「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0161872_153562.jpg

e0161872_153515.jpg

e0161872_153555.jpg

etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-31 23:57 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_2321234.jpg


こんばんは市原ユウイチです。好きな擬音はチラッです。

今日も今日とて『しんぷる』稽古。余計なものを削ぎ落としてシンプルに。点と点をつないで線に。

今日は初の通し稽古でしたが、作品の全体像?っていうの?そんなものが少しく見えました。
今回の舞台、ずばり“良いお話”です。意味やメッセージをオブラートに包みまくったりそもそも無意味だったり人を食ったような感じの作品に出演することがしばらく多かったので、こういう届きやすい作品に関われるのは単純にうれしー。舞台やるならこういう方が僕は。えぇ。

爆笑したり風刺が利いてたりする感じではありませんが、生に対して非常に肯定的な印象なので、それをそのままお伝え出来たらと思います。


etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-26 23:20 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_1021750.jpg

こんばんは。ゆずれない夜にはお年寄りにも席を譲らない市原ユウイチです。

以下、ここ数日の間に頭をよぎった雑記。



・演劇(芸術)には制約やルールがあった方がいいと云うが、演劇には台本や演出という制約が既にあるわけで、その上で更に制約をと申すか。

・鈍感にでもならなければ耐えられない痛みもある。

・「(人生にやり直しが利かなかったとしても)それでも…本当に大切なものなら、あきらめずに向き合っていくしかないだろ」。
ほんとに好きなセリフだった。こんなに良いセリフをもらったのだから、もっと違う発し方があったんじゃないかと、舞台が終わった後も考えてしまう。

・2月の末から苦しめられてきた花粉症が終わろうとしている(桜が咲き始めると市原の戦いも終わるのです)。今年は例年に比べて発症するのも遅かったし症状も軽め。とは言え目はかゆいし鼻水も出るし無気力にも、なった。

・ファンタジーやSFを演劇で、しかも日本人がやるのが全っ然好きになれないのだけど、子供から大人になって食べられないものが食べられるようになるのと同じように、だんだんといろんなことが許せるようになってくんだろうか。

・2000年頃にViewsicで放送されたザ・ハイロウズのライブは今でも忘れられない。リラクシンのツアーで、選曲もサイコーだった。アレを高校生の多感な時に味わえたのは、ほんま、宝物。

・他者と対話をすることで、自分のことや自分の考えていることを話す必要に迫られる。それによって自分というものの形が見えてくる。もっと自分がどういうものなのかを考えなきゃなとぞ思ふ。

・四月の舞台『しんぷる』は神父の話ではなく、天使や魂とかいったキャラクターが出てくるお話。タイトル通りシンプルながら、芯のある良質な作品になりそうですよ。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-21 10:21 | 雑記 | Comments(0)

明日も我が身。

e0161872_272261.jpg

先日、ブログやSNSなどを一切やっていない友人から、なぜそれらをやっているのかと問われ、自分なりに考えてみた。


・活動の宣伝媒体として。
・なかなか会えない友人などへの近況報告として。
・思ったこと考えたこと感じたことをメモする備忘録として。
・撮った写真や画像の公開および共有。


以上は発信側として。以下は受け手側として。


・友人との交流(コメントするとか)。
・友人の生存確認。
・企業やサークルなどから発信される情報の享受。
・同じ趣味や仕事をきっかけとした新たな出会い。


といったところであり、これはほとんどの人と似たような使い方だと思うんですが、実は個人的に尊敬したりカッコいいなぁと思ったりする人はこういった媒体を使っていないか、使っていたとしても端的に、余計なことは書いていない。よって、現代人の枠から外れずネット中毒の市原も、今後はそういうアレ(ブログ、mixi、twitter、Facebook、LINE)を削減していく方向で考えたいとか思う。

これは以前、轟ひろた氏も似たことを言っていたのだけど、ネットやケータイが生活の中に入ってきてからというもの、本を読んだり生のコミュニケーションを取ったりする時間がじわじわと削り取られて、気がつけば自部屋には、読まないままになっている書物が山となり、メールやSNSの上でのみ「会いたいねー」とか言ってるだけで何年も会わないままの友人、ちら、ほら。自分がもう少し器用であったなら両立できるのだろうけど、このブログの更新さえ定期的に出来ない自分だ。
(ゲームをする習慣がないのはほんとに救い)

とは言え上記の通り、ネットはネットで他者と繋がる現代的ツールの一つであることは確かなので。あ、申し遅れました。わたくし、市原ユウイチと申し遅れました。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-21 02:07 | 雑記 | Comments(0)

3Lホームページの

キャストの写真が更新されておる。


etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-12 12:26 | 芸事 | Comments(0)

深海より

e0161872_14403368.jpg

e0161872_14403333.jpg


etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-06 14:40 | 音楽 | Comments(0)
e0161872_0464553.jpg

何かしらの事件が起こり、それに対してマスコミが持ち出す“ネットの反応”という言葉。

その事件に関してネットで交わされる意見のことだが、そのほとんどが匿名で発せられる意見であり、言ってしまえば無責任。無秩序。事件じゃなくてもいい。公開されたばかりの映画、発売されたばかりの商品(アマゾンのレビューがいい例だけど)、行列のできるラーメン屋…etc.それらに対する賛美や批判が無責任に言いたい放題されているのが今のネットだと思う。

しかし、それら匿名で発せられた言葉は、何も失うものがないからこそ言える“本音”であるとも思う。
特に日本人は見栄や世間体に縛られ、本音とは真逆の“建前”を言うことばかり学んできた国民だと言われている…いや、何かに書いてあった。そんな日本人にとって、身分を隠して物を言えるネットは、西洋人が教会でする懺悔に似たものがあるのかも、なんて。

“ネットの反応”というものにどれほどの信憑性があるのか。検証します。


e0161872_0464530.jpg




etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-03-05 00:12 | 雑記 | Comments(0)