの評価はイマイチだけどイッツソーキュート。そんなホープ軒の中華そばを断固支持したい。


余談ですが、吉祥寺の他にも阿佐ヶ谷と大塚、千駄ヶ谷、武蔵村山などに暖簾分けを含めた店舗があるそうです。阿佐ヶ谷は吉祥寺とさほど変わらず、大塚はむかーし一度行ったきりなので近々再訪したい。千駄ヶ谷はほぼ別物だった印象があります。どちらかというと二郎に近かったような。。追って報告します。

e0161872_06412630.jpg



etk.


[PR]
by jet-beetle | 2017-10-05 07:23 | 雑記 | Comments(0)

不仕合せ

こんばんは。今週も始まりました、市原ユウイチの徒然日記。ない!そんなブログはない!

・自分の考えや感覚を人に説明すればするほど、かつての自分がなりたくなかったものになってるなと感じる。怠惰で、傲慢で、根拠のない自信に満ち、人の言葉に耳を貸さない。誠実さとは程遠い。何が私をさうさせたのか。

・いろんな人がいろんなことを言う。きっと皆それぞれ正しいのだろう。今まで自分の人生に本当の悪人は登場してこなかった。悪役はいたけど、それも今にして思えば必要悪だった。
だけど今、もしかしたら知らない間に利用され搾取されているのかもしれないと思うことがある。金とかではなく、人生の貴重な時間、そして僅かな情熱をだ。

・寝る時、枕元や頭の方はすっきりさせておくべきだ。財布やスマホの類も置かない方がいい。根拠はないけどそんな風に思う。


e0161872_23483790.png
しめじとワンビルが同じ稽古場で鉢合わせる奇跡。


・『美しい星』を観た。三島由紀夫の同名小説を、舞台を現代に移して映画化した作品。日常が少しずつ狂ってく感じは世にも奇妙な物語を彷彿とさせる。ニヤニヤしたりクスッとしたりしながら最後まで飽きずに観た。ラストの下りは、父を亡くしたばかりの自分には希望のようにも思えた。

・様々な人の様々な価値観と出会いたい。でもそれは目的じゃない。人生を幸せなものにするための手段。言ってしまえば全てがそうだ。不幸に耐え、不幸を積み重ねた先に幸せがあるのか、たまに疑問に思う。

・人生と人生って決してまっすぐじゃない気がする。ずっと平行してることもあれば、交わったり離れたり。一度離れたからってこの先一生関わらないとは限らなくて、どこかでまた近づくかもしれない。そしてそこに理由はたぶんない。


etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
LINX'S プロデュース 
第29回池袋演劇祭参加作品
『メビウス-201709-』

そこはある惑星の荒野。
廃棄され、あとは動力停止を待つだけとなった2体のロボットが会話を始める。
そのメモリー内にある記憶はただの信号なのか、それとも遠い昔、人間だった前世の記憶なのか。
その想いを探る旅に2体は出る。


【日程】
2017年9月27日(水)〜10月1日(日) 
全11ステージ(市原が出演するのはその内1ステージ)

9月27日(水)
20時00分開演(A)

9月28日(木)
13時30分開演(A)
20時00分開演(B)

9月29日(金)
20時00分開演(B)

9月30日(土)
17時00分開演(D)←ここ!
20時00分開演(C)

10月1日(日)
11時30分開演(C)
17時00分開演(B)

※受付開始、開場は各開演の30分前
※日時指定・全席自由(受付整理券番号順)
※未就学児の入場は不可
※上演時間は90分を予定(途中休憩なし)


【劇場】
池袋シアターグリーン BASE THEATER
東京都豊島区南池袋2-20-4


【チケット料金】
前売:3500円
当日:3800円  

U-22(22歳以下) :2500円 
高校生:1000円 / 中学生以下:500円 
※22歳以下の方は年齢が確認できるものをご提示ください


【チケット予約】

予約フォームはこちらから!


【出演】
A=田代圭佑×今池由佳
9月27日(水)20時開演 9月28日(木)13時30分開演

B=三浦求(ポータブル・シアター) ×澤井里依(舞夢プロevkk)
9月28日(木)20時開演 9月29日(金)20時開演 10月1日(日)17時30分開演

C=泥谷将(MicroToMacro)×岡田怜奈(A-Light) 
9月30日(土)20時開演 10月1日(日)11時30分開演

D=市原ユウイチ(しめじ)×真宮ことり
9月30日(土)17時開演


【企画・製作】
LINX’Sプロデュース


これまで大阪で27組54名の俳優によって繰り返し上演されてきた新時代のスタンダードが、遂に東京初上演。そんな素晴らしい機会にご縁あって市原も出演させて頂く運びとなりました。
半年ぶりの舞台です。ご期待ください。


[PR]
by jet-beetle | 2017-09-06 23:44 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_02202343.jpg

僕の人生、まだたかだか34年ですけど、ウルトラマンシリーズの一話分みたいだなと思います。
冒頭で軽く日常が描かれて、突如事件が起きて怪獣が現れて暴れて、人間も抵抗するけど全く歯が立たなくて、最後の最後、数分だけウルトラマンが現れて決着をつける。怪獣は倒され平和イズバック。ブラボゥ。

そう。肝心のウルトラマンが登場して活躍するのは最後のほんの数分。最初からウルトラマンになってれば人も街ももっと犠牲は少なくて済むんじゃないか。見せ場もたっぷりあってより楽しいんじゃないか。何が言いたいかっていうと、市原の人生、ウダウダ悩んだり決断できない時間がやたら多くて、最後の時間切れ直前でウルトラマンになって決着をつけるっていう。

ただ、ウルトラマンの場合はなんだかんだでウルトラマン勝ちます。でも人生はそうじゃないし、僕はとても弱い。ウルトラマンになっても勝てないことも多いし、勝ったと思ってよく見たら間違って味方の怪獣を倒しちゃってたり。

そんなウルトラマンの最終回は、40話近く地球のため人間のため凶暴な怪獣や宇宙人と戦ってきたウルトラマンの身体はもう限界。そこに現れる最強の怪獣。辛くも勝利を納めて星に帰っていければまだいい方、怪獣に倒されてしまうこともあります。自分の意図と違ったことを書いてしまいそうなので今日はこの辺で。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-08-09 00:32 | 雑記 | Comments(0)