「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0161872_6572852.jpg

こんばんは、市原ユウイチです。特技は自己実現です。

神様の声が聞こえたらなぁって思います。選択インザライフにおいて、自分の直感や気持ちが反応する方を選択するのは基本でありベストなことなれど、やはり良い悪いだけでは決められないことや、正論と本心みたいなことで揺れることが誰しもあると思います。そうした時にナビゲーターとなるのが自分の直感、心、魂。でも、それに相対するのもまた直感、心、魂だった場合とか。まいっちんぐ。
そういう時にジャッジしてくれる神様がいたらなぁ、って書いてて思いましたが、そういう時に相談したりアドバイスをくれたりするのが

友達、友人、フレンド。

ウィーアーノットアローン。ホームアローン。僕らは常に影響し合って生きている。97年の劇場版エヴァで、碇シンジがなんだかんだで他者との共生を望んだように、いやまぁ好むと好まざるだけど、僕らは愛し合い傷付け合って、生きる。

前置きが長くなったけど福島晋也くんお誕生日おめでとう。一昨日まで、自分が小倉優子と同い年であるということをすっかり忘れてしまっていたよ。


(・∀・)


2月に出演する日本演劇連盟の話をしたいといつも思う。が、いかんせん眠い。寒い。そこで、プロデューサー兼出演者の深井くんのツイートをご紹介しましょう。晩ご飯のおかずを出来合いのお惣菜で済ませるみたいなもんです。


「木下さんの台本の中でもトップクラスに面白い。主宰としては嬉しいが、役者としてはプレッシャーを感じざるを得ない。」

「それにしてもやべぇ作品ができた。革命的。これで面白くできなかったら俺はもう仙人になります。」

僕は一足先に仙人になる準備をしてきました。



………………………………………………
日本演劇連盟 第二回本公演
『r』
2014年2月15日(土)&16日(日)

【タイムテーブル】
15日(土)14:00/18:00
16日(日)14:00/18:00
※受付開始・開場は各回30分前です

【劇場】
アートスペース・プロット
(東京都杉並区阿佐谷南1-9-10)
JR中央線・総武線・地下鉄東西線阿佐ヶ谷駅南口より徒歩6分
地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅南口より徒歩3分

【チケット】
前売2,200円/当日2,500円

【作・演出】
木下伸哉

【出演】
トクダタクマ(げきだん声童)
沼田有未(KAMプロモーション)
鈴木雅康
市原ユウイチ
東ヶ崎恵美(舞夢プロ)
野島将吾

深井敬哲(日本演劇連盟)
木下伸哉(日本演劇連盟)

―あらすじ―
成和百貨店は長い不況を耐え抜き、少しずつだが業績回復の兆しを見せていた。
その中でも営業部の森野は、紳士服部門を立て直した功労者として評価されていた。
そんな森野に店長である東条から直々に異動の辞令が出される。
異動先は「屋上遊園の責任者」。
「定年までの閑職」「隠居」と呼ばれる場所への異動に落胆する森野。気を取り直して働くも、同期の店舗運営部・古市からもたらされた噂で「屋上遊園の閉鎖」を知らされる。
「そんな所に配置されるなんてクビなんじゃないの?・・・何かやっちゃった?」
心当たりが無い森野は混乱しながらも、自分の居場所を守るべく屋上遊園閉鎖阻止に動き出す。
クレイジーで無能でファンタスティックな人々が織り成す「屋上」のコメディがここに開演!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-30 06:57 | 芸事 | Comments(0)

袖触れ合うも多生の縁

e0161872_1534537.jpg




こんばんは。ピンクの小粒、市原ユウイチです。

よくこのブログの冒頭の挨拶や自己紹介で、趣味は○○です、とか適当な趣味を僕書くんですけど、実際趣味らしい趣味がないんじゃないかと最近強く感じさせられることがありまして。

昔は読書とか音楽鑑賞とか映画観賞なんてプロフィールに書いたりしてましたけど、自転車移動が圧倒的に多くなった今では、学生時代のように移動中の電車内で本を読む機会もめっきり減り、音楽鑑賞はもう生活の中で当たり前過ぎて(中古CD屋に入り浸るのももう習性レベルですし)。映画観賞も最近はめっきり(今年は毎月1日くらいは映画観に行こうと思います)。観劇なんて言うに及ばず。
趣味らしい趣味と言えばドラムがありますが、今はパーマネントなバンドがあるわけでもないのでこれも趣味と言っていいのやら。

つーか、ここまで全部、インドア。あがん。ドアを開け、街へ出よ。自転車で平塚から静岡くんだりまで行く友人、登山する友人、ツーリングに行く友人、スキューバをやりに行く友人、ちら、ほら。

