本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最後の日が今日だった。

BGM:さよならなんて云えないよ / 小沢健二


脱税増税当たり前。脱毛増毛朝メシ前。

ひとり映画、ひとりライブ、ひとりカラオケ、ひとり居酒屋、ひとりスタジオ(個人練)、ひとり動物園……今まで、本来複数名で行くような所に一人で乗り込んできた市原ですが、今日は、ひとりスパデビューをしました。春休み真っ只中の東京ドームシティにあるラクーアのスパへ。

e0161872_23581181.jpg


なんか、普通に男湯でした。もっとお金出してリフレクソロジーとかマッサージとかフィットネスとかやればスパっぽかったんでしょうけど、こちとら河原乞食の身。晴れた平日の昼間から、都心の高層で露天風呂に入れるだけで身に余るアレ。

ただ、今日最大の収穫にして一人なのに笑っちゃうくらい楽しかったのがロウリュ。
フィンランドのサウナでヴィルデンシュタインっていうのがあるんですが、2時間に1回その中でロウリュという、アロマオイルとかが入った水を石にかけて発汗を促すっていうイベントがありまして。部屋一杯の裸の男性が汗をかきながらまんじりともせずイベントを待つ様は圧巻ではありましたが、これが始まるととにかく、熱い。鼻とか耳とか焼けてるんじゃないかってくらい熱い、むしろ痛い。発生した熱いアロマの蒸気を係員さんがタオルを使って煽るもんだから室内に、熱いのが、蔓延する。しかも雛壇の最上段だった市原、最も熱いのを何の覚悟もないまま、もらう。でも途中で抜けたらつまらん。こんな焼かれるような仕打ち、最後まで受けたろうやないけ、っつって最後まで。


e0161872_23582919.jpg

西武線線路沿いの桜は今年も綺麗です
か。


顔を真っ赤にして若干ふらつきながら帰路。事と次第によっては、と画策していたひとり遊園地デビューならず。熱いアロマの蒸気を鼻から吸い込んだので、花粉症気味の鼻もすっきりすーすー。
昨日撮った宣材データの受け取りをしたり増税前にと日用品を買いたりしつつ。いいともの最後は昼も夜も、観ることが出来た。当たり前にあるものなんて何一つない。今身の回りにあるものは全部、失っちゃいけないものだ。全力で守り通さなきゃいけないものだ。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-31 23:20 | 雑記 | Comments(0)

I

e0161872_9492575.jpg



何が自分にとっての全てなのか。それがわかれば。
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-30 09:57 | 雑記 | Comments(0)
ブランキーの再ブームが一段落して今はLUNA SEAの再ブームが来てます。市原です。


LUNA SEAのアルバムは、総じて2曲目にそのアルバムの核となる曲だったりバンドの代表曲が並びます。“TIME IS DEAD”“Dejavu”“BELIEVE”“ROSIER”“G.”“STORM”“Sweetest Coma Again”。まぁ、はい。


またぞろ昔の話になってアレですが、小学生の頃の僕は、遊びの誘いに家まで来てくれた友達を断って追い返すような子供でした。
一人で遊ぶ方が楽しい、人に合わせるのが疲れる、自分のコントロールの利かないことに足を突っ込むのに気が進まなかった、ペースを乱されたくなかった、めんどくさい…etc.理由は色々。

付き合いやコネ作りの飲み会に顔を出したりするのがとても億劫な最近の自分に、日和ってしまったと不甲斐ない気持ちでいたが何のことはない、昔から僕はそうだったのだ。


自分の事を話すのがずいぶん苦手になりました。人間関係において、まず自分が何者なのかを明らかにする事が大事だとは分かっているのですが、基本的に他人は自分などに興味がないという前提から始まっているので、自分の心情や体験した事実を詳細に順序立てて話したところで相手を引き付け続けるに足るものが自分には欠落しているっていう負の自意識。


テンションを上げたところで具体的なアイデアがないので最初からテンションを上げずにいる、みたいなことがあります人がいます。テンションの高い人が一人いるだけで場の熱も上がるしタイヤも回っていくので無駄なし。


稽古は非常に楽しい、ワクワクゾクゾクします。カチッとハマるところを探す試行錯誤。いよいよ2週間を切りました。ご来場をお待ちしています。詳細は出演情報をチェック!!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-29 00:05 | 雑記 | Comments(0)
e0161872_12554792.jpg

こんばんは。11年使ってきた芸名に若干の後悔あり。市原です。

今年の花粉症は症状に個人差が大きいように見受けられます。僕の周りでは今年はキツい、今年デビューしちゃった、今年はラク派の3派に分かれまして、市原個人は最後の今年はラク派なのでわりかし元気でいられてるわけですが、これはもしかしたら何かのチャンスなのかもしれないと考えると、何かやらなきゃと思ったりもするのであります。


あと2週間ほどとなった舞台の話。前宣伝では『マクベス』に『死の棘』を加えた話、みたいに書いてきましたが、どうやら『死の棘』主体くらいの塩梅です。
『死の棘』を雑に紹介すると、夫に浮気されたショックでメンヘラになった妻が夫を責めたり許したりやっぱり責めたりする話です。突然ですが主体性を持って生きないと人生の無駄だと思います。ではまた。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日本のラジオ
『アラッテモオチナイ』
4/9(水)〜4/20(日)のうち全7ステージ

【日程】
11日(金)…19:30(w/劇団鋼鉄村松)

12日(土)…13:00(w/こゆび侍)

13日(日)…16:00(w/Mrs.fictions)

17日(木)…19:30(w/こゆび侍)

18日(金)…14:30(w/Mrs.fictions)

19日(土)…16:00(w/宗教劇団ピャー!!)

20日(日)…11:30(w/劇団だるめしあん)

※()内は同時上演の劇団です。
※17日と18日は公演後の投票がありません。
※日程や時間が変則的ですのでご注意下さい。
※開場は開演の30分前です。

【劇場】
王子小劇場
王子駅より徒歩5分。JR京浜東北線は北口、東京メトロ南北線は4番出口から。北本通りを直進して鑑定倶楽部というお店の地下です。

【料金】
・全席自由2500円(未就学児入場不可)
・初回割…4/10、11のチケットは200円引き
・平日昼割…4/18の昼公演チケットは200円割引

【予約フォーム】


シェイクスピア作品をモチーフに全6団体が競演する演劇フェスティバル『ガチゲキ2』。1公演に2団体がペアで上演し、終演後には観客による投票もあります。
総当たり形式トータルでの勝敗と最終日の審査員審査により総合優勝を決定するとのこと。

市原の参加する“日本のラジオ”が上演するのは『マクベス』に島尾敏雄の『死の棘』を加えた現代劇。過去の事件によって心を病んだ妻とその夫の物語だそうな。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-23 21:57 | 芸事 | Comments(0)

嫁と天使

e0161872_11949.jpg


e0161872_112610.jpg


e0161872_122081.jpg


e0161872_123627.jpg



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-21 19:36 | 雑記 | Comments(0)

襟がゆれてる。

e0161872_22312965.jpg

e0161872_22315569.jpg


ブルーハーツで個人的に一つだけ惜しいことは、ベスト盤から入ってしまったこと。最初に聴いたのがファーストだったら、もしかしたら熱死していたかもしれない。もしくは狂死。
(もちろんベスト盤から入っても当時高校生の自分は大熱狂しましたが)
後追いにも追い方があるよなと思うと同時に、リアルタイムって貴重だなって思う。

11月の公演の際に森実咲んぐにお裾分けしてもらったラーメンをようやく作って食べたら大層うまーだった。野菜もたくさん入れたのでもはや熊本ラーメンの面影は見る影もないが。やっぱり九州ラーメンはあんまり茹でない方が正解だ。実咲んぐご馳走さまです。

