本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Someday My Princess Will Come

e0161872_23283832.jpg



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-03-29 23:57 | 雑記 | Comments(0)

Green Dragon

e0161872_23592255.jpg

ペットボトルのハーブティーでこんなに美味しいのは初めて。箱買いしたい。


etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-03-28 23:44 | 雑記 | Comments(0)

I Shall Be Released

うれしい!楽しい!こんばんは!

というわけで(群雄割拠を経て)先日、生まれて初めてのバレエパフォーマンスが終わりました。以下、徒然に。



・落ち着きとか平静といったものが皆無な本番だった。そんな状態なもんだから、ただでさえ苦手な右と左の認識がめちゃくちゃになり、1ステ目も2ステ目も右手右足、左手左足は暴走しっぱなしだった。

・リハ日も当日も忘れ物が多かった。準備したいのに出来ないことも多かった。本番前夜には花粉症の薬を飲み忘れた。駅まで行くのにいつも以上に時間がかかって電車に乗り遅れた。面白いくらいいろんなペースが狂った。

・本番力を信じちゃいけないんだなって思った(小並感)。

・およそ半年に亘る稽古期間。最も辛かったのは、鏡に映る醜い自分を直視しなきゃいけないことだった。

・舞台に立つ度に受けるダメージが、年々大きくなっている。気がする。

・アウェーーイ。先月の舞台に引き続いて女性ばかりの座組に俺一人。アウェーーイ。
しかし、居心地の良さが表現をやる上で必要だろうか、と常々思う。日常で感じる不足や不自由が人間を表現に向かわせる要素だとも思う。そこから解放される場所が舞台の上だったとしたらそれは幸せなことなんじゃなかろうか、なんて。

・喜びは一瞬、苦しみは蓄積されてくなぁと思ってしまう。や、別に暗くなってないっす。

・本当に近しい友人にだけ観てもらいたいと思っていたら、本当に近しい友人が2人、こちらから連絡する前に連絡をくれて観に来てくれた。そして感動や何かしらの発見をして帰ってくれた。これは本当にうれしい。
そして劇団時代から僕のへっぽこダンスを見てきたキタノソラさん(写真2)。「あのえっちゃんが…」と感極まってくれた。

・自分で自分に点数つけたらあきまへん。自分はただ最善を尽くし、そこにあるものすべてを感じて芸に向かうのみ。

・ちかれたビー(・ω・)

e0161872_23554759.jpg

e0161872_23554783.jpg

e0161872_23554617.jpg



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-03-26 00:15 | 芸事 | Comments(0)

40秒間のパンク、その1

こんばんは。鋼鉄の救世主(メシア)改め市原ユウイチです。


まだ4ヶ月もあるな〜なんて思っていたら、あと1週間でバレエのパフォーマンス本番。月日とかまじ百代の過客だし。


踊る自分を撮った動画を見ていると、はっきり言って色んなものが足りないなぁと痛感します。美しさ、優雅さ、余裕といった大きなことから、つま先の伸び、表情、手どこに持ってってんだ、5番に降りろよバカ、といった細かいところまで。
この間などは動画を見ていて「躍動感がなさすぎる!」と絶望して、次の稽古では高く飛ぼうと思って臨んだのですが、それはちょっと違うんじゃないかとも思ったのです。高く飛びたいと思うのと、高く飛ぼうとして踊るのは全然違う。やろうと思ったら駄目。気持ちの結果、なってしまった、みたいなラインが正解な気がします。正解なんてあるようでないんでしょうけども。


30を過ぎて痩せにくくなりました。髪も薄くなってきました。胸の内に秘めていた熱いものもだんだんとその熱を冷ましてきました。オールでカラオケとか罰ゲームでしかありません。何故そんなお年頃に、顔に似合わぬバレエなんぞ始めたのか。いろんな人に訊かれます。一言で言ってしまえば、言葉を使わない表現方法の探求。そして自分の身体と向き合う機会を持ちたかったといったところでしょうか。


舞台でダンスがある度にどこの座組に行っても笑われる市原のダンス。
「振りは合ってるけど何か違う」らしい市原のダンス。
そこにコンプレックスがなかったと言えば嘘になりますが、だからと言ってダンスが上手くなりたくて始めた訳ではありません。モチベーションの起源はゴールデンボンバーやももクロの【パフォーマンス】に強く魅かれたのと、即興芝居をやる時の弱点である【喋って何とかしようとしてしまうこと】の解消。


