「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

長いため息のように

e0161872_234379.jpg

e0161872_2343712.jpg

e0161872_2343799.jpg

打率の低さが生きてる証、こんばんは市原です。


当事者意識というものを持たずに来た気がするんです、今まで。なんて唐突な切り口。それは意図的にかもしれないし無意識のうちにかもしれないですが。以前会社勤めをしていた頃に「お前ってどっか他人事だよな」と言われたこともあります。とにかく物事と一定の距離をとって生きてきました。


遅ればせながら『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を観てきました。大好きなシリーズではありますが、3作目ともなればマンネリだろうとあまり期待しないで行ったらフルボッコにされました。もー大号泣。


明日が一週間で一番好きな曜日である土曜だと思うとそれだけでアレがアレです。以上、市原“integral-heart”ユウイチ でした。
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-23 23:04 | 雑記 | Comments(0)

まったく覚えてないや

e0161872_1252373.jpg

e0161872_1252488.jpg

e0161872_1252478.jpg

快晴。春の日。朝も早起き。洗濯物も乾いてる。自部屋に掃除機をかけ、昼からの稽古に向かう。自転車を漕ぐ足も軽快グルコサミン。


昼はベリーダンスの稽古。今回の太。ちょいにはベリーダンスもあるのだ。あるのだがこれがまた非常にハードだった。今日やったのは振付以前の基礎的な動きだけだったのに、普段使わない筋肉を使い、普段動かさない腰を動かしっていうのをやって身体の疲れがパねぇ。途中、今日誕生日の佐竹さん用のケーキを探しに旅に出た三熊さん(太い)とマサさん(男前)と市原(昆虫)。


これ以上の詳細を記すことは差し控える。理由はない。太。ちょいの舞台はとにかくしつこい。もーいいよ!わかったから!と言っても許さない。全力で客のお椀におかわりを盛り続ける。でまたそれをよかれと思ってやってるところがタチが悪い。でもこれは絶対に楽しむべき舞台だと思います。つーか楽しまないと勿体ない。


別に解釈や理解を求める作品ではないです。ただ笑って「なんでやねん」って心の中でつぶやいてもらえれば。理不尽かつ不条理な展開と登場人物が織り成す90分弱の……何か。








寝ます。





etk.
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-21 01:25 | 芸事 | Comments(0)

Solaris.

e0161872_2454229.jpg

e0161872_2454292.jpg

e0161872_245427.jpg

こんばんは。恋するレーベル、市原ユウイチです。


最近の昨今の近況は、稽古したり友人たちとスタジオ入ったり後輩の卒業公演を観に行ったりお世話になった方の結婚式があったり地味な労働に勤しんだり今年の花粉症は例年に比べてやさしい。鼻水はさほど出ず、喉もかゆくならない。ただひとえに目がかゆい。
















(´・ω・`)









以上、優しい果実と書いて市原ユウイチでした。
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-20 02:45 | 雑記 | Comments(0)

Round And Round

e0161872_1175387.jpg

e0161872_1175333.jpg

e0161872_1175366.jpg





etk.
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-18 11:07 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_120313.jpg

e0161872_1203155.jpg

e0161872_1203195.jpg

こんばんは市原ユウイチです。特技はゲレンデが溶けるほど恋することです。

太。ちょい稽古3日目。観てた時には何となく分かったことも実際にやってみると非常に難しい。っていうか2ヶ月も芝居事をせずにいるといろんな感覚を忘れるのぅ。発する感覚、渡す感覚、受け取る感覚、即興で得た“あの感覚”、昼に食べたもの、小学4年の時の先生の名前…とにかくいろんなことが思い出せねぇ。

とは言え、稽古自体は非常に楽しいです。やっぱり、こう、ね、女の子の目があるとね、違いますよね、色々と。ね。そこかよ。てか誰に言ってんだ俺は。

笑って観ていい舞台です。来てね。写真は稽古帰りにゴブさんと寄った高円寺のらーめん大。けしからん。けしからんです。稽古場の行き帰りにこんな店があるのは小学生の登下校の道に駄菓子屋やゲーセンがあるのと同じくらいけしからんです。僕らには、抗えない。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-08 01:20 | 芸事 | Comments(0)

BOLERO OF A DAY IN THE LIFE

e0161872_1202174.jpg

こんばんは、写真より実物の方がいい市原ユウイチです。


やっぱりこう、最初のゴジラ、1954年に公開された映画の話ですけど、それ以降の全ての怪獣映画と決定的に違うところがあって、それは戦争の匂いがすることだと思うんです。
ゴジラによって破壊される街や奪われていく人命の描かれ方は明らかに直近の戦争で経験したものが反映されています。すごく生々しいというかリアリティがあるんです。敗戦から9年とは言え、まだ戦争の記憶や爪痕が日本中に残っていた時代の作品。そもそもゴジラ誕生のきっかけが第五福竜丸事件であることからも、この作品がただの娯楽映画ではなく、深く切実なメッセージを持った映画であることが分かりますが、話は全然変わって、今日は市原がドラマーを務めるバンド、ザ・シスターブラザーズの新年会でした。今さらかよ。


2008年末の結成以降、毎年お正月にリーダーの轟さん宅に集まって鍋をしたりご飯食べたり酒飲んだりしながら、リーダー所蔵の海賊盤や正規の音楽DVDを観ながらあーでもないこーでもない、やっぱバンド最高!!!!!って心持ちになって今年もロックンロールするぜ!!みたいな行事だったんですが今年はなかなか日程が合わず今日までずれ込んだんです。誰も悪くないんです。この人痴漢です。


小杉さん(一番右)の飲酒量は相変わらずパねぇ。水代わりに酒。缶ビールを次々に空ける。ブラボー。


明日も太。ちょい稽古。ぶっ飛ばす。やっぱり舞台の上でも、自分はドラマーとしての役割を果たしたい。それはリズムやテンポのキープとかではなく、勢いと音圧でバンド(座組)を鼓舞していく意味でのそれ。




etk.
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-05 01:20 | 音楽 | Comments(0)

整った不細工

e0161872_22159.jpg

e0161872_221512.jpg

e0161872_22151.jpg

こんばんは、市原ユウイチです。特技は10代の不安定な気持ちを歌うことです。


写真をご覧頂ければお分かりのように、4月に出演する太。ちょい(ふとっちょい)の初稽古でした。


付き合いが長いのでそんな感じもしませんが、ゴブさん佐竹さんとは2年半ぶりの共演になります。その他、初顔合わせの方もたくさんで非常に、こう、はい。
まだ初稽古ということもあり全貌は見えませんが、今日だけでもいくつかの片鱗が垣間見えました。そんなゴブさんの演出は意外と、細かい!
今回は完全に体力勝負なので非常に、こう、はい。


残念ながら全員は揃いませんでしたが、参加した数人で稽古後に飲みに行った写真が2枚目。隣の桜井真紀ちゃんとの顔の大きさの違いが今回の市原の立ち位置を物語っています(そうなのか?)。


寒空の下、ゴブさんと2人で歩いて帰りました。いつものことです。武蔵家でラーメンを食べました。まぁ、いつものことです。今回は久々にこういう機会が多くなるのでしょう。市原ユウイチの2012年、始動です。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2012-03-04 02:21 | 芸事 | Comments(0)