今年は何か、アウトドアの趣味を見つけよう。でも決して探さない。無理して探さない。ただ、そういうことにオープンでいよう。そしたらきっと、縁が、ねぇ。

趣味とは違うけど市原、タバコもギャンブルもクスリも女遊びもせず、酒も付き合いでしか飲まないという優良児なので、ストレスのはけ口が食べることになってしまいがち。出費=食費になりがちで、これは、非常に、つまらんない。そもそも上記の色々がない男も、つまらんない。

2月の舞台の話をしたい。が、眠い。なので、また改めて。最小限の楽器で、シンプルだけど、芯のしっかりした音を出したい。例えがいつも音楽になってしまう。

…………………………
日本演劇連盟 第二回本公演
『r』
2014年2月15日(土)&16日(日)

【タイムテーブル】
15日(土)14:00/18:00
16日(日)14:00/18:00
※受付開始・開場は各回30分前です

【劇場】
アートスペース・プロット
(東京都杉並区阿佐谷南1-9-10)
JR中央線・総武線・地下鉄東西線阿佐ヶ谷駅南口より徒歩6分
地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅南口より徒歩3分

【チケット】
前売2,200円/当日2,500円

【作・演出】
木下伸哉

【出演】
トクダタクマ(げきだん声童)
沼田有未(KAMプロモーション)
鈴木雅康
市原ユウイチ
東ヶ崎恵美(舞夢プロ)
野島将吾

深井敬哲(日本演劇連盟)
木下伸哉(日本演劇連盟)

―あらすじ―
成和百貨店は長い不況を耐え抜き、少しずつだが業績回復の兆しを見せていた。
その中でも営業部の森野は、紳士服部門を立て直した功労者として評価されていた。
そんな森野に店長である東条から直々に異動の辞令が出される。
異動先は「屋上遊園の責任者」。
「定年までの閑職」「隠居」と呼ばれる場所への異動に落胆する森野。気を取り直して働くも、同期の店舗運営部・古市からもたらされた噂で「屋上遊園の閉鎖」を知らされる。
「そんな所に配置されるなんてクビなんじゃないの?・・・何かやっちゃった?」
心当たりが無い森野は混乱しながらも、自分の居場所を守るべく屋上遊園閉鎖阻止に動き出す。
クレイジーで無能でファンタスティックな人々が織り成す「屋上」のコメディがここに開演!




etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-25 23:20 | 雑記 | Comments(0)

果報は寝てます。

こんばんは。市原ユウイチです。日課は自己嫌悪に陥ることです。

(咄家さんの感じを脳内再生しながらお読みください)
えー、「便りがないのが元気な証拠」ってぇのを鵜呑みにして便りを出さずにいると、いつの間にかこっちの存在自体を忘れられちまうなんてこともありまして。えー、日頃から顔出せない分、たまの近況報告は忘れちゃいけねぇななんて思うわけです。

出演情報にも上げてある通り、来月の15日&16日は昨年も出演した日本演劇連盟に出演します(今回はオムニバスでもコントでもありません)。とりあえず、以下、詳細。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
日本演劇連盟 第二回本公演
『r』

【日時】
2014年2月15日(土) 14:00~&18:00~
      16日(日) 14:00~&18:00~

【作・演出】
木下伸哉(日本演劇連盟)

【出演】
トクダタクマ(げきだん声童)
沼田有未(KAMプロモーション)
深井敬哲(日本演劇連盟)
鈴木雅康
市原ユウイチ
東ヶ崎恵美(舞夢プロ)
野島将吾


【劇場】
阿佐ヶ谷アートスペースプロット
東京都杉並区阿佐谷南1-9-10
(JR中央線・総武線・地下鉄東西線「阿佐ヶ谷駅」南口より徒歩6分
地下鉄丸ノ内線「南阿佐ヶ谷駅」南口より徒歩3分)

【チケット料金】
前売2200円 当日2500円

予約フォームへGO。

【あらすじ】
成和百貨店は長い不況を耐え抜き、少しづつだが業績回復の兆しを見せていた。
その中でも営業部の森野は、紳士服部門を立て直した功労者として評価されていた。
そんな森野に店長である東条から、異動の辞令が出される。
異動先は「屋上遊園の責任者」。
「定年までの閑職」「隠居」と呼ばれる場所への異動に落胆する森野。
気を取り直して働くも、同期の店舗運営部・古市からもたらされた噂で「屋上遊園の閉鎖」を知らされる。
「そんな所に配置されるなんてクビなんじゃないの?・・・何かやっちゃった?」
心当たりが無い森野は混乱しながらも、自分の居場所を守るべく屋上遊園閉鎖阻止に動き出す。
クレイジーで無能でファンタスティックな人々が織り成す「屋上」のコメディがここに開演!


