「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2015年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

いのち波照間で。


こんばんは、趣味の陶芸作品・市原ユウイチです。

ゆーわけで、俺の3日目兼Aキャスト2日目が1人の死傷者を出すこともなく終了。ご来場下さったお客様への感謝の言葉を申し上げ出すとキリがないので、明日からの芝居でお返しすることでお許し下さい。

なんだか不思議な作品、不思議な座組です。やる度に発見があって、日を追うごとにみんなのグルーヴ感が増していって(この言葉久しぶりに使ったわ)。
若い役者が多いからなのかな。座組も作品もすごくエネルギッシュ。すごく触発される。自分の底力を確認する日々。

連日多くのお客様が抱かれる感想の通り、確かに重い作品です。事実といわれていることがモチーフでありテーマになっています。でも僕らはそれをテレビで見たり学校で習ったりしただけで実際に目にしたわけじゃない。
じゃあ僕らのやってることは何なのか。知りもしないことを?見てもいないことを?

別に泣かせたいわけでも高らかに謳いあげたいわけでもない。ただ、僕らが前へ進むパワーの出どころだったり、僕らの国はどういう経緯を経て今があるのか、生れながらにして手にしている幾多の幸せの意味は、それを探りたい、想像したい、確かめたい、何なら対話したい。そのきっかけなんだと思う。そうなればなって。

「こういう作品は一時的にではなく、続けていくことが大事」
「言論封鎖が進んで、こういう芝居ができない世の中になるかもしれない。稽古場も劇場も貸してもらえなくなるかもしれない」

今日観に来て下さった先輩の言葉に言い知れぬ不安を覚えた。僕らの背負っている過去は重い重いものかもしれないけど、それは未来へ踏み出す力強さに比べたら大したものじゃないんだ、そうだろ?デイビッド。



etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時(終了!ありがとうございました!)
27(水)19時(終了!ありがとうございました!)
28(木)14時/19時(終了!ありがt)
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時(完売御礼キャンセル待ち)
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也(火・木・土曜のみ出演)
米村拓彰(水・金・日曜のみ出演)
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑早紀(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実
狩野美彩子(水・金・日曜のみ出演)

玉城莉奈
金城怜奈(火・木・土曜のみ出演)
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際のふを舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!





[PR]
by jet-beetle | 2015-05-29 01:35 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは、市原ユウイチです。

ゆーわけで、tetsutaro produce『雨ウツ音ナリツヅ9日々』無事に初日の幕が上がりました。ブラボー。ばんざーいばんざーい。ご来場下さった皆様に厚く御礼申し上げます。ツイッターのTLに流れてくる皆様の感想に目を通しながら感謝のアレを噛み締めています。

朝から場当たり→ゲネプロ→本番という流れは意外と身体にくるものがあり、特にゲネプロ終わりに襲ってきた疲労と眠気はさすがに不安になるくらいのそれがありましたがいやはやなんのその。
開演前にバレエのお師匠様から頂いたメールに「遺作になってもいいと思える作品です!」とお返事したら、「代表作にしてね!」と言われて非常に心が軽くなりました。

とにかくパンク、とにかくロック。イメージの源泉は演劇にはない。高校生の時に見たハイロウズの、ブランキーの、ミッシェルのライブ。そして今はスカパラの“MONSTER ROCK”が頭の中でエンドレス。

明日もいつも通り。今日よりもっと。チケットはまだまだ死ぬほど余ってるんだ。親兄弟を質に入れてでも来てね!



etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時(終了!ありがとうございました!)
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也(火・木・土曜のみ出演)
米村拓彰(水・金・日曜のみ出演)
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑早紀(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実
狩野美彩子(水・金・日曜のみ出演)

玉城莉奈
金城怜奈(火・木・土曜のみ出演)
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際のふを舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!




