「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

e0161872_15435252.jpg


こんばんは。市原ユウイチです。好きな一角は氷山の一角です。

圧倒的に11月が終わります。ほとぼりが冷めるか冷めないかのこのタイミングであらためて『國富家の三姉妹』について書いておきたいと思います。とても偏ってるし自分の内面のことだけど、ほら、文字に起こして自分の中で整理したいだけだから(震え声)。


悩み迷いながら作品に臨むのはいつものことなのですが、今回は役のことや技術的なことより、自分の在り方で悩む部分がいつも以上に大きかったように思います。

特に役作りの仕方。人と自分を比べて自分の方が劣っているように思ってしまう自虐的性格のため、他の役者さんたちが、僕が理想としつつ今は全く出来ていないやり方で役を深め、作品を深めていくのを見てズーン。そこで刺激を受けて「よーし俺も!」となりゃいいのだけど、拗ねたり塞ぎこんじゃうのが市原クオリティ。みんなみたいに出来ない。やりたいように出来ない。身体が脳の命令を聞かない。これでしばらく足踏みしました。
結局、自分はこれでやってきたじゃん、これでいくしかないじゃん、って納得できたのが本番2日目。でもそこでのネガポジ反転は凄まじかった。それまで何年も自分を縛っていたものから解放された。劇場に向かう電車の中でのこと。

でも、それもいろんな人からの励ましの声によるもの。人からの言葉に頼り、左右される。それが市原クオリティ(良くも悪くも)。打ち上げで、ある共演者から「今回の出演者の中であなたの演技が一番好き」って言われたのも救われた(しまてぃーありがとう)。

近年ないくらい賛のお声を頂く作品でした。自分の役と作品のバランスってなかなか取れたことがないんですが、今回は珍しく(もしかしたら初めてかもしれない)作品も役も内外から高い評価を頂きました。やっぱ苦しまないとダメなんだなぁ。

舞台演劇は生モノなのでその場で食べるのが一番美味しいというのは定説ですが、冷めても美味しく食べられる工夫をいくつかしておきました。撮影された映像を観た時のお楽しみです。余談ですけど。


共演者やスタッフさんとのことなど書いていくと色々キリがないので、その辺は折に触れて。
年内はもう人前で何かする予定はありません。ありがたいことに来年のお話も少しずつ頂いているので、諸々検討中です。
今回でようやく自分の目指す方向とか、自分の納得できる在り方が見つけられた感じがあるので……もう迷ったりなんかしないなんて言わないよぜぇったぁい。



e0161872_1520051.jpg

舞台美術を手がけた趙光さん描き下ろしのメンバーイラスト!ブラヴォー!



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2014-11-30 09:57 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは、市原です。夢は小さな公園にベンチを寄贈することです。

今日は丸1日完全フリーなのが先週の段階で判明したので

e0161872_0231550.jpg


近場かつ温泉地の雰囲気が味わえる鶴巻温泉をセレクトして、ふらりと、ひとり。

e0161872_0271027.jpg


だけど、あまりに浅い下調べで行ったもんだからお目当てのとこは休館。

どしよかしらん、と思いながら歩いていたら

e0161872_0292223.jpg

入るしか。




e0161872_030170.jpg

値段以上のもの、いただきました。


食休みしながら日帰り入浴施設を調べると、隣の東海大学前駅に一軒、発見。よしゃ、と。

鶴巻温泉にも無いわけじゃなかったんだけど、

e0161872_032366.jpg

敷居の高さに尻込み。


e0161872_0324328.jpg

一駅乗って初来訪、東海大学前駅。一路、目指す。湯を目指す。


e0161872_0332922.jpg

いい眺め。


e0161872_034156.jpg

着いた。

雨と寒さが露天風呂には良作用。温泉行ってもすぐ出ちゃう市原が、今日は45分がんばった(サウナ、室内、露天合わせて)。


温泉から上がって畳の上で休んでいると、僕のフェイスブックへの投稿を見たカトダイこと加藤大輔氏からメール。なんとあちらもひとりで小田原を周遊中とのこと。小田急線車内で合流して、共に帰路につく。

e0161872_0401023.jpg

1時間ほど喋り倒し笑い倒す(車内で)。

その後、約束があったので単身表参道へ。

e0161872_042252.jpg

これ。

大谷由梨佳氏と合流して、久方ぶりのスパイラルホールへ。

e0161872_0431844.jpg


e0161872_0441952.jpg


写真には写らない美しさ。

e0161872_0445691.jpg

ちょっと写った美しさ。


食って飲んで更には歌って。てっぺん迎える前に健全に帰宅。すばらしい1日だった。あと1ヶ月、がんばれよ!