っていうね。1月23日現在、市原は今までやってこなかった、もしくは避けてきた役柄に手も足も出ないくらい苦戦中です。ノープランは得意なのに、ノープランだと何も出てこない。稽古を録った動画を見て思うのが「何もしてないじゃん、俺」っていう。舞台上で何もしてない出来てない。言うなれば、照れ隠しで笑いに逃げてきたツケがめちゃくちゃ貯まっていた感じ。
いや、違うな。今回も笑いは笑いだから、“出来ない笑い”ばかりで“出来る笑い”から逃げてきたなっていう絶望、失望。

しかーし。ここで屁をこくわけにはいかん。ってんで、やる。やってこます。期待はするのもされるのも嫌なので、期待は死ぬほどされたくないんですが、観に来てくれた人はもれなく楽します。そういった気概、意気込みで、やりたい。

ご来場あれ。




etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-23 00:00 | 芸事 | Comments(0)

赤心の歌

こんばんは。痛快!市原ユウイチです。

遅ればせながら15日、今年最初のパフォーマンスにして人生初の朗読劇『星が見えるかい』が無事に終わりました。ご来場下さった皆さま、ありがとうございます。行けないけどと声援をくれた人たちにもチュッ。

e0161872_0484317.jpg


初の朗読とはいえ、正直悔いの残るパフォーマンスでした。もちろん、あの場でやれることは感覚や考えの全部を使って嘘のないようにやったつもりですが、なんというか、頭の中にある理想やイメージの通りに何一つ出来ず、自由を求めてムズムズする身体を、ものすごい力を使って押さえつけた。そんな感じがして、それをどう理解、自己処理すべきかなかなか答えが出ずに気付けば数日が経過していたわけです。

先日、テレビで浅田真央がオリンピックにかける意気込みをインタビューされていたのを偶然観まして、そこで印象的だったのが「日本代表としては良い色のメダルを持って帰るのが目標。個人としては自分の納得できる演技をするのが目標」みたいなことを言っていたことなんです。

演出家や脚本の求めるものを表現として提出できるのも、自分の納得できる表現をするのも、どちらも大事なことで、並列で考えられるべきものであり、卵か鶏かみたいなことでもあり。帰りの車中、ももクロの“灰とダイヤモンド”が頭の中で鳴り続けていました。

e0161872_133583.jpg

e0161872_1201249.jpg


ただ座って朗読していただけなのに、翌朝起きると全身筋肉痛になっていました。そのくらい全身に(無駄な)力が入っていたようです。あー。

貴重なチャンスを下さった山本さん、初演技というプレッシャーの中、フレッシュかつ真摯な姿勢でパフォーマンスに臨んだ平林あずみさん、そして当日ご来場下さったお客さま(「まいっちんぐ出てましたよね?」と声をかけていただいたのは嬉しかったです)、あらためてありがとうございます。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-20 03:57 | 芸事 | Comments(0)

しばらくお待ち下さい。

更新準備中につき、ホームの端から隣の駅の明かりが見える井の頭線の画像をお楽しみ下さい。


etk.
e0161872_0293697.jpg

[PR]
by jet-beetle | 2014-01-19 00:27 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_275993.jpg

e0161872_28021.jpg

こんばんは。三代目ネスカフェアンバサダーの市原ユウイチです。

例年、年明けの市原は軽い鬱状態に陥っていることが多い、むしろ習わしになっているくらいの勢いなんですが、先述の初詣の件もさることながら、年明け早々思うようにいかないことばかりです。
(いや、そんなのはいつものことなのですが、年始くらいいろんなことが上手く運んで、景気良い気持ちになりたいじゃないですか。上手くいかないって言っても散髪やスマホカバー選び失敗とかなんですけど・笑)

んなもんだから、今年はあんまり良くない年なのかなぁとか思って気がmail、じゃなかった、滅入る。でもまぁ、まだ今年始まって二週間弱じゃん。決めつけんじゃないよって。鬼が笑うよって。使いどころ違うけど。

感覚的には今が2006年くらいの感覚があります。とすると去年は2005年。現実には堕落と再生の2005年、新たな旅立ちと挫折の2006年でした。それがもう10年近く前のことなんだからヤんなっちゃう!!!!!!