[PR]
by jet-beetle | 2015-05-26 23:44 | 芸事 | Comments(0)

男はつらいよ

e0161872_08105502.jpg
こんばんは。恐れを知らぬ市原ユウイチです。

最後の稽古が終わりました。長かったような短かったような今回の座組も、いよいよお披露目に向かいます。熱出るくらい緊張した顔合わせが昨日のことのよう。

急遽決まった一部Wキャストも当初はどうなることかと不安でしたが、米村さんと美彩子ちゃんの急速な追い上げにより、どちらの回を観ても魅力あふれるパフォーマンスとなりそうです。
個人的に、何度観ても悲しくなって涙が出てしまうシーンがあるります。噛んじゃった。あります。

作品はほぼ完成。だがしかーし。まだ足りないピースがある。イッツお客さん。ライブである演劇は観客の存在や反応があって初めて完成する。します。僕の泣いちゃうシーンをお客さんはどう観るのか、楽しみです。

残念ながらどの回もまだまだ席に余裕がある状況。一族郎党を質に入れても観に来て欲しい作品とパフォーマンスなので、今からでも遅からず。市原までご一報を。

e0161872_01463487.jpg
左から、狩野美彩子ちゃん、ヤク中みたいな著者、塩澤葉子ちゃん。おっさん扱いされてるけど負けない!


etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也(火・木・土曜のみ出演)
米村拓彰(水・金・日曜のみ出演)
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑早紀(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実
狩野美彩子(水・金・日曜のみ出演)

玉城莉奈
金城怜奈(火・木・土曜のみ出演)
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際のふを舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!





[PR]
by jet-beetle | 2015-05-25 07:12 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_08255471.jpg
e0161872_08261353.jpg

e0161872_08264547.jpg
e0161872_08272314.jpg


etk.




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑早紀(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)

米村拓彰(水・金・日の公演のみ出演)
狩野美彩子(水・金・日の公演のみ出演)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際のふを舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!





[PR]
by jet-beetle | 2015-05-23 08:15 | 雑記 | Comments(0)

摩耗とミモー。

劇場稽古2日目、了。

やはりネジが緩んできている。それは別に精神的にたるんでるとかではなく、何度も稽古を重ねてきて新鮮さを失ったり、有効だった手がそうでなくなってきたりしているという意味での。いや、精神的なたるみも否定は出来ないな。

個人的に、本番10日前くらいに色々な意味でのピークを迎える傾向がある。そこから落ち着いたりトーンダウンしたりして本番突入、みたいな。ペロ、みたいな。良く解釈すれば、粗熱を冷まして本番を迎えようとしているのかもしれない。無意識に。

(役者同士の)斬り合いのシーンはいい。複数人でボールを運ばなきゃいけないシーンが大変だ。1人だけ成立していても意味がない。自家発電ばかりだと阿呆らしくもなる。だがそれも役者の妙な自意識で、外から見れば違和感なく見えていたりもする。役者はただただ、演出を信じるのみ。

学生時代から数えたら13年、会社員だった1年を除いても12年。今までで一番芝居のことばかり考えて毎日過ごしている。自分でもびっくりするくらい。四六時中、あのシーンのあそこはこうだ、あそこはもっとこう居ないといけないんじゃないか…etc。

この市原がそれだけ打ち込んでる訳だから、これは一見以上の価値があるに決まってると断言する。するよ、あたしは。誰だよ。



e0161872_01244152.jpg
休憩時間に食べたキッチン南海のしょうが焼とメンチカツの盛り合わせライス。
下北沢で舞台をやる時は、南海、珉亭、ぼくせい、ディスクユニオン、ドラマのバミューダ五角形が出来上がる。



作品の話をしましょう。今回の作品のモチーフは太平洋戦争末期の沖縄。あくまでモチーフ。最近もニュースで度々戦争の特集をやっているのを目にします。だって今年は終戦70周年。

今回の座組には沖縄出身者が4人いるが、実際に戦争を体験した人間は1人もいない。そんな僕らがどうやって戦争というものを、そこに生きた人間を表現し、伝えるか。
僕の役柄は現代人なので、戦時サイドの芝居を舞台袖や客席で観ていることが多い。彼らの芝居を観ていて思うことは、生きたいのに生きられなかった人たち、やりたいことをやれなかった人たち、愛する人と一緒にいられなかった人たちの想いを背負って現代シーンを作り、ハッピーな未来へ紡いでいかなきゃいけないんだってこと(劇中ではバカなことばっかやってるけど)。

想像すること、自分のこととして考えること。何事もそれがでーじなんじゃねぇかな。トイレに行きたくなったので今日はこの辺で。



etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑早紀(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)

米村拓彰(水・金・日の公演のみ出演)
狩野美彩子(水・金・日の公演のみ出演)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際のふを舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!




[PR]
by jet-beetle | 2015-05-20 02:08 | 芸事 | Comments(0)

充血

劇場入りでした。
e0161872_23304855.jpg

おろ?本番来週じゃね?と思ったあなた。正解。
しかし我々ラッキーボーイズ&ガールズ。この期間、たまたま劇場が空いていたらしく、本番までの1週間を劇場で過ごせる運びとなってラブリー。ピース。

しかし、疲れた。疲労がひどい。仮セットを組み、芝居を頭から全シーンさらっていくあれこれ。やはり劇場に入ると余計な力が入るからだろうか。それとも劇場の持つ力だろうか。わがんね。わがんねぇけども、とにかく疲れた。

疲れると芝居が雑になる、他人への思いやりがなくなる、雑念に惑わされる、など良い事がない。現に今日も。反省すべき点、多々。自分の中にいる神様に顔向けできることをせねば。

チケットが死ぬほど余っています。やはり芝居は興行。客入りが悪ければ上演も出来ず次回も打てず、私は廃業せざるを得ない。しても誰も困らない。俺一人が困るだけ。
どうしたら売れるんだろう。どういう風に売ればいいんだろう。興味を持ってもらえるんだろう。そんなこと考えてる間に夜の街へ繰り出せ。そんでチケット1枚でも売ってこい。覚悟の所在について考えている。
そんな苦労も見えないくらい明るく楽しく元気よくやります。どうか観に来て下さい。苦労が見えたら、叱って下さい。



etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑さき(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際の沖縄を舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!




[PR]
by jet-beetle | 2015-05-18 23:44 | 芸事 | Comments(0)

京都買います

ハロー、ヤングラヴァーズ。市原です。

最近の更新頻度にしては少し、少しく間が空いてしまいました。理由は色々ありますが、そんなことは書くだけムダムダ。当時23歳の僕が「知りたいと思うことのほとんどは知らなきゃ良かったことだ」って言ってるくらいですから。

その間の市原といえば、ゴブ沙汰していたゴブリン串田氏のミニシアターを観覧。今回は麻生かなちゃんの活動休止前最後の出演ということで麻生かなピックアップVer.。短編数本の全てに出演し、彼女を笑かさんとするゴブさんとの争いを繰り広げていました。それを観ている客席もだんだんと麻生ちゃんを笑かしてやろうという気持ちが生まれてきて、気付けば軽い共犯者。長年の付き合いだからこそ笑える部分も含めて楽しませていただきました。
終演後は打ち上げにも同席させて頂き、同回に来場していた坂本明子ちゃん、加藤夏子ちゃん、斉藤さんさんといった懐かしい面々、ずっとご挨拶しそびれていてお話ししてみたかった白玉さゆりさんなどともワイワイキャッキャし、てっぺん越えてご帰宅した次第。関口ふでさんの、シーンに対する覚悟と責任感があの面白さの裏にあるものであるような気がして。

稽古の話。金曜日に粗通しをしました。粗かったですが、パワーと元気とアクシデントを楽しむ気持ちで乗り切る。拾うべき情報もあれば、スルーしたり泳がせておいたりすべき情報があるなぁと。
あるシーン中、共演者の石上卓也さん(こんなに面白い役者さんに出会うのも久しぶり)が、僕のやったある事に対して、そのシーンの最後で拾ってくれたことがありました。僕はそれが嬉しくて嬉しくて。

なんつーか、僕はよく反応の速さを評価されることがあるんですが、それは投げられた球を即打ち返してるだけなんです。ほんとはもっと、投げられた球をしばらく自分の手の中で遊ばせたりリフティングをしたりしてから返すような技術と余裕が欲しい。それを卓さんがやってくれたから市原はハッピーになった。なり果てた。拾うっていうのはそういうことだ。僕も観客はもちろん、相手役をハッピーにするアクトをせねばとかたく夜空に。


etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑さき(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際の沖縄を舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!