話は逸れますが、昨日のレッスンにかつての生徒さんが6歳になる娘さんを連れて見学にいらっしゃいました。その娘さんのリアクションがまた素晴らしくて!ノリの良い曲の最中には「イェイ!」なんて合いの手を入れてくれたり、女性陣が踊るのを見て「かわいー!」って言ってくれたり。子供は素直。楽しければ楽しいリアクションをしてくれる。あと、観ながら真似してつま先で立ってるのも愛らしかったですね。

中でも僕がハッとさせられたのは、僕らが舞台上をぐるぐる回る時に起こる風を、彼女が客席側から手を伸ばして受けようとしていたこと。これはもう、ね。何でしょう、言葉になんねぇ。でも非常に感動したんだオイラは。一人称変わるくらいにな。トイレ行きたくなっちゃったから今日はこの辺で。写真は白米ではなく大根おろしです。
e0161872_2223611.jpg




etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
NORIKO BALLET STUDIO Performance 2015

【日程】
3月22日(日)
16:30~
19:00~
(上演時間は各1時間程度を予定)

【会場】
東北沢アモールテディオス
世田谷区北沢3-3-11
小田急線東北沢駅より徒歩5分

【料金】
無料
[PR]
by jet-beetle | 2015-03-15 09:00 | 芸事 | Comments(0)

世紀末の頃

こんばんは。腹が減っても戦はしたい。市原です。


早速ですが、バンドのブログが更新された模様ですのでお知らせします。


突然ですが、幼稚園の頃にした恋の話を思い出したので書きます。
年少組の頃。ある女の子のことを可愛いと思い仲良くなろうとしましたが、その子には幼稚園に入る前から仲の良い、同じマンションに住む男の子がいました。僕が彼女にアプローチしようとする時には決まって彼がその子の隣にいて、僕の入る隙などこれっぽちもありませんでした。思えばあれが人生初の恋の痛手だったなぁ、と。結局あきらめるしかなかったその恋はまるでなかったことのように泡沫。それだけっす。


私事ですが、引っ越そうかな、引っ越したいなと思うことが多々あります。今の部屋に棲み始めて7年半(!)。経済的な理由以外にも、アクセスの良さやら何やらいろんな理由があって引っ越しを考えることなんてあまり無かったのですが、最近は古くからの建造物があったり文豪ゆかりの地でもあったりする文京区や千代田区に棲んでみたいなぁなどと思うのです。


少し前の話ですが、とある演出家さんに頭を抱えさせてしまった話はしましたっけ? しない方がいいか。


31年生きて分かったことですが、他者への共感や尊敬が欠如している人は嫌われます。思いやりは想像力だ。


e0161872_21112247.jpg

僕は6。最後以外は当たってる。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-03-11 00:57 | 雑記 | Comments(0)

贅沢な本能

e0161872_232211.jpg

良くも悪くも生き急いだ生き方はしていないし、してこなかったなと思ったのでメモ。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-03-06 18:48 | 雑記 | Comments(0)

傷だらけの無傷

e0161872_0451467.jpg

こんばんは。毎度おなじみ流浪の民、市原です。写真は先日のバンド練習の際の1枚。


アフリカ大陸全土を揺るがした財布紛失騒動から3日。財布は無事に帰ってきました。現金カード共に全くの無傷で。


紛失から3日後の朝に保管しているとの連絡が警察からあり、圧倒的安堵の中で引き取りに行きました。やはりポケットからするり落ちていたようです。ご心配下さった皆さま、そして駐在所に届けて くれた25歳くらいの青年(急いでいたらしく、名も告げずに去ったとのこと)に心から感謝します。


そんなことはあくまで前口上でしかなくてですね。
昨年11月に上演され、市原が出演した作品史上でも類を見ないくらい多数の賞賛をいただきました舞台『國富家の三姉妹』。それを小劇場ではあり得ない4台ものカメラを使って映像化。その上映会が決定しました。
各回とも完売続出でご覧頂けなかったお客さまや、また観たいというお客さまのお声に応えて、ちゃんとした会場をご用意、さらには女優陣と演出家によるトークショーもあります。

牧羊犬 旗揚げ公演『國富家の三姉妹』上映会
日時:3月11日(水)&12日(木)
各日19時開演(18時半開場)

会場: SARAVAH(サラヴァ)東京
〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
Bunkamura近く。渋谷駅徒歩7、8分。

チケット代:
前売り…2300円ワンドリンクつき(当日精算)
当日…2500円ワンドリンクつき(当日精算)

予約用チケットフォーム

または電話03-6427-8886(月~金(祝日を除く)の16:00~19:00)でご予約いただけます。

そしてなんと!
『國富家の三姉妹』予告編。



行くしか!!




etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-03-04 00:29 | 芸事 | Comments(0)