西荻窪には深夜までやってる本屋さんが多くて素敵。さすがに眠れない夜に出かけるわけにはいかないけど。
ツタヤでTHE NOVEMBERSのCDが50円で売られていたので購入。したら、CDレンタル2枚無料クーポンが当たった。何を借りようか。

最近、昔のことを考えます。小学生の頃のことを。昔から自分は老成していたなぁとか、小学5年生にして守りに入ったなぁとか、悔しいっていう感情を小学生で捨てたなぁとか。

口には出さないけど、毎日毎瞬、一挙手一投足に反省ばかりです。安心して。
好きなじゃがりこは香味醤油です。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-17 22:49 | 雑記 | Comments(0)

世界の約束

e0161872_23424888.jpg

e0161872_23424885.jpg

こんばんは、市原ユウイチです。日課は自己実現です。

近頃は久しぶりにBlankey Jet Cityを聴いています。中でも“白盤”“黒盤”と呼ばれる2枚のベスト盤を。この2枚は高校生の時に狂ったように聴き込んだ2枚なので、身体への染み込み具合は言うに及ばず裂かれて2枚。

先日、電車で携帯をいじっていたら車両間をバタバタと移動してくる男子中学生?高校生?全然冴えないおとなしい感じの二人にぶつかられまして、携帯が僕の手元から落ちたんですね。結構な音を立てて。大きな音だもんだから彼も立ち止まるし、僕も一瞬止まるわけです。が、彼は一瞥くれただけで何も言わず立ち去りました。僕はその後ろ姿を、非難を込めた眼差しで見つめながら落ちた携帯を拾いました。保護シートを貼っていたとはいえ、シートには傷がついていました(一番傷ついたのは僕のハートですが)。

カチンときて僕は、隣の車両まで彼らをずんずんと追いかけ、そのうちの一人の首根っこを掴み、低く静かな声で穏やかーに穏やかーに「ちょっと、次の駅で降りようか」と言います。ビビった彼らは慌てて「すいません、すいません」を連呼しますが「ちょっと、聞きたいことがあるだけだから」と僕は手を離しません。

自部屋の蛍光灯を取り替えてから部屋がとても明るくなりました。帰ってくるのも心なしかルンルン。

今朝見た夢の話をさせて頂きますと、屈強なアメリカ人男性数名とですね、僕はバンドを組んで演奏旅行なんかしちゃってるわけですねー。アメリカ大陸を横断する感じで。陽気。非常に楽しい。陽気。ただ、粗暴な彼らと大型スーパーマーケットなんかに買い出しに行くとですね、毎回こう、何かしらのトラブルに見舞われる。またぞろ今日もその仲裁に追われるっていう。

次の駅に着いてホームへ降りた僕は、彼らを伴って牛角へ行きます。笑顔で僕らを迎え入れる店員にTサイトからダウンロードしたクーポンを見せながら「紅に染まったこの俺を慰めるヤツはもういない」って言うノ。

来週に迫った非公開舞台&映像の話は置いといて、4月に出演するガチゲキの話。
今回の座組は歴戦のベテランも多いので、作品的にも若さや勢いとは違うもので勝負出来るのではないかと思われます。やはり身を置く環境は大事だよな。
2枚目の画像は稽古の合間にやった、お絵描きしりとり。言葉を使わずに絵だけで伝えてしりとりしていく。左上の絵は市原がトップバッターで描いたイカですが、これが元で画力をディスられるきっかけになりました。



「自己否定をしない。そういう言葉を吐かない」。それが世界の約束。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★
日本のラジオ
『アラッテモオチナイ』
4/9(水)〜4/20(日)のうち全7ステージ

日程:
11日(金)…19:30(w/劇団鋼鉄村松)

12日(土)…13:00(w/こゆび侍)

13日(日)…16:00(w/Mrs.fictions)

17日(木)…19:30(w/こゆび侍)

18日(金)…14:30(w/Mrs.fictions)

19日(土)…16:00(w/宗教劇団ピャー!!)

