本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

e0161872_23572080.jpg

こんばんは。世にも微妙な市原ユウイチです。


早いもので上半期も終わりですね。はい、この話題終了!


普段は平気じゃないことが舞台に上がると平気になってしまう。っていうのは一瞬良いことのように聞こえますが、実は全然そんなことはなくてですね。
例えば僕などは、人に物申すということが出来ない。相手の気を悪くしてしまうんじゃないか、空気を壊してしまうんじゃないか、相手にも何かしら考えがあってのことだしなぁなどと考え、引っ込んでしまう。が、舞台に上がると、台本にそうあるから仕方ないってのもあるんですが、声もしっかり、語尾もはっきり、相手に自分の主張を意思を伝えられる。知らしめる。おんどりゃ、ワレって。


が、しかし。それって普段やってないことじゃん。舞台上にいて“何か”でコーティングされた自分が演技としてやっていることであって、日常からやっているリアリティがそこには、にゃい。


そう考えると、こういう演技が出来るようになりたい、と思うものがあるならば、普段からそういう人間になんなきゃ、なるくらいの気持ちでいなきゃ以下略ってことなんじゃないかなって最近自分。


ついに来週に迫った『きりんのつの』。自分の性格に殺されそう。というか、ストレスのはけ口が食、特に甘いものしか無いって状況はそろそろ何とかした方がいいぞ俺。


近年、とみにコミュ障になってきた市原が自分と、役と向き合い、何か、やる。コピペする気力も残っていない。でも観に来て欲しい気持ちは無限だーい。詳細・ご予約はトップ記事の出演情報にて。作品、役柄共に最近の市原には無かった感じがしゅる。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-30 23:57 | 俳優生活 | Comments(0)

THE PHANTOM PAIN

たとえどんなに楽しい座組でもどんなに切羽詰まっていても、稽古が急きょ休みになった時の変に解放された感って何なんでしょうね。あ、こんばんは。市原マルムスティーンです。

ゆーわけで、今日は稽古が休みになったので自宅警備に徹しました。洗濯したり窓拭いたりご飯作ったり。ただ、そんなことはただの生活であって、頂いた台本に目を通したり役の参考にしようと借りてきた映画を観たりして自主稽古的なアレをアレしました。

『ミオとジュリとエット…』に演出助手として参加して一番印象に残っているのが、役者陣の意識の高さでした。さっき渡されたばかりの台詞をすぐに覚える、覚えようとする。昨日渡された膨大な量の台詞を次の日にはもう覚えている。当たり前のことかもしれませんが、意識の高さってそういうことなんだなと痛感させられました。と同時に未だにそれが出来ない自分の意識の低さも。

今日で初舞台からちょうど12年です。劇団円想者2002年度6月公演『ファントム・ペイン』。ただただ狂騒、ただただ無我夢中で何も。何も。

「人生の転機になるような作品にしたい」。
直接伺ったわけではありませんが、今回の演出家のすがのさんは共演者の大谷さんにそうおっしゃったそうです。それは観客はもちろん、参加するメンバーにもそうであってほしいと思うし、自らそうなるようにしなきゃと思います。


e0161872_1455496.jpg

円想者の先輩たる小島さん&錦織さんと。まさか12年後も吉祥寺で飲んでるとはね。撮影はこれまた円想者のかなり上の先輩たる奥田さん(新婚)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

札幌ハムプロジェクト★東京支部企画 東京の人06
『きりんのつの』

【脚本・演出】
すがの公

【スーパーバイザー】
大谷由梨佳

2014年7月8日(火)~7月15日(火)

【会場】
新宿眼科画廊スペース地下
 (東京都新宿区新宿5-18-11)

【出演】
<東京の人>
 荒井るり子
 印田彩希子
 加藤好昭(劇団820製作所)
 小池首領(9-States)
 市原ユウイチ
 工藤一学
 大谷由梨佳

<育成チーム>
 川口明男(超現実サークル)
 荒井幸夫
 葛原静香(劇団全快転)
 セガワケイ(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
 傍嶋史紀(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
 中江聡(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
 渡辺友加里(札幌ハムプロジェクト)


【日程】
8日(火) 19:30 育成★
9日(水) 14:00 育成  / 19:30 東京★
10日(木) 14:00 育成  / 19:30 東京
11日(金) 14:00 東京◇ / 17:00 育成 / 20:00 東京
12日(土) 14:00 東京  / 17:00 育成 / 20:00 東京
13日(日) 13:00 育成  / 16:00 東京 / 19:00育成
14日(月) 14:00 東京◇ / 17:00 育成 / 20:00 東京
15日(火) 14:00 育成  / 17:00 東京

