「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんばんは。市原じゃないわけがないじゃないか。


徒然なるままに。

・それがお客さんだろうが共演者や演出、監督だろうが、見てる人の度肝を抜きたいっていうその気持ちだけでやってきた。それだけは14年前初めて舞台に立った時から変わらない。

・河原乞食のくせに頭も下げられないなんてそりゃもう乞食じゃないだろう。長いものに巻かれに行けない自分への苛立ちと呆れ。

・自分の中で勝手に禁じ手にしていたことを解禁したら、気持ちがたいそう軽くなった。諦め、妥協、逃げなどネガティヴな言い方も出来る。こうやって退化していくんだろうか。

・今回の個人的課題、というかテーマは“プロのメンタル”。折れない、自分を疑わない、ネガティヴな考え方をしない…etc. その壁はあまりにも高い。

・学生運動の挫折、敗北によって当時の若者たちは無気力、無関心になっていったという。わかる。すごくわかる。僕もだ。上手くいかないことばっかりで、挑戦する前に敗北する姿が見えてしまう。



本番まであと10日を切った。
e0161872_21401008.jpg
e0161872_21401189.jpg
e0161872_21401109.jpg
タイトルからは想像もつかない作品になってきた。まさかあんなことになるとは思わなかった。普通のサバイバル系の作品をイメージして来ると肩透かしを喰らうかもしれません。ブッ飛んでます。が、まだまだブッ飛び足りない。残りの稽古で、より熱い狂騒の渦を作り出す。作り出すんや!


etk.



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

しめじ vol.2
『サバイバー』
脚本・演出/山田直人

2016年6月8日(水)〜12日(日)
@東中野RAFT

【あらすじ】
太平洋のど真ん中の名もない無人島。
その海岸で男は目覚めた。
持っているものはいつもの日記帳。

携帯も繋がらない。
水も火も食べる物も何もない。

そこにあるのは
ただ、ただ、自然のみ

生きるとは何か?
人の生き残りをかけた
極限のサバイバルストーリー。

【キャスト】
市原ユウイチ
加藤夕夏(三木プロダクション)
熊木拓矢(グワィニャオン)
対馬大翔(フラッシュアップ)
葉湖芽
原本武和
藤田順子
山田直人(9-States)

【タイムスケジュール】
8日(水)19:30〜
9日(木)14:00〜/19:30〜
10日(金)19:30〜
11日(土)14:00〜/19:00〜
12日(日)13:00〜/17:00〜
*受付・開場は開演の30分前

【チケット】
前売・当日/2300円

【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分

【予約】
こちらのフォームにご入力下さい!




[PR]
by jet-beetle | 2016-05-30 19:36 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは。甘えや嫉妬やずるさを抱えて生きる市原です。


『サバイバー』稽古が始まりました。まだ始まってなかったのかよ⁉︎という声も聞こえてきますが、短期集中型のため稽古日数が少ないのがしめじの特徴。
e0161872_10234634.jpg

体力勝負、集中力勝負、そして遊び心。負けない折れないくじけない。


前と同じことをやっていないか、自分の中のパターンをなぞるだけになっていないか、手グセで楽な方向に流れていないか。自分は意外と警戒心が強いのかもしれないと思いました。打ち解けること、自分を知られること、自分を晒すこと、属すること、安心すること、安定すること、満たされること、楽しんでしまっていること。本当は求めているそれらを警戒してしまうのは病気かもしれません。


(中略)


贅沢貧乏、ピロウズ、新・幕末純情伝、イエローモンキー、BUCK-TICK…どうせ取れないだろ、と申し込んだチケットがことごとく取れたり知人から譲ってもらえたりしている。お財布は大丈夫なのか、市原。11月にあるスピッツ当落の是非は翌朝、発表されます。


etk.



