「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0161872_00145967.jpg

こんばんは、市原です。好きな地下鉄は絶望という名の地下鉄です。


ずいぶんブログをさぼってしまったなぁと思い、遅刻して教室に入るような気持ちで来ましたが、なんだ、3日しか空いてないじゃん。


この2日間、5年ぶりに出没した害獣とその処理に追われていました。すっかりメンタルをやられ、家は安心の場ではなくなりました。残念。神は空気を読まずに苦境と試練を私の頭上に投下される。


今日も『灰色の蝶』稽古でした。すこーしずつ座組も打ち解けてきて、ココロかよわせながら芝居づくりをしています。
ここ数年、芝居づくりの現場にいられる時間が幸せで幸せでなりません。上手くいかないことも多々あれど、それでも十何人の大人が同じ作品をつくるために同じ空間や瞬間を共有することの幸せを噛みしめたかったのに口内炎を噛んでしまった。痛い。つらい。帰りたい⚪︎

毎回キツいなぁと思います。その役を理解し表現するために自分の中の忘れていたいことや無かったことにしたいこと、目を逸らしたいことを掘り起こさなきゃならない。今回もそんな役です。普段は明るく何もないように振る舞ってるあたりは自分と重なりますが(笑)。


たまたま時間が出来たので東京国立近代美術館フィルムセンターと、その足で大学時代に所属した劇団円想者の11月公演を観に行きました。
e0161872_00145944.jpg

e0161872_00150051.jpg
円想者の写真ねー。

『酔いどれ天使』で主役を演じる際に黒澤明から志村喬に宛てて書かれた手紙には、時代を越えて励まされる思いがしました。

円想者。素晴らしかった。規模もやれることも想像を実現させようとする力も、僕が現役だった頃とは比べ物にならないくらい。自分のいた円想者が幻だったような気さえする。あの頃の僕らは今頃どうしてるんだろか。



etk.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

act I

劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集 第6部
『灰色の蝶』

「愛はお金で買えますか?」
お金に狂った世の中を風刺した問題作。
「僕たちは、ただ愛されたいだけだった」。
全国発売もされた、えのもとぐりむの代表作『フクロウガスム』誕生のキッカケとなったシリアスな舞台があなたを深い闇に誘う…

【日程】12月9日~19日
 9日(水)  19:00~
12日(土)  19:00~
13日(日)  13:00~
16日(水)  19:00~
17日(木)  15:00~
19日(土)  15:00~
(全6ステージ)

【チケット】
一般前売 4,000円
学生割引 3,500円
ファンクラブ割 3,000円
当日券 4,500円

【会場】
Geki地下リバティ
東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1F
下北沢駅南口から徒歩1分

【脚本】
えのもとぐりむ

【演出】
新里 哲太郎

【出演】
百瀬朔(ホリエージェンシー)
イマニヤスヒサ(ホリプロコム)
水原ゆき
市瀬美和(ディアーズ)
狩野美彩子(ダブルフォックス)
藤巻勇気
市原ユウイチ
油井大顕(ワタナベエンターテインメントカレッジ)

+劇団居酒屋ベースボール


劇団居酒屋ベースボールが11月から3ヶ月にわたって22作品を一挙上演するロングラン公演の1作品に出演します。

チケット予約フォームはこちら!

劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集



etk.


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
[PR]
by jet-beetle | 2015-11-24 00:06 | 芸事 | Comments(0)

囚われのあたくし

こんばんは。元気、やる気、市原です。


ゆーわけで『灰色の蝶』稽古2日目でした。

3ヶ月で22作品、1週間に2〜3作品が同時上演される鬼のようなスケジュールの企画なわけで、『灰色の蝶』キャストの中にも他作品が公演中、稽古中だったりしてなかなか全員は揃わないわけです。
が、いつ誰が戻ってきても対応できるように、むしろいつでも入ってきやすいような座組づくりをするのも役割かなと思います。おっとなー。俺おっとなー。

役者が変われば芝居も変わるもので、今日はメインキャストの水原ゆきさんが合流して読み合わせをしたのですが、イメージしてたのとは違った演じ方をする彼女の演技から引き出される自分の演技に「なるほど、こう来られたらこうなるのか」と、まるで他人事のように自分の芝居の違いを楽しみむした。何だむしたって。


1日に3つも4つも用事を入れるもんじゃないなぁと思います。疲れる。自部屋に帰ってきて2時間は立ち上がれない。それでもなんとか頑張って閉じそうな目でシャワーを浴びながら台詞を噛み砕いていると、中からふつふつと湧き上がってくるやる気、テンション、エナジィ。台本を読みながら寝落ちする幸せ。すべて幸せだ。



etk.





劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集 第6部
『灰色の蝶』
e0161872_17310292.jpg



「愛はお金で買えますか?」
お金に狂った世の中を風刺した問題作。
「僕たちは、ただ愛されたいだけだった」。
全国発売もされた、えのもとぐりむの代表作『フクロウガスム』誕生のキッカケとなったシリアスな舞台があなたを深い闇に誘う…

【日程】12月9日~19日
 9日(水)  19:00~
12日(土)  19:00~
13日(日)  13:00~
16日(水)  19:00~
17日(木)  15:00~
19日(土)  15:00~
(全6ステージ)

【チケット】
一般前売 4,000円
学生割引 3,500円
ファンクラブ割 3,000円
当日券 4,500円

【会場】
Geki地下リバティ
東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1F
下北沢駅南口から徒歩1分

【脚本】
えのもとぐりむ

【演出】
新里 哲太郎

【出演】
百瀬朔(ホリエージェンシー)
イマニヤスヒサ(ホリプロコム)
水原ゆき
市瀬美和(ディアーズ)
狩野美彩子(ダブルフォックス)
藤巻勇気
市原ユウイチ
油井大顕(ワタナベエンターテインメントカレッジ)

+劇団居酒屋ベースボール


劇団居酒屋ベースボールが11月から3ヶ月にわたって22作品を一挙上演するロングラン公演の1作品に出演します。

チケット予約フォームはこちら!

劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集
.






[PR]
by jet-beetle | 2015-11-20 23:12 | 芸事 | Comments(0)

SEXY COMEDY LINER

こんばんは。寝ても覚めても市原です。

ゆーわけで、『灰色の蝶』初稽古でした。

今回は役の背負うものが等身大の自分にはなかなか見当たらないので、今は引き出しの中をガッチャガチャにしながら捜し回っています。

よく「役になりきる」とか「演じる」とか言いますが、あんまりその感覚がわからなくて、言うなれば「自分の中にその役を見つける」というのが一番しっくりきます。

まだ始まったばかりなので確かなことは言えませんが、本番まで3週間弱しかない今回の稽古、試行錯誤は毎度のことですが、無駄な試行錯誤はできねーぞっていう緊張感を持って臨みたい気持ちでいっぱいだわ。私。今。




e0161872_01490149.jpg
先日、馴れない麻布十番で食べた鯖の一本焼。脂乗りまくりの逸品でござった。やはり鯖は冬よね。



etk.

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集 第6部
『灰色の蝶』

「愛はお金で買えますか?」
お金に狂った世の中を風刺した問題作。
「僕たちは、ただ愛されたいだけだった」。
全国発売もされた、えのもとぐりむの代表作『フクロウガスム』誕生のキッカケとなったシリアスな舞台があなたを深い闇に誘う…

【日程】12月9日(水)~19日(土)
9日(水)  19:00~
12日(土)  19:00~
13日(日)  13:00~
16日(水)  19:00~
17日(木)  15:00~
19日(土)  15:00~
(全6ステージ)

【チケット】
一般前売 4,000円
学生割引 3,500円
ファンクラブ割 3,000円
当日券 4,500円

【会場】
Geki地下リバティ
東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1F
下北沢駅南口から徒歩1分

【脚本】
えのもとぐりむ

【演出】
新里 哲太郎

【出演】
百瀬朔(ホリエージェンシー)
イマニヤスヒサ(ホリプロコム)
水原ゆき
市瀬美和(ディアーズ)
狩野美彩子(ダブルフォックス)
藤巻勇気
市原ユウイチ

+劇団居酒屋ベースボール


劇団居酒屋ベースボールが11月から3ヶ月にわたって22作品を一挙上演するロングラン公演の1作品に出演します。

チケット予約フォームはこちら!

劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集



[PR]
by jet-beetle | 2015-11-19 23:57 | 芸事 | Comments(0)

indepen10th day

こんばんは。九牛の一毛こと市原ユウイチです。


ゆーわけで、語彙・読解力検定を受検してきました。別に今後の人生に有利になるようにとかいった思惑などは何もなく、ただただ、自分の国語力を試したかっただけで受けてみました。

ほとんど初めてと言っていいほど参考書を買って勉強しました。まぁ、それでも全部は読めなかったし、模擬演習も前日深夜に勢いでやっただけ。でも本番はなかなかの分量が参考書から出題されました。あなどりがたし参考書。
それもあってか、個人的にはかなりの手ごたえ。もう一級上を受けても良かったかもな、なんて。

次回は来年6月までないので、思い立ったが吉日でほんとにいいタイミングだったと思います。潰しが利く訳でも国際的に知られた検定でもありませんが、とても楽しく臨めました。やぱーり日本語は楽し。
以下、会場に向かう道すがらで見つけたもの、寄り道した場所。

e0161872_01142992.jpg

e0161872_01142915.jpg

e0161872_01143069.jpg

e0161872_01143014.jpg


試験後は武蔵小金井でランチを食べてフィニッシュ。
e0161872_01143084.jpg



そんなこんなであれから9年。10回目の11月15日。自由は勝ち取るものだって歴史も証明してる。
さ、台本読み込んで今週の顔合わせに備えよ。とってもいい役を頂いたので、それを台無しにせず更にいい役に出来るように。観に来てね!!



etk.

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集 第6部
『灰色の蝶』

「愛はお金で買えますか?」
お金に狂った世の中を風刺した問題作。
「僕たちは、ただ愛されたいだけだった」。
全国発売もされた、えのもとぐりむの代表作『フクロウガスム』誕生のキッカケとなったシリアスな舞台があなたを深い闇に誘う…

【日程】12月9日~19日
 9日(水)  19:00~
12日(土)  19:00~
13日(日)  13:00~
16日(水)  19:00~
17日(木)  15:00~
19日(土)  15:00~
(全6ステージ)

【チケット】
一般前売 4,000円
学生割引 3,500円
ファンクラブ割 3,000円
当日券 4,500円

【会場】
Geki地下リバティ
東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビルB1F
下北沢駅南口から徒歩1分

【脚本】
えのもとぐりむ

【演出】
新里 哲太郎

【出演】
百瀬朔(ホリエージェンシー)
イマニヤスヒサ(ホリプロコム)
水原ゆき
市瀬美和(ディアーズ)
狩野美彩子(ダブルフォックス)
藤巻勇気
市原ユウイチ

+劇団居酒屋ベースボール


劇団居酒屋ベースボールが11月から3ヶ月にわたって22作品を一挙上演するロングラン公演の1作品に出演します。

チケット予約フォームはこちら!

劇団居酒屋ベースボール えのもとぐりむ作品集

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-15 23:20 | 雑記 | Comments(0)

on the well?

こんばんは。毎度おなじみ流浪の市原、市原ユウイチです。
e0161872_02192533.jpg



初めてイザベルさんとご一緒した5月の『雨ウツ音ナリツヅ9日々』が遺作になっても構わないという気持ちで作ったのですが、今こうしてこの文章を書いているということはどうにか踏みとどまったのでしょう。遺作は木を切るって言いますからね。ヘイヘイホー。


先日1時間湯船に浸かったら、その晩と翌日、とても高いテンションと安定した気持ちで過ごせたので今日も、と湯船に浸かったけれどテンションだだ下がり。ネガティヴ思考が極まり、今はもう人前になんて立てないとすら思う。このまま誰にも知られず消え去ってしまいたいとか。

やっぱり確かなものなんて何一つないんだな。こないだこうだったからといってそれをなぞっても、おなじ結果にはならない。じゃあどうやって生きていけばいいの? その場その瞬間その心情で判断していくしかないのか。強く生きるってそういうことなのか。


昨年映画館で観た『5つ数えれば君の夢』のクライマックス、新井ひとみの「私は一人で踊っていたいの!」という台詞はここ数年で最も共感を覚え、未だに心を揺さぶり続ける台詞。

混じり合ったり馴れ合ったり人に合わせたり気を遣ったり空気を読んだり和を第一にしたりなんてのは本当は邪魔なんだ。誰かを気にして思うように手足を伸ばせないなんてのはもう嫌なんだ。


人からされた期待を裏切ったり人にした期待が裏切られたりなんてことが本当に嫌なので、人にも期待しないし自分にも期待なんかしないで欲しいと心底思う。

「何も変わってなくて悲しくなった」

なんで君は俺が変わってると思った? それは君の勝手な思い込みだろ? 君が悲しくなるのは勝手だけど、それを俺にぶつけて俺のことまで傷つけるのはやめて! 人を呼ぶわよ! おまわりさーん!