東京9ステージ+公開リハ
育成8ステージ+公開リハ


【料金】全席自由
東京の人
一般:3000円 / ◇平日昼割:2500円

育成
2500円均一

★公開リハーサル 1500円
(当日は+500円)

その他詳細やご予約はトップ記事の出演情報にて!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-29 01:50 | 芸事 | Comments(0)

セメント盛り。

もしかしたら。もしかしたらだけど。

言ってることとやってることが違う方がいい時もあるのかもしれない。
結局はやってることが全てなのだから、その違いによって説得力が増すというか。虫が良すぎるか。要するにギャップの話になってきてはしまうんですけども。

こんばんは、市原です。好きな集会は秋の園遊会です。

配役が決まる。まさかこの役はこないだろうなと思っていた役が来たので少しく喫驚しつつ、やっぱり役が決まるのはうれしい。丁寧に、しっかり、役というものと向き合わん。
……にしても不安だ。初めて出させて頂く劇団であり、初めて関わる演出家さんだからっていうのを差し引いても不安だ。いつだって、やれる全部をやるしかないのだけど。

もしも、自分の愛する人、両親だったり祖父母だったり妻だったり(いないけど)をなくしてしまったら自分はどうなるだろう。人の葬儀に出る度にそれを想う。今日もだ。特に、そういった様子をそれまで見たことのない人が見せると尚更。

もう30歳になるので年々そういう機会も増えるわけで、これからも残念ながら減るってことはないんだろう。それは決して遠い未来ではなく、いつ来るかわからない運命。

宣伝するっきゃない。鬼のような筋トレで上がらなくなった右腕をしばき倒すように、自分の存在をアピイル。来てね来てね。各回30席限定のチケットが売れ飛んでいくのが見える。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
札幌ハムプロジェクト★東京支部企画 東京の人06
『きりんのつの』

脚本・演出:すがの公
スーパーバイザー:大谷由梨佳

2014年7月8日(火)~7月15日(火)

【会場】新宿眼科画廊地下スペース
 (東京都新宿区新宿5-18-11)

【日程】
8日(火) 19:30 育成★
9日(水) 14:00 育成  / 19:30 東京★
10日(木) 14:00 育成  / 19:30 東京
11日(金) 14:00 東京◇ / 17:00 育成 / 20:00 東京
12日(土) 14:00 東京  / 17:00 育成 / 20:00 東京
13日(日) 13:00 育成  / 16:00 東京 / 19:00育成
14日(月) 14:00 東京◇ / 17:00 育成 / 20:00 東京
15日(火) 14:00 育成  / 17:00 東京

東京9ステージ+公開リハ
育成8ステージ+公開リハ

【料金】全席自由
東京の人
一般:3000円 / ◇平日昼割:2500円
育成
2500円均一

★公開リハーサル 1500円
(当日は+500円)

リピーター割:
2回目以降観劇の方は1000円引き。

その他の詳細やご予約はトップ記事の出演情報にて!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-27 23:00 | 雑記 | Comments(1)

応募しとけばよかった。

これ。


etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-22 20:07 | 雑記 | Comments(0)

情熱の所在

円想者の公演を2年ぶりに観に行こうと思ったのはDMが良かったからなのだ。
(劇団円想者ってのは僕が大学時代に所属していた成蹊大学の演劇部)。

僕が現役だった頃からついこの間まで、円想者が送るDMはダサくて古くさい
郵便書簡に、小さいチラシと簡単な挨拶状が封入されたものだった。チラシも決してスタイリッシュだったり目に止まったり印象に残ったりするようなものではなく、手描きがベースになったような、なんとなーく垢抜けない感じがするものばかりだった(自分が携わったものもそうだったので自戒をこめて)。

しかし、今回送られてきたDMはハガキだった。ハガキに写真。しかも人物。出演者ときたもんだ。写真は過去にもあったけど、人物来たか。しかも合成や影の付け方も素人目には違和感のないレベル。一見して円想者からのものとは思わなかった。

や、別にその辺の小劇場レベルだったら普通なんですよ。ただ、それを円想者がやってるってことに感動しちゃって。攻めてるな、と。


e0161872_23344934.jpg

チラシをさらにパワーアップして、当日パンフレットとは別に作った冊子。もう尊敬しますわ。今の円想者に入りたい(笑)。


舞台自体もエネルギッシュで、大変好感の持てるものでした。途中、中弛みや冗長だなと感じられるところもありつつ、僕らの時代からは考えられないクオリティの舞台美術や照明とも相まって、とても充実を感じました。

時代が違うからこそ出来るようになったこともあるでしょう。今の部室にはパソコンがあり、公演はDVDに記録されているそうです。俺らVHSやったわ。
会館にも冷房が設置され、僕らの頃のように真夏の盛りに冷房もなく、照明の熱が籠った部屋で客も演者も汗だくになりながら芝居を観なきゃいけないなんて環境はありません。

あの時、あの場所にいて僕らを見ていた神様は今もあの場所にいて、新しい世代を見守っている。あの狭い学生会館の一室で起こる悲喜こもごもを肯定も否定もせずに見守っている。今の僕のこともちょっとは見ててくれたらな、なんて。
劇団円想者6月公演『100LIFE』は明日まで成蹊大学学生会館3F談話室にて。

見失うこと山の如し。明日も『きりんのつの』稽古。負けない折れない腐らない。卑屈にならない。最近は、こんな時アギゴさん(吉川亜紀子さん)ならどうするか?ということが頭をよぎります。


etk.



★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌ハムプロジェクト★東京支部企画 東京の人06
『きりんのつの』

脚本・演出:すがの公
スーパーバイザー:大谷由梨佳

2014年7月8日(火)~7月15日(火)

【会場】新宿眼科画廊スペース地下
 (東京都新宿区新宿5-18-11)

【出演】
<東京の人>
 荒井るり子
 印田彩希子
 加藤好昭(劇団820製作所)
 小池首領(9-States)
 市原ユウイチ
 工藤一学
 大谷由梨佳

<育成チーム>
 川口明男(超現実サークル)
 荒井幸夫
 葛原静香(劇団全快転)
 セガワケイ(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
 傍嶋史紀(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
 中江聡(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
 渡辺友加里(札幌ハムプロジェクト)


【日程】
8日(火) 19:30 育成★
9日(水) 14:00 育成  / 19:30 東京★
10日(木) 14:00 育成  / 19:30 東京
11日(金) 14:00 東京◇ / 17:00 育成 / 20:00 東京
12日(土) 14:00 東京  / 17:00 育成 / 20:00 東京
13日(日) 13:00 育成  / 16:00 東京 / 19:00育成
14日(月) 14:00 東京◇ / 17:00 育成 / 20:00 東京
15日(火) 14:00 育成  / 17:00 東京

東京10ステージ
育成9ステージ


【料金】全席自由
東京の人
一般:3000円 / ◇平日昼割:2500円

育成
2500円均一

★公開リハーサル 1500円
(当日は+500円)

リピーター割:
2回目以降観劇の方は1000円引き。
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-21 23:20 | 芸事 | Comments(0)

追憶の家庭訪問

e0161872_12574659.jpg

etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-20 12:57 | 雑記 | Comments(0)
こんばんは。市原ユウイチです。特技はつとめて明るく振る舞うことです。

ここ数日の動向をまとめ、振り返り、反省し、忘れる。最近多いこのパターンです。


e0161872_21263340.jpg

初の味噌一。もやし、メンマ、煮玉子のセルフサービスが素晴らしい。


e0161872_21265854.jpg

末ちゃんと。


e0161872_2142532.jpg

行ってない。


バレエのお師匠さんである矩子先生が怪我をされてしまい、今月いっぱいバレエはお休み。やってる最中はきっついなーと思いながらも、こう空いてしまうと物足りなく、不安。元々、筋トレとかランニングとか一人でがんばる系の努力が苦手なので、不安。日頃の意識とイメトレを大切にしつつ、先生の一日も早い回復を祈る。

ミチコイスタンブール『everyday,甲冑武者』観劇。相変わらずタイトルが素晴らしいが、内容もやはり。散々笑わせたり煙に巻いたりしておいといて、クライマックスでハッとさせられる。そして門馬さんの美術は神の領域に達していた。

そんな日々を過ぎて日曜日。ガチゲキ2でMrs.fictionsに出演していた須山造さんが開催した“生きづらさを考える会(仮)”という勉強会に参加。
会の名前ほど重苦しいものではなく、生きづらさとか居場所というものを演劇を使ったり小学校の時の授業のような形で考えてみよう、みたいな。一つの事象を共有してディスカッションしたりするあたり、非常に小学校の頃っぽくて不思議な感覚だった。