世代的にとても安心する並び。
e0161872_048451.jpg





etk.

[PR]
by jet-beetle | 2014-11-26 00:14 | 雑記 | Comments(0)

國富家の三姉妹

e0161872_18325589.jpg


牧羊犬旗揚げ公演『國富家の三姉妹』無事に終演いたしました!

取り急ぎというには遅すぎますが、ご来場下さったお客様、ご協力いただいたスタッフの皆様、共に作品を作り上げた共演者の皆様、そして素晴らしい機会を下さった演出の渋谷さんに感謝します。ありがとうございました!!




etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-11-20 18:48 | 芸事 | Comments(2)
e0161872_2255507.jpg


こんばんは。行くも戻るも市原です。

初日にブログを書いて以来なんだかんだで書かずに来てしまい、気が付けば明日は千秋楽ぢゃないか。筆不精を謝りたい。いや、指で打ってるから指不精か。

ゆーわけで『國富家の三姉妹』7ステージまでが無事に終わりました。ご来場下さった皆様、本当にありがとうございます。狭い客席で申し訳ありません。開演が遅くなって申し訳ありません。最近寒いのは僕らのせいじゃありません。

「今まで観た舞台の中で一番よかった」「この値段じゃ安すぎる」」ちょっとダメージ食らいすぎた」「すぐにでも再演すべき」
といった全体への嬉しいお言葉や
「良い作品に出たね」「出番の多い少ないじゃなく、市原の良いところが出てた」「仕事してたねぇ」「登場人物の中で一番印象に残ってる」「かっこいい」「抱いて」
といった市原個人に対するご声援もあり(一部虚偽の疑いあり)、ほんとに、生きててよかったなぁと思います。

今回の稽古が始まる前から正直ずっと調子が良くなくて、ダウナーな状態を引きずったまま本番を迎えてしまいましたが、二日目かなぁ、舞台袖で息を潜めて開演を待っている時に初舞台の時から今日までの走馬灯を見てまして、あー俺死ぬのかなーなんて思ったりもしたんですが、それを見てる内になんつーか全てを肯定できたんですねー、はい。今ここにいたいと思えるのは、これまで出会ってきたものや人を愛してるからなんだなって。ちょっと前にある方から言われたことの意味がわかって実感できた。たぶん僕にしかわかんない感覚で書いてます。不親切をお詫びしたい。別に何かの宗教とかじゃありません。

明日、千秋楽です。お客さまに楽しいひとときを過ごしていただけるよう、最後までアレをアレします。写真はお客さまから差し入れでいただいたお煎餅。オーダーメイド!ブラボー!プレイ!プレイ!&プレイ!




etk.

[PR]
by jet-beetle | 2014-11-15 23:20 | 芸事 | Comments(0)

初日の幕が開いたのは

e0161872_11482257.jpg

こんばんは。門前小僧の市原です。

ゆーわけで昨夜、『國富家の三姉妹』が無事に開幕、初日公演を終了しました。ご来場下さった皆様に心から感謝しつつ、今日から日曜の千秋楽も一生懸命務めさせていただく所存にございます。


岩井俊二の映画とかスピッツのハチミツとかHUSKING BEEのFOUR COLOR PROBLEMとか、自分の死ぬほど大好きなものをどうやったら人に伝えられるだろうっていうのを最近考えます。どれほど好きかっていうのを。

実際に観たり聴いたりしてもらうのが第一ではあれど、そこに付随する個人的な思い出やそこから想起されるイメージ、空気までは伝えられたとしても共有するのは難しいんじゃないかなと思います。好きっていうのはそれも含めての好き、なわけだし。
(そもそも、共有は伝わった先にあるものなので伝えることとイコールでは、にゃい)

結局は「それぞれ」なのかな。10人いれば10の思い入れと解釈がある。完全に誰かに伝わる必要もない。思い出なんて一緒に過ごしてないと共有出来ないし。ただ自分の中で変わらずにそこにあり続ける。それでいいのだ。

ただ、30歳を過ぎて誰かと共有したい気持ちが自分の中で増していることは確かなようで。 あと、その気持ちを誰かに伝えられたとして、その相手が自分以上にそれを好きになってくれたとかサイコーだなと思ったりします。


今日は19時開演。どの回も劇場の定席を越えて補助席を出さなきゃならないほどの大盛況。旗揚げとはいえ、小劇場ではなかなかない状況です。
わずかながらではありますが、今ならまだお席をご用意出来ますのでご興味を持って頂けた方はご連絡をお待ちしております。



牧羊犬 旗揚げ公演
『國富家の三姉妹』
2014年11月11日(火)~16日(日)

【日程】
11月11日(火)19:00
11月12日(水)19:00
11月13日(木)19:00
11月14日(金)14:00/19:00
11月15日(土)14:00/19:00
11月16日(日)13:00

※開場は各開演時間の30分前です。

【劇場】
シアターグリーン BASE THEATER
豊島区南池袋2-20-4

【料金】
前売3300円/当日3500円
学生割引2800円(劇場受付にて学生証提示)

【脚本・演出】
渋谷悠

【出演】
玄里(アワーソングスクリエイティブ)
森実友紀
長谷川葉生(オスカープロモーション)

橋本仁(スパーツ)
島本将司(サイアン・インターナショナル)
市原ユウイチ
たっぴー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

藤原麻希
渡邊聡
黒川逸朗(office VAL)

【スタッフ】
照明:サイトウタカヒコ
美術:Hikaru Cho
制作:渡辺柚紀代(Beethoven)、ayako
製作:牧羊犬

牧羊犬HP


10年前のあなたはどこで、何をしていましたか?
10年前といえば、マイケル・ジャクソンは生きていたし、
iPhoneは存在していなかったし、
「絆」や「頑張ろう」という言葉に特別な意味な無かったし、
ドラえもんの声は今や懐かしいダミ声だったし、
消費税は5%だった…。
世の中こんなに変わるのだから、一つの家族にも様々な変化が訪れます。

三姉妹の過去と現在を紡ぐ、笑いあり涙ありの家族劇。




etk.

[PR]
by jet-beetle | 2014-11-12 12:24 | 芸事 | Comments(0)
見てくれてる人がいて、観に来てくれる人がいる。それだけが今の僕の救いです。本当にありがとうございます。


「作品をつくるとき、何に向けての愛情か、様々な対象があると思います。その愛情はきっと舞台の上で目に見えてしまうと思います。どの対象か、まではわからないにしても、それが色やムードになってしまう気がします。」

敬愛する怪優・小野寺ずるちゃんのツイートを無断転載する不幸をお許し下さい。でもこれはほんとに。


e0161872_1471918.jpg

ゆーわけで、本日劇場入りしました。セットが立って音が入って光が入って。そこでようやく、今回の舞台における自分の役割や使命みたいなものを自覚することがあります。おせーよ。いや、最後の仕上げはそういうものだったりします。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-11-11 01:50 | 芸事 | Comments(0)

Negative Cozilass

e0161872_22372719.jpg

こんばんは。中森明菜です。

小屋入り前日が稽古オフ日という異例のスケジュール。後輩とスタジオに入り、その後は無事に手術の終わった友人のお見舞いへ。

日曜日の夜に在宅していることも異例なので変な感じ。もやさまって日曜のゴールデンにやってるんだ、とか。

今週火曜に開幕します市原出演の『國富家の三姉妹』。関係者のご尽力により8ステージ中半分が完売、もしくは間近。ベテランや大手事務所の方が多く出演しているのもあるかもしれません。

なんで役者をやるのか、どうして人前に立つのか。ただただ作品を、役者を、照明音響効果を楽しんでほしい、楽しませたいというただそれだけなんですよね。根っこは。楽しんでもらえればこっちも救われるってもんで。どんなつらい過程も何のそのっていう。

この10年、失うものばっかだなって思います。簡単に失うものなんて最初っから手に入れてなかったんだよ、なんて嘯く強さがあればいいのですが、何かを失ったり誰かが離れていったりする度に自分の努力の足りなさを思ってしまいます。いい年して自責なんて、と誰かの笑う声が聞こえます。こだまでしょうか。いいえ、誰でも。

ぷりーず・かむ・とぅ・まい・すていじ。あい・うっど・えんたーていん・ゆー。今月に入ってからずっとthe pillowsのトライアルを聴きながら考えています。



-----------------------------------

牧羊犬 旗揚げ公演
『國富家の三姉妹』
2014年11月11日(火)~16日(日)

【日程】
11月11日(火)19:00(キャンセル待ち)
11月12日(水)19:00(完売間近)
11月13日(木)19:00
11月14日(金)14:00/19:00
11月15日(土)14:00(完売間近)/19:00
11月16日(日)13:00(キャンセル待ち)

※開場は各開演時間の30分前です。

【劇場】
シアターグリーン BASE THEATER

【料金】
前売3300円/当日3500円
学生割引2800円(劇場受付にて学生証提示)

【脚本・演出】
渋谷悠

【出演】
玄里(アワーソングスクリエイティブ)
森実友紀
長谷川葉生(オスカープロモーション)