20日(日)…11:30(w/劇団だるめしあん)

※()内は同時上演の劇団です。内容やオススメ団体等は市原までお尋ね下さい。
※17日と18日は公演後の投票がありません。
※日程や時間が変則的ですのでご注意下さい。
※開場は開演の30分前です。

劇場:王子小劇場
王子駅より徒歩5分。JR京浜東北線は北口、東京メトロ南北線は4番出口から。北本通りを直進して鑑定倶楽部というお店の地下です。

料金:
・全席自由2500円(未就学児入場不可)
・初回割…4/10、11のチケットは200円引き
・平日昼割…4/18の昼公演チケットは200円引き
☆★☆★☆★☆★☆★☆★


etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-15 23:57 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_1155982.jpg



小学生の頃は、ボーっとしていることが多いと親や教師から言われていた。今もだ。ゲームもやらない漫画も読まない酒も付き合い程度、ギャンブルもタバコもクスリも女遊びもしないのに一日は過ぎてゆく。やはりボーっとしてるんだろか。

出会うものが人をつくるのだなぁと思う。

不特定多数に向けた芸能と、個人に向けたサービス、愛。
不特定多数に向けて発信するブログやツイッターと、個人宛てのメールや電話。

安藤裕子の『勘違い』はほんとに素晴らしい。他の作品ももちろん好きだけど、これは何か違う。

大学時代の友人、オルツ君と会食。最終的な“人生の目標”について話す。仕事や夢とはまた違う、ある意味どんなおじいちゃんになっていたいか、みたいな。
やはり自信がないから自分の考えを話すときに饒舌になれない。怒られるんじゃないか、考えが浅いと軽蔑されるんじゃないか。だから何だ。それが俺じゃん。とは思いたいけれど。

今朝はあまりの寒さに明け方近くに目が覚めてしまった。カイロを貼ったり暖房を付けたりしたが解消されず。結局寝付くまで2時間くらい震えていた。

3年前のこと書いた方がいいすかね?



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-12 01:32 | 雑記 | Comments(2)

北上と南下

e0161872_912384.jpg



おじさんにはなりたくない。なるなら1コ飛ばしておじいさんになりたい。井の頭線の渋谷駅に降りてそんなことを思った。


30歳を過ぎて会社を辞め、そこで得た知識を生かしたり出来なかったことをやってみたいと自分でビジネスを始める友人。
30歳を過ぎ、妥協してなった職業を辞めて、なりたかったものに再チャレンジする友人。
30歳前後で病気で会社を辞めることになり、それからずっと休養していたものの、いつまでもこうしてるのもなぁと思い、とりあえずコンビニでバイトを始めたよと笑顔で話してくれた友人。
30歳を過ぎ、何年も変わり映えのない生活に嫌気が差してここではないどこかを夢想してばかりのくせに、まだここに何かあるんじゃないかとここから離れられないでいるわたし。
エブリバデー・オン・ザ・ラン。


その時その時の自分を肯定していくしかない。自分を疑って疑って、問い詰めて問い詰めて、ケツ叩いて。行く道を決めたら、もう疑わない。ただただ信じる。不安になってもブレずに。そんな風に生きていけたらなぁ。


ラジオ稽古。稽古4回目にして配役が決まる。最初から配役が決まっている公演もあれば、何度かの読み合わせやオーディションを経て配役が決まる公演もあるが、今回は後者。個人的にはそっちの方が好い。最初から役があるよりも有り難みがあるというか。

これはやりがいのある作品になりそうです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
シェイクスピア作品をモチーフに全6団体が競演する演劇フェスティバル『ガチゲキ!!』。1公演に2団体がペアで上演し、終演後には観客による決選投票もあり。
総当たり形式トータルでの勝敗と最終日の審査員審査により総合優勝を決定する、そうな。