[PR]
by jet-beetle | 2015-05-18 14:44 | 芸事 | Comments(0)
e0161872_23335282.jpg
こんばんは、市原です。唯一の自慢は万引きをしたことがないことです。写真は実家の母から送られてきた葉山の海に落ちる夕陽です。



稽古の日記が続いたから今日も稽古だと思ったでしょ?稽古じゃありませんでしたー!ざまぁwwwwww
とはいえ稽古でした。何の。そう、バレエ。先週行けなかったので2週間ぶりの、そう、バレエ。

先生曰く、芝居の方に脳が切り替わっていたためか、身体のバランスも取れて普段よりも高く立てていたそうな。抜けてしまっていたことも多々あったけど、確かに新鮮な感じでやれていた気がする。芝居もそうだけど、毎回新鮮な気持ちでやれたら最強だな。


わたくし市原、今年で32歳になるんですが、未だに出来ないこと、知らないこと、まだ見たことのないものばかりです。自分より年若い人が出来ることを出来なかったり、知ってることを知らなかったりする度に己を恥じたりもしますが、その実、まだまだ世界は広がっているんだな、自分にもまだまだ余白が残ってるんだなという喜びを感じます。
2002年、大学に入学して初めて吉祥寺に来た時の、あの世界が広がる感じはまだまだ終わっちゃいないのだ。


そうそう、書き忘れていたけど日曜日にはほんっとーに久しぶりにバンドメンバー全員が集まってスタジオで音合わせしたんだった。

最初の方こそブランクを感じさせる息の合わなさだったけど、そこはもう10年以上の付き合いになるメンバーなので、ジャムセッションを重ねていくうちに息も合うように。で、この日録った音源の出来がなかなか悪くない。カッコいい。7月にはライブやりたいな。どこかの日曜日の昼間ってのはほぼ確定。


芝居のことも毎日考えています。ふと、こんだけ没頭していて、これが終わったら一気にガクーーーンと色んなものが下がりそうで怖いな、という考えが頭をよぎりました。だからと言ってガンガン舞台を入れていくのもそれは違うんじゃないかって思うので……あ、もう寝る時間?そんな時間?あ、そう。じゃ、最後に。僕は一流の喜劇俳優、性格俳優と呼ばれる人になりたい。そんな片鱗が見えたらいいなと思います。楽しんでもらえるよう努めますので是非。



etk.


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑さき(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際の沖縄を舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!




[PR]
by jet-beetle | 2015-05-14 00:28 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは。市原ユウイチです。

今日も今日とて稽古でした。がその前に、昨日書いた映画『セッション』を観に行ってしまいました。稽古は夕方からだし場所も新宿から歩いて行けるしちょうどええわ、って。小学校以来、フットワークが重くなりがちな市原も、周りにいる人の影響を受けて行動派になりつつあるようですブラボー。

で、映画。音大に入学したばかりのジャズドラマー志望の主人公が、そこの鬼教授に認められて彼のバンドに迎え入れられるところから物語は始まってゆくのですが、そこからの鬼指導っぷりがもう。理不尽な罵倒や暴力、度を超えた要求などもう、ええ。その後の展開にも映像にもハラハラしっぱなし。
正直、ドラマーの端くれとして、っていうかドラマーを名乗ったりハッピーに楽しく叩いたりしてる自分に疑問すら感じる瞬間もありましたが、ラストのキャラバン長回しは息も瞬きすらも出来ないくらいの緊張感とエキサイティング。これは音楽をやってる人に限らず、芝居、踊りなど教師から教わることのある表現活動をしている人に観て欲しい。そんで色々話し合いたい。

e0161872_00003092.jpg

んで、自分の方のセッション(稽古)。自分のことにばかり目を向けている訳にいかないお年頃だし、作品を良くするために手段など選んでいられないので…そこだな。今回の課題。プロモーションと、自分以外のこと。

今回の市原個人の芝居は初めて市原の演技を見る人に対して名刺代わりになるようなパフォーマンスだと思います。だけど、ずっと市原を見てくれてる人のことももちろん楽しませたいのでそこはこれから試行錯誤していくところ。

毎回稽古後はすごく疲れている。脚とか太ももの内側が特に。年なのか頑張ってる証なのかそれとも。



etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑さき(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際の沖縄を舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!





[PR]
by jet-beetle | 2015-05-13 00:25 | 芸事 | Comments(0)

存在が犯罪

こんばんは。市原です。

稽古でした。場所が6、7年ほど前に野暮用でよく行っていた地域だったので懐かし、む暇もなく稽古。

前回お休みしてしまった間に追加シーンがあり、市原の打順も増えました。ありがたいことですが、意味があって追加になったシーンなのでその役割はしっかり果たさなきゃなと思うわけで。

練習や努力は裏切らないと言いますが、ことライブに限ってはあまりその練習に頼り過ぎるといかんよなぁと思います。あくまで目の前で起こっていること、話されている言葉に反応していかなきゃいけないので、最低限の用意をして臨むのは必要なことだけど、それ以上に用意されたものなんて所詮用意されたものでしかないっつーか。

そういう点において今日の自分はあかんかったなーと思います。いつも以上にシミュレーションしたり台詞の練習したりはしてるけど、その場で起きたことに対する取りこぼしが多かった。

今回の市原の役柄ですが、存在はボケなのに仕事はツッコミという矛盾に満ちた役です。
敢えて深く追求してみると、自分の存在に対する周囲からのツッコミが厳しすぎる余り、それをボケとして処理しないと自分の人格が保てないのかもしれません。あれ?でもそれって日頃の俺なんじゃね?という考えが頭をよぎり、観に来た知人からの「あれお前そのまんまだよね」という冷めたコメントを浴びせられる光景が目に浮かんだので寝る。

明日も稽古。『セッション』っていう映画がずっと気になってるので何とか観に行きたい。本番前に観に行って良かれ悪かれ影響されたい。



etk.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
tetsutaro produce
『雨ウツ音ナリツヅ9日々』

【日程】5/26(火)~5/31(日)
26(火)19時
27(水)19時
28(木)14時/19時
29(金)14時/19時
30(土)14時/19時
31(日)13時/16時
全10ステージ。
開場は各公演の30分前です。

【劇場】
下北沢Geki地下Liberty
(世田谷区北沢2-11-3-B1)

【料金】
前売3500円
当日4000円
ファンクラブ割2500円
学生割3000円

【作・演出】
新里哲太郎(劇団居酒屋ベースボール)

【出演】
藤田勇人
オザワミツグ
菊川はる
石上卓也
新里哲太郎
(以上、劇団居酒屋ベースボール)

夏川澄華(バクステ外神田一丁目)
川畑さき(バクステ外神田一丁目)

塩澤葉子
市原ユウイチ
与田智史
土屋梓実

玉城莉奈
金城怜奈
雲母翔太
宗政誠也
(以上、ワタナベエンターテイメントカレッジ)


“人としてのユーモアを忘れずに戦争というものを伝える”(企画書より)

終戦から70年を迎えるこの機会に、現代と現代を生きる作家が描く終戦間際の沖縄を舞台にした作品を上演します。

戦争を題材にはしていますが、重苦しく堅苦しくではなく、先にも載せたようなユーモアと明日を生きていく力を添えてお届けしたいと思っています。市原もいつも以上に弾けて作品づくりに臨んでいます。観に来てエブリワン!




[PR]
by jet-beetle | 2015-05-12 00:07 | 芸事 | Comments(0)