橋本仁(スパーツ)
島本将司(サイアン・インターナショナル)
市原ユウイチ
たっぴー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

藤原麻希
渡邊聡
黒川逸朗(office VAL)


10年前のあなたはどこで、何をしていましたか?
10年前といえば、マイケル・ジャクソンは生きていたし、
iPhoneは存在していなかったし、
「絆」や「頑張ろう」という言葉に特別な意味な無かったし、
ドラえもんの声は今や懐かしいダミ声だったし、
消費税は5%だった…。
世の中こんなに変わるのだから、一つの家族にも様々な変化が訪れます。

三姉妹の過去と現在を紡ぐ、笑いあり涙ありの家族劇。

【公式サイト】
これ。



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-11-09 22:36 | 芸事 | Comments(0)

LOSTMAN GO TO 養老渓谷

8年ぶりのご無沙汰でした。市原です。


e0161872_12472523.jpg

名古屋からご当地グルメの贈り物をいただきました。ゴーストさんありがとうございます。大学4年の時に友達と愛知万博に行ったのが唯一最後だからもう9年。また行ってみたい土地の一つではあります。


いくつか前の記事で、グイグイ前に出られない自分のような者が生き残るにはそういう前しか向けない人たちの背中を刺しに行くしかない、というようなことを書きました。
しかし、背後から刺すというのが具体的にどういうことなのか答えが出ずに考えあぐねすちゃんでしたが、去年出演したある舞台のことを思い出していたら、いました。そのお手本のような役者が。そうだ、あいつだ。視界がパッと開けた気がした。


e0161872_139867.jpg



気が付けば『國富家の三姉妹』本番まで一週間でした。プロモーションに苦手意識の強い市原は例のごとく集客に苦戦していますが、日曜の千秋楽に関しては残席僅かで、あんまり増えると普通の席より座り心地の良い補助席(マジらしい笑)を出さなきゃならんぞ、っていう状況。ご希望の方はお早めに。


昨日は3度目の通し稽古でした。昨日の段階だと上演時間は111分。予想してたより長いですね。SFだのアクションだのといった派手なシーンのない会話劇なので、こちらが集中してやらないと観る側を置いていってしまいます。でも回を重ねるごとに進化と発見があって、でそれがまた深い。昨日もある台詞を耳が拾って「うわ、女って怖っ」とか思ったり(笑)。
あと1ヶ所、稽古場で観ててもカッコいいシーンがあって、これ劇場に入って光や音の効果が入ったらどうなってまうんやろ!?って思って一人ワキワキしてます。でも男としてはちょっといやーな気持ちになるシーン(笑)。


映画でも舞台でも、何ならニュースで流れる遠くの出来事でも、自分のことじゃないや、で済ませてしまえばそれで終わりです。が、それを自分のこととして捉える想像力が人生や感性を豊かにし、時には自分の身を助けることがあるんじゃないかなと思います。この作品にもそんな言葉がたくさんあります。ぜひ見つけに来て欲しいと思います。ちょっとトイレ行ってくるね。



etk.

------------------------------------

牧羊犬 旗揚げ公演
『國富家の三姉妹』
2014年11月11日(火)~16日(日)

【日程】
11月11日(火)19:00
11月12日(水)19:00
11月13日(木)19:00
11月14日(金)14:00/19:00
11月15日(土)14:00/19:00
11月16日(日)13:00

※開場は各開演時間の30分前です。

【劇場】
シアターグリーン BASE THEATER

【料金】
前売3300円/当日3500円
学生割引2800円(劇場受付にて学生証提示)

【脚本・演出】
渋谷悠

【出演】
玄里(アワーソングスクリエイティブ)
森実友紀
長谷川葉生(オスカープロモーション)

橋本仁(スパーツ)
島本将司(サイアン・インターナショナル)
市原ユウイチ
たっぴー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

藤原麻希
渡邊聡
黒川逸朗(office VAL)


10年前のあなたはどこで、何をしていましたか?
10年前といえば、マイケル・ジャクソンは生きていたし、
iPhoneは存在していなかったし、
「絆」や「頑張ろう」という言葉に特別な意味な無かったし、
ドラえもんの声は今や懐かしいダミ声だったし、
消費税は5%だった…。
世の中こんなに変わるのだから、一つの家族にも様々な変化が訪れます。

三姉妹の過去と現在を紡ぐ、笑いあり涙ありの家族劇。

【公式サイト】
これ。

[PR]
by jet-beetle | 2014-11-04 13:20 | 芸事 | Comments(2)