生きることに、生きていくことに本気で取り組まなきゃいけないと思うんです。それは、自分が自分として生きてくっていう意味で。

誰かから受ける影響について。それがどんなものであれ、ある程度自分の中にそういう要素があったからこそ受け入れることが出来たのだと思う。そう考えると尚更人のせいには出来ないな、と思う。


e0161872_2282350.jpg

ようやく三軒茶屋シネマへ。『最後のマイウェイ』と『塀の中のジュリアス・シーザー』の二本立て。客席に入った途端、泣きそうになったくらいの古さと懐かしさあふれる館内。ロビーもシートもトイレもとっても懐かしい感じ。初めて来たのにね。

演者としてはもちろん、人としての優しさは邪魔だ。こだわりと我を主張すること以外は要らない。きっと。

再来週には『ひまわり』と『ニューシネマパラダイス』のイタリア名画二本立てとのことで、稽古の合間を縫って何とかしたい。


e0161872_22162037.jpg

三軒茶屋にあるとんがらしの豚バラなんこつカレー。美味しさの極み。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-17 22:11 | 雑記 | Comments(1)

決戦は全曜日

こんばんは。うれしはずかし朝帰り。市原ユウイチです。


なんだか今年はたくさん映画を観ています。


元々映画は好きで、学生時代はよく学校帰りや就活帰りに渋谷のミニシアターに立ち寄ったりしていて、死ぬ時は映画館で死にたいなんて思っていたこともありました(今は生チョコレートムースの中で窒息死したいです)。


2月に出た演劇連盟では、あまりにも自分の引き出しにない役だったので役作りのために今までにないくらいたくさんDVDを借りて観ました。タランティーノ映画、ジェイソン・ステイサム、ロバートデ・ニーロ、リーアム・ニーソン…よく勉強しました。反映された自信は一切ないですが。


ガチゲキが終わってから時間的、精神的空白が出来たせいか、今度は魂が映画を欲しているのを感じました。映画館にはさほど足を運べませんでしたが、レンタルはよーしました。未来世紀ブラジル、夕凪の街・桜の国、ミンボーの女、教祖誕生、太陽を盗んだ男、この道は母へと続く、インファナル・アフェア、前々から気になっていた作品、オススメされた作品、前にも観たけど今あらためて観たい作品…etc.


中でも黒澤映画は、数年前に『七人の侍』を観て「完璧。これ以上のものってあるのか? 1954年のこの時点で物語に必要なすべてがやり尽くされている」とまで思わされ、そこからゆっくりでいいから黒澤映画を制覇しようという試みがなされているんですねぇ、はい。
現時点では『どん底』『夢』『生きる』『羅生門』『生きものの記録』『赤ひげ』『悪い奴ほどよく眠る』『隠し砦の三悪人』を観了。
『赤ひげ』は『七人の侍』と並ぶ完璧っぷり。最近観た『生きもの~』と『悪い奴ほど~』があまりにバッドエンドだったのでまたしばらく休止しようかなとは思っています。


こないだ借りた『トニー滝谷』。これもずっと観よう観ようと思っていた作品なんですが、この映画の持つ空気やテンポがあまりにも今の自分にピタッとはまったのでびっくりしつつ、その心地よさと喪失の痛みを味わっています。


喋りすぎた。日常あんま喋んないからか。毎日が楽しく、明るいことばかり頭に浮かび、常に未来が輝いて見えればブログも毎日更新出来るでしょう。
たまにですが、自分にはもう過去しかないんじゃないかという錯覚(錯覚だと思いたい)に襲われます。


e0161872_113267.jpg



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-15 02:07 | 芸事 | Comments(0)

暇人のイマジン

知らない土地の、見慣れぬ町並みを眺めて、ここにも誰かの生活があり、日々を泣き笑いながら暮らしていることを想像する。


自分がイケメンでなかったばっかりに迷惑をかけた人たちに謝りたいと思った。が。自分が誰かのことを想うように、自分もかつて、とても深く誰かから想われていたことを想像すると、謝るべきはそっちじゃねぇなと。





e0161872_034324.jpg

末次祐季&岩上弥生両氏と。誘ってくれる芝居仲間がいるというのはありがたいこってす。疲れてるとかお金や時間がないとかそういうこっちゃないんだよね。




etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-12 23:44 | 雑記 | Comments(0)