最近の話ね。近況ね。来週15日のリーディングライブの稽古をしたり2月の連盟の稽古をしたり自分のこれからに考えを巡らせたりビースティボーイズのCDを買って自分でもなんで買っちゃったんだろうって思ったりのエトセトラ。市原フル回転。

あと、リーディングライブで着る服、一昨日に服を見に行った時に素敵なのと出会えましてん。だから、それを、着る。それだけで気分ルンルン、かよランラン。


2001年のギャグを口走ってしまった。


とにかくだ、市原・イズ・アライブ。神様がいるのなら、果たしてどちらを選ぶべきなのかお聞きしたい。しかし神様は自分の胸の中にいる。そして結局“どちらに転んだとしてもそれはやはり僕だろう”。

こういうのを書かなくてもよいブログと世間は言うのでしょう。表現が排泄ならば、すべての表現は恥ずかしい。15日のリーディングライブ、このままだとガラガラで寂しい感じです。このブログを読んでくれている方の良心的なご来場をお待ちする。来てくれたら全力で楽しませます。



etk.












追伸。粟を使った和菓子が大好きなので、今日の稽古に演出の木下さんがあわまんじゅうを買ってきてくれたのは市原的に非常にベリーハッピーであった。
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-13 02:07 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_0222042.jpg

こんばんは。サラ・ジェシカ・パーカーです。
2014年最初の更新です。皆さまの今年一年のご多幸をお祈りしつつ、今年も市原その人をよろしくお願い致します。

年末年始は貧乏人の稼ぎ時と相場が決まっております。よって市原も年末年始は地味な労働に勤しんでおりました。西友のレジ打ち、年賀状の仕分け、年越しそばをひたすら足で踏む仕事、紅白の舞台作り、巫女さん、獅子舞の中の人、駅伝ランナーを沿道で応援する仕事…年末年始っぽいことは思い付く限り全てやりました。どれも正社員にならないか?と誘われました。確かに獅子舞の正社員は魅力的だ。

少しく遅くなったものの、もちろん初詣にも行きました。ちょっと並んでいざ自分の番が来てお賽銭を入れようとしたのですが、入らなかった。勢いが良すぎたのか僕の投げた5円玉は賽銭箱から弾かれ、あさっての方向へ落ちた。
呆気にとられた。しかし後が詰まっている。お祈りせにゃ。呆気にとられていて何もお願い出来なかった。何も思い付かなかった。今年の初詣は終わった。

金、酒、クスリ、女、ギャンブル…etc.ナイーブな芸術家やミュージシャンは心の平穏や新たな発想を手に入れるためこういったものに手を出し溺れ、時に命を落としてきた歴史がありますねぇ。
しかし俳優は、俳優という生き方が心の平穏を手に入れるには、結局台本を読み己と向き合う、これが一番のような気が致します。

何の話か。そう、15日の水曜日にリーディングライブ(平たく言うと朗読劇)に出ます。何度か出演しているREDカンパニーさんの新企画に出演するんです。
リーディングライブと銘打っているだけあってライブ感を大事にしたい、とは主宰山本さんの弁。綺麗な発声や滑舌でというよりも、客席の間近で行われる俳優1対1の生のやりとり。そういう点で言うと、市原の新機軸と即興で培った要素がどう化学反応を起こすのかっていうのが主観的には楽しみなところではあります(もちろん不安もいっぱいだけど)。

平日1ステージのみではありますが、ぜひ目撃して欲しい1ステージです。以下、詳細!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
レッドカンパニー ときめかNIGHT vol.1
『星が見えるかい』

作:山本夢人

レッドカンパニーのNIGHTシリーズ第一弾!
男女10組が日替わりで1つのストーリーを読み上げる朗読劇イベント。

不思議な縁で知り合った男女がお互いの人生最大のピンチを支え合う。

この空の下に、踏ん張っている人はたくさんいる―。

朗読劇+アフタートークをアットホームでおしゃれなカフェで過ごしませんか?

☆日時:
1月15日(水)19:30〜
※開場は開演の30分前となります。

☆出演:
市原ユウイチ、平林あずみ

☆会場:鯛カフェ(京王井の頭線・新代田駅より徒歩1分)

☆チケット:
前売・当日2,000円+ワンドリンク500円(アルコールあり)

レッドプレゼント:
赤いお洋服をご着用の方は、素敵なプレゼントがあります。
(全面積の7割以上が赤いトップスが対象。そのお洋服を上にご着用の上、ご鑑賞ください)

ご予約はこちらから!
http://www.red-company.net/hoshi/11/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


新年一発目なのにずいぶん長くなってしまいました。市原自身もワクワクドキドキなこのライブ、是非とも足をお運びください!お待ちしております!!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-05 23:20 | 雑記 | Comments(0)