本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

JAL姉妹

e0161872_1311519.jpg

前々から行ってみたかった高円寺のニューバーグでトカレフ氏と会食しました。「(女の子を)どうして信じようとするの?」という、祈りにも似た僕の女の子を信じたい願望を軽々と超越するトカレフ氏からの先制パンチを食らってしまい、この日は参りっぱなしでした。

2005年に『フリークス』という映画を渋谷のライズXまで観に行ったのですが、その時にトカレフ氏とニアミスしていたことが判明。あんな映画を映画館まで観に行く時点で世間的には完全にマイノリティです。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-25 23:57 | 雑記 | Comments(0)

高円寺は嫌いだった。

e0161872_17304588.jpg

まだ中央線に慣れていなかった大学入りたての頃に、国分寺にある某大学に芝居を観に行こうとして、間違って高円寺で下車して目的地を延々探し回って以来、高円寺に対する逆恨みから、あまり良い印象は持っていなかった。でも今は。









高円寺最高じゃん053.gif





中央線文化の濃度は吉祥寺や荻窪など足下にも及ばない。吉祥寺は“若者の住みたい街ランキングNo.1”の座に勘違いしてオシャレっぽさを捨て切れないし、中野はすっかりオタクの街と化してしまった。ヨーロッパ古着の店や安い定食屋の数からしても高円寺の完勝でしょう。イェーイ高円寺。中野区と勘違いしててごめんイェーイ。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-25 17:30 | Comments(0)
外側から見ると、どうしてそんなことしてるんだろう?っていうことが内側にいると見えなくなってしまうマジック。やなマジック。どうでもいいものをみんなで大事そうに拝んだり、執着して捨てられないでいる気持ち悪さ。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-19 21:57 | 雑記 | Comments(0)

告知

劇団アニマル王子 presents

『クローンに代わって攻撃に来ました』

会場 : 井の頭恩賜公園野外ステージ

(JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅南口より徒歩5分)

時間 : 13:00~17:00(予定)

出演 : 劇団アニマル王子(即興演劇)

     だいじゅ(音楽)
    
      ドクターイエロー(漫談)

     ぜん(落語的一人芝居)

料金 : 無料
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-19 12:57 | 芸事 | Comments(0)

知るということ

知るということは、そういう視点を持てることだ。

だから怒ってもらえたり教えてもらえたりすることは有り難くてお得なことなんだな。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-18 20:56 | 雑記 | Comments(0)

「廃人のすみか」

自分の不在時に自宅前まで荷物を届けてくれた友人が電話口で語ったその印象。そんな自宅は…公開を控えます。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-16 03:00 | 雑記 | Comments(0)

美女の有罪

e0161872_23452132.jpg

市原です。最近朝4時にならないと眠くなりません。仕事やら何やらで朝は普通に起きなきゃいけないので、必然的に睡眠時間が減少中。

それにしても深夜のテレビに於けるアニメの多さよ。通販が多いのは昔からですが、似たような画のアニメが深夜に各局でやっててゲンナリします。映画より海外ドラマが多くなったのも特徴ですね。

昨日はJACROWさんのWSオーデシオンに行ってきました。本来自分が指向していた方向の人たちとの交流は考えさせられるものがありました。また、30代以上の人の、年輪や経験のにじみ出る演技は今の自分が逆立ちしても出せるものじゃないなと痛感しました。そういうのが無いのも強みだろ?とは言われたものの、もう26ですからね。いつまでも青さばかりを売りにしていられません。とは言うものの、参加者の中では年齢的に下の方でしたし、それでもちゃんと勝負できたという自負はあるので自分を信じてあげたい。

とにかくだ。悩んでばかりいる自分の、迷いながら歩いていける幸せをもっと楽しもうと思う今日この頃ではあります。あじゃぱー。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-06 23:45 | 芸事 | Comments(4)

Wonderwall of the Year

e0161872_12592193.jpg

昨日、バイト先のお店に2人組のお客さん(♀)が来た。2人は注文するものも従業員たる僕に対する態度も他の一般的なお客と何ら変わることはなかったけれど、ただ一つ違っていたのは、彼女たちの会話が日本語と英語を交互に使って交わされていたことだ。

A:「×××××、××××(英語)」

B:「○○○○?○○○(日本語)」

A:「××××(英語)。○○○○(日本語)、××××(英語)!」

B:「×××××(笑・英語)」

といった具合。流行りか?何かの罰ゲームか?それとも英会話の練習?しかし2人の発音は練習の必要を感じないほどすこぶる外国人的だ。うーん。うぃー。「なんであんなめんどくさい会話してんだろうな」「何かのゲームなんでしょ」。マスターとそんな会話をして笑った。

しかし僕は違和感よりも、既聴感を覚えていた。そうだ、日本のポップス、いわゆるJ-POPだ。宇多田ヒカルでもGLAYでもEXILEでも、それこそサザンでもミスチルでもほぼ例外なく、歌詞の中に日本語と英語が混在している。スピッツや初期の浜崎あゆみなどの例外はあるにせよ、邦楽界においてはむしろ混在していることが普通ですらある。でもでもでも、普通に考えたらおかしいやん?それまで話してたの人との会話が要所要所英語だったら。ルー大柴ってレベルじゃねぇぞ。不自然極まりないわけです。

もしも、だ。彼女らがそんなJ-POPの歌詞構造に対する批判として、そういう不自然を世間に気付かせるためにこのような会話をしていたのだとしたら……………………別にどうでもいいか。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-03 12:57 | 雑記 | Comments(2)

無形のメモリィ

e0161872_10541116.jpg

『ホッタラケの島』『サマーウォーズ』『女の子ものがたり』『二十世紀少年』『ヱヴァ』『色即ぜねれいしょん』『童貞放浪記』など、様々の候補がある中『ディア・ドクター』を(割と今さら)観に行きました。1日だからね。1000円だからね。金欠だからね。って1日に映画を観に行くのはなんと1年ぶりでした(それ以外の日はちょこちょこ行ってるけど)。用事が被っていたのもあるけれど、その1000円すらなかったのがほとんど。情けない。

春に譲ってもらってずっと使っていたノートパソコンを吉祥寺のヨドバシに持ってって診てもらったところ、ハードディスクのダメージが大きく、このままでは起動しなくなりデータも失われるとのこと。がーん。まぁ、XPが出回り始めた頃のモデルだそうだから寿命なんでしょうね。

前に携帯のデータが消えかけた時もそうでしたが、こういう時になって初めて、自分がいかに保存屋さんだったかを思い知らされます。音楽、画像、メール、ブックマーク…etc.
人類の歴史は記録の歴史。歴史すらも記録です。思い出だとか言葉だとか形の無いものを遺そうとして人類は頑張って研究を重ねてきたわけで。しかし永遠なんてものはなく、記録の保存媒体だって形がある以上、永遠ではいられないのです。
頼り過ぎなのかもしれない。遺そうとし過ぎなのかもしれない。記憶することを放棄して、記録することばかり。それも目に焼き付けたり何度も読み返したりするんじゃなくて、クリック一つで保存するだけ。ほんとに大切なことは記憶したり、何かあった時に思い出せればいいのかもしれない。なんてことを考えるとますますニヒルになっちゃうんですけど。映画の話どこ行った俺。
[PR]
by jet-beetle | 2009-09-01 22:44 | 雑記 | Comments(2)