しめじ vol.2
『サバイバー』
脚本・演出/山田直人

2016年6月8日(水)〜12日(日)
@東中野RAFT

【あらすじ】
太平洋のど真ん中の名もない無人島。
その海岸で男は目覚めた。
持っているものはいつもの日記帳。

携帯も繋がらない。
水も火も食べる物も何もない。

そこにあるのは
ただ、ただ、自然のみ

生きるとは何か?
人の生き残りをかけた
極限のサバイバルストーリー。

【キャスト】
市原ユウイチ
加藤夕夏(三木プロダクション)
熊木拓矢(グワィニャオン)
対馬大翔(フラッシュアップ)
葉湖芽
原本武和
藤田順子
山田直人(9-States)

【タイムスケジュール】
8日(水)19:30〜
9日(木)14:00〜/19:30〜
10日(金)19:30〜
11日(土)14:00〜/19:00〜
12日(日)13:00〜/17:00〜
*受付・開場は開演の30分前

【チケット】
前売・当日/2300円

【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分

【予約】
こちらのフォームにご入力下さい!



[PR]
by jet-beetle | 2016-05-25 01:50 | 芸事 | Comments(0)

サバイバーの胎動。

こんばんは。市原です。

最近の動向をどうこうしながら書くとですね、

9ヶ月ぶりにバンドでスタジオへ。ベーシスト・JOJOの出産準備による脱退に揺れるノーストレスキャンセラーはゆるゆると無目的にジャムセッションを繰り返し、その中から収穫もあった模様。
e0161872_00352870.jpg



6月公演『サバイバー』がいよいよ始動。
e0161872_00352800.jpg

e0161872_00352992.jpg

今回も役者同士で刺し違えるくらいの緊張感を持って大笑いしながら狂騒出来たらと思います。


噂のこごめ大福はなかなかの美味でした。
e0161872_00352984.jpg




etk.




しめじ vol.2
『サバイバー』
脚本・演出/山田直人

2016年6月8日(水)〜12日(日)
@東中野RAFT

【あらすじ】
太平洋のど真ん中の名もない無人島。
その海岸で男は目覚めた。
持っているものはいつもの日記帳。

携帯も繋がらない。
水も火も食べる物も何もない。

そこにあるのは
ただ、ただ、自然のみ

生きるとは何か?
人の生き残りをかけた
極限のサバイバルストーリー。

【キャスト】
市原ユウイチ
加藤夕夏(三木プロダクション)
熊木拓矢(グワィニャオン)
対馬大翔(フラッシュアップ)
葉湖芽
原本武和
藤田順子
山田直人(9-States)

【タイムスケジュール】
8日(水)19:30〜
9日(木)14:00〜/19:30〜
10日(金)19:30〜
11日(土)14:00〜/19:00〜
12日(日)13:00〜/17:00〜
*受付・開場は開演の30分前

【チケット】
前売・当日/2300円

【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分

【予約】
こちらのフォームにご入力下さい!



[PR]
by jet-beetle | 2016-05-18 00:00 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは。華やいだ風にさらされてもとけていけない市原です。


前回の更新からずいぶん空いて、気が付けば5月最初の記事となってしまいました。理由はまだない。


中学2年という人生で最も多感な時期にヴィジュアル系ブーム真っ盛りだったため、ヴィジュアル系は市原の血となり肉となっているわけですが、最近はDEAD END、DER ZIBET、Zi:KILL、D'ERLANGER、DIE IN CRIESといった、XやBUCK-TICK、LUNA SEA、GLAYといったヴィジュアル系のメインストリームとは少し違った始祖的バンドに興味が行っています。

最近は格好もカジュアルだったりやたら明るかったりカワイかったりするヴィジュアル系バンドが多いですが、個人的にヴィジュアル系に求めるのはある種の怖さだったりします。ホラー的おどろおどろしさ。この話、これでおしまい。


イエローモンキーのチケットは取れませんでしたが、ピロウズと新・幕末純情伝のチケットが取れたのでうれし。


いま欲しいものはスティールパンです(写真)。
e0161872_01535831.jpg
いやