「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

不完全な演技の感想

e0161872_3522777.jpg

先日、何人かの人には話したことを。

自分のやった演技の感想を他人に聞くというのが僕はすごく苦手。苦手というか気軽には聞けない。「どうだった?」なんて。

別にダメを出されて傷ついたりヘコんだりするのが嫌という訳じゃない。というのも、これは芝居をやったことのある人なら分かってもらえると思うのだけど、演技というものはどんなに気合いを入れてやったとしてもそこには決して100パーセントとか満足とかいったものはなく、ただただ、芝居が終わった後の演者に残るのは祈りにも似た気持ちだったり激しい自責の念だったりする。これはどんなに稽古を重ねたり努力をしてもなかなかどうして如何ともし難いもので、やはり演じるのが人間である以上、完全というものはないし、何より舞台演技は生モノであり、その時の体調、精神状態、相手との呼吸、はたまた劇場や稽古場の環境などありとあらゆる要素が演技に影響してくる。逆に言えば、そういった全ての上に演技は成り立っている。まぁ、ほんとのプロになれば(プロを志すのであれば)そういった要素に惑わされず、常にハイクォリティーのものを表現するべきなのだろうけど。

話が逸れた。つまるところ、100パーセントを出せてもいないものに対して感想を聞くこと自体が非常にお門違いだと思ってしまうのだ。人に聞く前に自分でやれることやってから聞きに来いよ、みたいな。もちろん、その瞬間その瞬間で頭をフル回転させ五感を研ぎ澄まして自分は出来る限りのことをしているつもりではある。それでも板から降りれば反省は尽きない。他者から声を聞くまでもなく自分の中でたくさんの言葉が鳴り響く。

それでも感想や意見というものはもらいに行かないと誰もくれない。人間というもの、口に出すことよりも黙って思うだけのことの方がずっと多いのだ。だから、こう、なんとかかんとか、自分の姿があなたの目にはどう映っていたのか、低姿勢×2で聞きに行く訳ですよ。月にでも何でも吠える訳ですよ。ここで久々のサンボマスターな訳ですよ。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-28 03:52 | 芸事 | Comments(0)

また半兵ヱ

e0161872_217668.jpg

どんだけ通えば気が済むんだよっていうくらい半兵ヱばかりの今日この頃です。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-20 01:20 | 芸事 | Comments(0)

今日の収穫

e0161872_2182910.jpg

エレファントカシマシの『扉』が702円。有るところには有るんだなぁ。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-19 23:57 | Comments(0)
e0161872_13455788.jpg

先週の土曜は八王子めじろ台にて大切な仲間もとい心の師匠の結婚式があったのですが、その式には“レセプションタイム”と“めじろっくフェスティバル”という表現者によるパフォーマンスをするイベントがありました。

レセプションでは新郎新婦への出し物という形で数組のアーティストが登場。ミュージシャン、役者、チンドン屋さんなどが自分の表現方法で新郎新婦を祝福しました。その中で市原はアニマル王子代表として寸劇をやりました。絶対に組まないだろうと自他共に思っていたなかがわあっちゃんは非常に組みやすい相手でした。芝居自体も5分ほどの二人芝居ながら大好評でした。まぁ、やる前から確信してましたけどね(笑)。

めじろっくは新郎の好きな飛び入り表現タイム。レセプションに出てた人たちは全員、それ以外からも数人が登場。会場は軽食タイムも兼ねていましたが非常に暖かかったです。市原はTokyo百姓一揆で即興芝居を(会場の反応が非常によかった)、そしてリーダー不在のシスターブラザーズでは3人でやったことのある数少ない楽曲の中からビートルズの“Get Back”を演奏。時間が合わず練習は当日直前のみ、音の返しは聞こえずリズムキープもクソもなく、歌詞も覚えていないからヤケクソのハングル風歌詞で乗り切るというパンク。

作り物の芝居、即興芝居、ドラム、という今現在自分の持っている表現方法を全て披露する機会をいただけて市原満足。僕のことをよく知る人から「芝居は上手くなったけどドラムは相変わらずアレだね」と言われましたが、これでいいのだ。そして何より、新郎新婦おめでとうございます。写真は軽食タイム中の1コマ。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-17 11:17 | 芸事 | Comments(0)

独立記念日

あれから3年経ちました。

何事もなかったかのように全く別の人生を生活を暮らしています。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-15 23:20 | Comments(0)

テンション高尾

e0161872_734151.jpg

高尾ブラボゥ。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-14 07:34 | Comments(0)

しまった。

14日に向けて台詞と歌詞の両方を覚えなきゃいけない現状に気付いた。現地のドラムもどういう状態なのか、ひょっとしたら1から組まないといけないかもしれない。そうなったらおしまいだマジで。しかも当日は5時半起き。楽しいぜ。その1日。終わった後が怖いぜ(精神と肉体の両面で)。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-13 02:44 | 芸事 | Comments(0)

26歳

「26歳の割に落ち着いてるね」

たまに言われる。褒め言葉、だと受け取っている。

でもどうなんだろう、一般的な26歳ってあんまり落ち着いてないのかしら?もっとヤンチャとか?それともやっぱり遠回しに俺が老け顔だと言ってるのか?26歳のイメージがわからない。個人的にはもっとしっかりしていろんなことが出来るようになってるはずだったんだけど。26歳。そろそろ足場の足場くらいは掴みかけてる、みたいな。全然届いてないなぁ。

舞台の上での自分は「落ち着きがない」と言われる。「もっと落ち着いて芝居すればもっと良くなるのに」とか。

あれです、舞台に上がったり人前に出れば僕だって人並みに緊張だってするし、未だに頭は真っ白になりますよ。舞台上でやったこと覚えてないことも今でもあります(昔よりは減ったけど)。そのくらい舞台に立つということは特別なことなのです。そのくらい目の前のことに全身全霊を持ってかれるのです。

それでも、どんなに板の上でうまくいかなくても、日常生活を送っている自分よりも断然、何千倍も舞台に立っている自分の方が好きだから、今日もこうして稽古に励むのです。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-13 00:11 | 芸事 | Comments(0)

旅姿十五人衆

e0161872_1362886.jpg


新事務所(仮)での劇団ミーティング後に記念撮影。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-12 01:35 | 芸事 | Comments(0)

この携帯は幸せ

e0161872_10404264.jpg

そのココロは、



非常に手から落ちやすい。
[PR]
by jet-beetle | 2009-11-11 10:40 | 雑記 | Comments(2)