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-13 02:15 | 雑記 | Comments(0)
(続き)
なんでしょうか。昔いた場所に戻ってみると、何年も思い出すことのなかったその頃のことを思い出すもので、思わず昔使っていた携帯に保存してあるメールなんか読み返しちゃったりして。

その携帯には嬉しかったメール、悲しかったメール、悔しかったメール、腹立たしかったメール、爆笑したメール…etc.が保存してあります。とにかく何でも取っておいちゃう。捨てられない性格なもんで。

その当時、僕のことを応援してくれていた人たちの気持ちなんか分からなくて、本当に自分のことしか考えてなかったんだなと恥ずかしくなりました。

その人たちにまた会いたい。不実を詫びたい。取り返しのつかないことを取り返したい。自分にしか分からない書き方をしてしまいましたが、誰にもあることなんじゃないかなとも思います。




e0161872_22350355.jpg

先日、安価で手に入れた映画『トニー滝谷』のサントラを家にいる時はずっと聴いています。映画自体も好きな映画ですが、音楽もまた心にすっと入って時間の流れさえ変えてしまうような音。流していると、西島秀俊のナレーションが聞こえてきそうな。


etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-12 01:50 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは、続くと予告したブログで続きを書かない市原です。


家族以外には話していまそんでしたが、なんだいまそんって。いませんでしたが、次の日曜日に試験がありまして、ようやくお尻に火がついた市原は勉強中なのであります。

e0161872_22545380.jpg

それが語彙・読解力検定。詳しくはググっていただけたらと思うのですが、昔から日本語にはこだわりがあり、幼少期より母から諺を使って叱られてきた市原としてはその部分でも力試しをしてみたいなと思うようになったのであります。

辞書、新聞、文章読解力の3項目から成る80分。昔から座学や試験では居眠りをするのが定例となっている市原が居眠りせずに試験に臨めるのかという心配もありつつ、受験勉強の時でさえ自分では一切買わなかったし最初の数ページまでしかやらなかった、攻略本的なものを購入、入浴しつつ熟読、回答なんてことをしている初冬なのであります。

しかし、来月の舞台の脚本も既に送られてきており、内容熟知、役への理解、台詞入れなど完璧にした上で初稽古に臨まなきゃとても時間が足りない今回のスケジュール。忙しい時と暇な時のバランス、カモン。

試験に備えて新しい言葉、未知の言葉と出会わねば、って思って日常を生きていますが、おんなじ日常を過ごしていても、なかなか新しい言葉とは出会わないものです。人を、場所を変えれば未知の習慣や言葉と出会う機会も増えるのかな。すいません、ちょっとトイレに。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-10 23:20 | 雑記 | Comments(0)
こんばんは。下町の湾岸スキーヤーこと市原です。

先週4日から大塚・萬劇場にて第19回公演を行った、市原の古巣たる劇団アニマル王子。木曜土曜とそのお手伝いに馳せ参じました。
アニマルを退団したのが約4年前。そろそろ在籍期間よりも辞めてからの方が長くなりそうな時の早さに目まいがしそうよ!

e0161872_16325971.jpg


相変わらずの展開の速さと熱量、そして客演陣の層の厚さ。今回、タイムリープという新たな試みを導入したことにより、話の筋を追うのに多少努力しなきゃいけない部分があったのは否めないものの、あの時と変わらない熱気がそこにありました。

ご本人にもお伝えしたけれど、ここ数作のぜんさんの芝居は圧倒的完成度を誇っておる。おるます。台詞と動きにあれだけの説得力を持たせられる役者はそうそういねーです。いやー、一緒にやってた時はその頑固さに閉口することも度々ありましたが(笑)、今は柔軟さも加わり、身体と脳の二つで芝居してんだなーって。すみません、先輩を批評するような書き方しちまいました。てへ。