市原の参加する日本のラジオは『マクベス』を原作に、島尾敏雄の『死の棘』を加え現代を舞台とするそうな。過去の事件によって心を病んだ妻とその夫の物語だそうな。

日本のラジオ
『アラッテモオチナイ』
4/9(水)〜4/20(日)のうち全7ステージ

作・演出:
屋代秀樹

出演:
しまおみほ(日本のラジオ)
市原ユウイチ
加藤なぎさ
深井敬哲(日本演劇連盟)
宮崎雄真
村山新
吉岡そんれい
和田哲也

日程:
9日(水)…19:30(前夜祭)

11日(金)…19:30(w/劇団鋼鉄村松)

12日(土)…13:00(w/こゆび侍)

13日(日)…16:00(w/Mrs.fictions)

17日(木)…19:30(w/こゆび侍)

18日(金)…14:30(w/Mrs.fictions)

19日(土)…16:00(w/宗教劇団ピャー!!)

20日(日)…11:30(w/だるめしあん企画)

※開場は開演の30分前です。
※()内は同時上演の劇団です。内容はガチゲキHPをご確認下さい。
※前夜祭は入場無料です(要予約)。
※17日と18日は公演後の投票がありません。
※日程や時間が変則的ですのでご注意下さい。

劇場:王子小劇場
「王子」駅より徒歩5分。 JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から。北本通りを直進して「鑑定倶楽部」というお店の地下です。

料金:
・全席自由2500円(未就学児入場不可)
・初回割…4/10、11のチケットは200円引き
・平日昼割…4/18の昼公演チケットは200円引き

ガチゲキ2公式サイト

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

来て来て来て来て観に来てね!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-09 09:20 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_2320717.jpg

まず、こちらの記事をご覧下さい。
これ。

甘酸っぱいような、ほっこりした気持ちになって頂けたでしょうか。でしたら結構。始めます。



いつからだろう、善人でありたいという気持ちが強い。ここで言う善人とは、テレビドラマでも映画でも舞台でも何でもいいが、ほとんどの物語には主人公を親身になって助けてくれるキャラクターが登場する、それ。そういうキャラクターに安心する。自分も誰かにとってかくありたいと思う。逆に、何かと主人公の邪魔をしたり意地悪したりするキャラクターには「なんでそんなことするんだよ!」ってこっちが感情的になっちゃったりして。

かつて、ある大先輩が「(この世界で生きていくなら)良い人じゃダメだよ〜」と仰っていた。もちろん敢えて悪人になる必要はないと思う。だが、ある種のずるさだったり抜け目なさ、したたかさは必要だと僕も思う。

小林薫さんや松重豊さんの佇まいに憧れる。いい人の役をやるにも、ちゃんと理由あるいい人になってるというか。



今まで何度か何人かのわかってる人に「周りに合わせてるように見える」と言われたことがある。本当の僕はマイペースで他人のことなんてお構いなし、自分の好きなことやりたいことに脇目もふらず一直線なタイプなんだと思う。少なくとも昔はそうだった。それがいつしか、嫌われないようにとか和を大切にするように、みたいなつまんない価値観を持つようになってしまった。



先日、古本屋で手に入れた本にところどころ赤線が引いてある。それも、なんでこんな箇所に、と思うような、別に大事そうじゃないところにばかり。強いて言えば、事実の詳細が描かれているなど説明的な箇所に引いてある気がする。何故、この本のかつての持ち主はここに線を、どんな考えで引いたのだろう。そして本の巻末、発行日が記載された横に、購入した日と場所が黒の鉛筆で書かれている。僕はその本に栞に五百円玉を使っている。



マイ・ベリー・ベリー・ブルー・ハート。今日も高揚感をありがとう。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-03-07 23:20 | 雑記 | Comments(0)