フレンズには触れんず。

こんばんは。欲しいものは狂犬の異名、市原です。

ブログを書かない時の方がアクセス数が増えるのはいつものこと。そしていつものことながら、ここ数日は更にクサクサしていました。写真と共に振り返ります。

e0161872_021754.jpg

仕事休みの友人を誘って話を聞いてもらったり(後日、深夜に電話でも付き合ってもらった。写真は市原)


e0161872_0221690.jpg

大雨の中、7月の『きりんのつの』の稽古に行ったり


e0161872_0225738.jpg

再度、愛。ちょいのお手伝いに行って気のおけない人たちと楽しい時間を過ごしたり


e0161872_024975.jpg

キャストでもないのに馴染みのお客さんから個人的に差し入れを頂いたり(大好きな白玉!!ありがとうございます)


e0161872_025695.jpg

バンドの練習で細部にこだわるあまり、肝心のダイナミックさを失ったり


e0161872_0255976.jpg

昨年4月の舞台『しんぷる』で共演した福田真夕&創木希美両氏とで、これまたその時にお世話になった椎名亜音さんの出演する映画『サムライゾンビ フラジャイル』を観た後に真面目な話したりケガの話したりくだらない話したり



と、書き連ねていくと、アレ? あたし結構充実してんじゃん? とか錯覚してしまいそうになるけれど、そうじゃない。そうじゃないんだ。そういうことじゃないんだ。いや、大切なひとたちとの時間ではあるけれど。いやいや、この焦燥が良くないのか。

3年前の震災直後、人前で何かをするひとたちがこぞって口にした言葉「自分にはこれしか出来ないから」。漂う自粛ムードや被災地へボランティア活動に行くひともたくさんいた中で俳優、芸人、ミュージシャン、芸術家などはそう言って普段の自分の活動を続けることを選びました。今は誰もそんなことを言うひとはいません。みんなその時の気持ちを覚えてるだろうか。


etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
札幌ハムプロジェクト★東京支部企画
東京の人06
『きりんのつの』
脚本・演出 すがの公

■会場
新宿眼科画廊地下スペース
(東京都新宿区新宿5-18-11)
JR新宿駅東口より徒歩12分、地下鉄東新宿駅より徒歩6分、地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分

■公演日程
7月8日(火)
 19:30 育成<公開リハーサル>
9日(水)
 14:00 育成 / 19:30 東京の人<公開リハーサル>
10日(木)
 14:00 育成 / 19:30 東京の人
11日(金)
 14:00 東京の人<平日昼割> / 17:00 育成 / 20:00 東京の人
12日(土)
 14:00 東京の人 / 17:00 育成 / 20:00 東京の人
13日(日)
 13:00 育成 / 16:00 東京の人 / 19:00 育成
14日(月)
 14:00 東京の人<平日昼割> / 17:00 育成 / 20:00 東京の人
15日(火)
 14:00 育成 / 17:00 東京

※育成組と東京組によるWキャスト公演みたいな感じです。

■チケット料金
東京の人:3000円
<平日昼割>:2500円

育成:2500円

公開リハ:1500円
(当日は +500円)

★リピーター割引 1000円引き
(2回目以降観劇の方)

■出演
○東京の人
市原ユウイチ
加藤好昭(劇団820製作所)
小池首領(9-States)
荒井るり子
印田彩希子
工藤一学
大谷由梨佳

○育成チーム
川口明男(超現実サークル)
荒井幸夫
葛原静香(劇団全快転)
セガワケイ(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
傍嶋史紀(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
中江聡(札幌ハムプロジェクト★東京支部)
渡辺友加里(札幌ハムプロジェクト)

■ご予約
チケット予約フォーム:http://bit.ly/1jn9ATs
メール:hampro.tokyo@gmail.com

■公演ブログ
稽古場日記も更新中!



★『東京の人』とは
東京の役者"109人"と出会うための演劇カンパニー。 創作システムの学習、人との交流を目的とし、脚本・演出すがの公が一ヶ月間東京に滞在し、執筆と演出を行うことにより、脚本・演出力の向上にも期待しています。
2009年、5月旗揚げ。

→スーパーバイザー(SV)係??
『東京の人』は、主宰すがの公が札幌の人なので、”スーパーバイザー係”システムを採用し、その係の人に、東京の人たちを集めて貰って公演をします。次回のスーパーバイザー係はまた違う東京の人で、また違うメンバーを集めていただきます。
今回のスーパーバイザーは大谷由梨佳さんにお願いしました。
[PR]
by jet-beetle | 2014-06-11 00:36 | 雑記 | Comments(0)