本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2013年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

10月の交友録より

e0161872_23571417.jpg

e0161872_23571423.jpg

e0161872_23571416.jpg

e0161872_2357143.jpg

etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-31 23:12 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_22362255.jpg

こんばんは市原です。趣味は俺より強い奴に会いに行くことです。

昨日は、もう5年ほど前に働いてたバイト先のわたるさんと数年ぶりに酒を酌み交わし、昔話や共通の知人の話、お互いの現在やこれからの話に花を咲かせたので、それを見ていた隣の意地悪爺さんがその灰を奪って枯れ木に花を咲かせようとしたところ、俺より強い奴に会いに行ったと思われていた婆さんが帰ってきて振り向きざまに、コマンドー!!!!!!!!

その後は日本演劇連盟の演出家たる木下ピーさん&えみちゃんの会食にo-jama。以前ブログに書いたまま途中で投げ出した『万博』の話の続きを書けとの圧力がピーさんからあったのですが、そこに書くべきことは全てその場で話してしまったので書くことがありません。すごく楽しくてすごくやりきれなかったことがありすごくまたやりたいってことです。あと、ピーさんえみちゃんといるとボケにもツッコミにもなれるので楽しいです。僕や鈴木くんと一緒にいる時の津和野くんはこういう気持ちだったのだろうか。知る由もねぇ。

雨と寒さに体力を奪われて冬。湯船に浸かったが四肢が疲れきってゐる。 脳内から言葉がたれ流れる。トップの出演情報、更新しました。市原がやる気に満ち溢れている。今夜は、もう寝る。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-29 21:57 | 雑記 | Comments(0)

キレッキレで行こう

e0161872_23201061.jpg

しばらくお待ち下さい。


etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-28 23:20 | 芸事 | Comments(0)

やさしくはじめて。

e0161872_1513881.jpg

こんばんは。市原です。長所は愛してるの響きだけで強くなれることです。

the pillowsの武道館ライブでは“Thank you,my twilight”、ミッシェルのラストライブでは“ドロップ”、BUCK-TICKの92'横浜アリーナでは“JUPITER”。

これらは全て各ライブの一曲目なのですが、どれもスロー~ミディアムテンポながら内に熱いものを持った楽曲ばかりです。個人的にはこんな風にゆっくり始まるライブが好きです。一曲目からアゲアゲとかトップギアっていうのもありっちゃありなんだけど、ちょっとついていけないというか。最初はゆっくり揉みほぐしていって二曲目からガンガンとばしていって欲しい。

芝居も一緒で、ゆっくり始まるのが好きです。最初からとばして観客に考える暇を与えずこちらのペースや世界観に巻き込むって考え方も多いですが、僕は、ちょっと。

ミスチルも“終わりなき旅”“NOT FOUND”とかのミディアムテンポで始まるライブが多くて好いです。

写真、ふっきょんが撮ったからブレてやがる。以上。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-26 14:40 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_0391171.jpg

突然ですが、美しさに理由とか理屈はいらないと思うんです。たとえば視覚的な美しさがあれば、多少前後と辻褄が合わなくたっていいんジャマイカと思ってしまうんです。
何て言うか、感覚的に捉えられればいいと言うか。一から百まで説明しない方がいいこともあるし「なんとなくこういう感じ」で理解してそれで感動したならそれでいいじゃんって思うんです。


ただまぁ、それはあくまで観客として観た場合の話であって、作り手としては緻密に考え、計算して作らなければならんと思うのですが(思うだけで実行出来てるかは別)。
写真は大好きな映画監督である岩井俊二の『PiCNiC』のラストシーン。こんばんは。市原ユウイチでした。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-25 00:39 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_003990.jpg

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


専業主夫に憧れる。

朝起きて、仕事に行く妻を送り出そう。

朝は少し苦手だけど、だいじょうぶ。頑張るから。

妻のためにトーストとミルクティーを作ってあげよう。

夜は何が食べたいか聞くのを習慣にしよう。

朝食の片づけをしたら、丹念に隅々まで掃除をしよう。

そう、掃除は毎日やろう。
おれは炊事・洗濯・掃除はきっと苦にならない。

天気がよければ、布団を干そう。

まだ子供はいない。
だから昼の時間は、運動や教養にあてよう。
たまには昼寝もいいかもしれない。

そう。そうやって、ゆっくりと。

勇敢な男にはなれなかったが、有閑な男にはなったとちょっと笑おう。

夕方になったら夕食の買い物に行こう。
なるべく安くていいものを買おう。

妻が帰ってきたら、食事をしながら仕事の愚痴を何時間でも聞いてやろう。

そう何時間でも。

「誰の金でメシ食ってんだーっ。」的なことをたまには言ってもいいよ。
だいじょうぶ、おれ基本的にそういうの嫌いじゃないから。

夜も夜でエゴを捨てたセックスをしよう。
求められるままに義務として腰を動かそう。

バカで無口で家事以外何もできないような夫になろう。

そして常に妻のいうことに従って生きよう。

自分の意志というものを捨てて生きよう。

妻にすべてを任せる代わりにすべてのエゴは捨てよう。

自分の骨をどんどん抜いていこう。

同時に相手の骨もどんどん抜こう。

そうやってグニャグニャになって生きよう。

たまに退屈だなって思っても、生きるってそういうことだと自分を納得させよう。

庭の植物の成長を楽しみに生きよう。

ロックンロールは聞かないようにしよう。熱くなっちゃうと困るから。

クラシックやボサノバを意識的に愛そう。

「ちがう、ちがう。」と思いつつも何も行動に移せない自分を愛そう。

ひとりで風呂を洗っている時なんかに、「チクショー」って叫ぶこともあるかもしれない。だけど、叫ぶだけにしておこう。

感情が振れないようにしよう。

そのために努力しよう。

だけど、どうしてもダメで、やっぱり家を出よう。

そう。食器をうっかり落としてしまったタイミングなんかに。

モノは何も持っていかない。

書置きを残していこう。

そこに、「ありがとう。ごめんなさい。」と書いていこう。

人生の中にそういう時期があってもいいかもしれない。
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-23 00:00 | 雑記 | Comments(0)

THE HIGH-LOWS

e0161872_12573952.jpg



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-21 15:39 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_1165982.jpg

e0161872_1165958.jpg

e0161872_1165948.jpg

こんばんは市原です。好きなドイツ語はエピゴーネンです。

過ぎ去ったことを語るのは後ろ向きで嫌がられる風潮があるので万博の話をするのはやめます。
昨日の晴れた日はゾンビの仕業でフライヤーをデザインしてくれた、あけたらしろめ君の展示@駒場東大前に遊びに行ってきました。

あけたらしろめ君は、普段はオーディオやイヤフォンなどをデザインするお仕事をしつつ、それ以外の時間を使ってこうした創作活動をしているのですが、今回は会社の休暇を消化して大阪と東京のツアーで展示をやっちゃう素晴らしさ。

彼とはいろんな面で馬が合うので一緒にいて非常に心地良い(ほんとに心優しい男です)。持ってたバッグにシルクスクリーンでしろめ君の作品を入れてもらいました。アルマーニとの強引なるコラボに市原大興奮。20日まで駒場東大前のNo.12 Galleryにて。かわいらしい作品群。

ほんで今日は大学時代唯一の(円想者以外で)友人たるオルツ君と数年ぶりに飲み。会社を辞め起業した彼と、フリーランスでやりたいことをやる、ということについて語ったり大学時代のしょーもないことを語ったり。飲み→つけ麺やすべえ→スタバでテビルズケーキという暴食の流れで翌朝の胃もたれ確定。

さらにそこを切り上げ、先日共演したばかりのふっきょんが出る朗読劇を観にエビス駅前バーへ。大人で落ち着いたふっきょんは先日のふっきょんではありませんでした。

明日からも偽りのNo Rest。あと50年くらいしか生きられないんだ。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-18 23:44 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは。愛されモテ系ゆるふわ男子の市原です。

レオゴンズ×日本演劇連盟『レオンゴンゲキレンメズの万博』無事に全公演を終えることが出来ました。ご来場下さった皆様、行けないけどと声援を下さった皆様、ご助力頂いたスタッフの皆様、適度な距離感で競い合い笑い合ったキャストのみんなに心から感謝します。

コント公演と銘打ってはいるものの、観に来てくれた知人からは「演劇っぽいよね」という声もあり、コントと演劇、コントとコメディの違いは何ぞや、なんて考えたりもしました。実際、出演者の中で芸人の経験があるのは一人だけで、あとは役者ばかりという布陣。
だから何だ。静まり返る時間もあったけど、最後は全ステージお客さまからの温かい笑いを頂けたじゃないか。笑わせることだけがコントの目的ならば、それが役者だろうが芸人だろうが関係あらへん。やるかやられるか。それも男ばかり10人が華も下ネタも無しで1時間半を乗り切ったのは特筆すべきことだ。

『30秒ロードショー』という演目は、僕がずっとやりたいと思っていたものにかなり近い匂いのもので、今回あれをやれたのは本当にラッキーだった。作り出した樋口くんの映画に対する愛情と情熱は尊敬に値します。
勘違いかもしれませんが、やっていてお客さんも乗って楽しんでくれてるのが肌で感じられました。本気でまたやりたい。リベンジの意味も込めて。

続く。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-15 23:20 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_22483981.jpg

e0161872_22483965.jpg

e0161872_22483911.jpg

e0161872_22483998.jpg

e0161872_22483934.jpg

etk.
[PR]
by jet-beetle | 2013-10-14 22:48 | 芸事 | Comments(0)