「(とうとう役者が)9人になっちゃったよ…」
代表の松野さんが終演後、寂しそうに言ったけど、最後に残ってカーテンコールをする劇団員9人の戦い続ける姿は本当に眩しかった。あくまで身内的な見方なんだろうけど。誇らしさと羨ましさの入り混じった気持ちが湧いてくるのを感じました。


制作で入ったことにより、久しぶりにお会いするアニマルファンの皆さんからお声がけいただいたことも非常に嬉しかったです。たまたま観に来ていた役者仲間で、ほんっとーにご無沙汰しててまさかこんなところで会えると思ってもなかった人たちと会えたのも非常にラッキーでした。(続く)



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-09 02:12 | 芸事 | Comments(0)

Strength(強さ)

こんばんは。活動再開によりわかりやすく更新頻度の上がった市原です。

ちーさくちーさく告知していた長沼ハピネスくんのライブが無事に終わりました。まぁ、初めての場所で一人も知ってる人がいない中でドラムを叩くプレッシャーはなかなかのものがありましたが、なんつーか、脳も気持ちも揺り動かされる貴重な機会でした。

e0161872_01530918.jpg


難しいこと、出来もしないことはやろうとせず、あくまで歌に寄り添うドラムを目指しましたがどんなもんだったんだろうか。本番になるとどうも萎縮したりして自分でも不自由さを感じるくらいだから良くない。場数踏めば何とかなるもんなのかしら。

それにつけても、今日は長沼ハピネスというアーティストのポテンシャルの高さをまざまざと見せつけられました。前半3曲を彼一人でやり、後半3曲に僕も入るという構成だったのですが、普段ソロで活動し、半端じゃない量の場数を踏んできてるだけあって、そのパフォーマンスも堂に入ったもの。
「同い年でここまで自分の世界を確立させ、それをパフォーマンスとして表現できるヤツがいるとは…」っていうのが6年前に初めて彼を観た時の感想ですが、今夜それと全く同じことを改めて痛感いたした次第。次第でござる。

会場たる歌舞伎町ストレングスは西武新宿駅の目の前という好立地&まだ新しいからか、入った途端に木の香りに包まれて、緊張を和らげてもらいました。良心的なライブハウスのようなので、いずれ自分のバンドでもやりたいなと思える良いハコでした。
e0161872_01530925.jpg

e0161872_00511860.jpg





etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-08 01:44 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは。身も蓋もない市原です。

あまり映画や舞台を観ないという役者の先輩が「数少ない好きな映画」と語る『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』を観てみました。

e0161872_03053179.jpg


いやー、久々に息をするのを忘れて観入ってしまいましたラスト20分。さほど期待していなかった分、胸を打たれる打たれる。それまで大げさで賞狙いの演技によって逆にアカデミー賞から遠ざかっていたアル・パチーノがこの作品の演技でアカデミー賞を獲得したのも頷けます。もうとにかく観て、としか。生きてく力をもらえます。
ちなみに、僕の人生における二大名画は『フォレスト・ガンプ』と『マスク』です。こちらも人生の素晴らしさ楽しさを実感させてくれる名作。



さて、この映画を観て思い出した映画と人があります。ロビン・ウィリアムズが主演の『いまを生きる』。そして授業でそれを見せてくれた小学校5、6年生の時の担任、黒田先生です。
自由と自立、そして責任ある生き方を人生で初めて教えてくれた方と言っても過言ではないくらい、当時の自分にとって衝撃的な出会いでした。
(それまでの先生たちは皆、画一的でみんなと一緒であることばかりを美徳としていたように思えました)

その先生は今どうされているのだろう、とググってみましたところ、さすが現代は調べりゃ何でも出てきますね。なんと先生、関東学院大学の准教授になっておられました。

大学の公式動画。二人目が黒田篤志先生。

少し落ち着いた感はあるものの、お声も話し方もあの頃と変わらず、とても懐かしいような温かい気持ちになりました。

当時30とか31歳だった恩師の年齢を今の私は越えてしまいましたが、あの時の先生のように誰かを導いたり行く路を示してあげたり出来る自信は、にゃい。恥ずかしながら未だに自分のことで精一杯です_(:3」∠)_

ただ、人生は生きるに値するものだ、と今なら胸を張って言えます。自分には出来ないと思っていたものがいつの間にか出来るようになってたりすることがあるからね(笑)。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2015-11-07 03:12 | 雑記 | Comments(0)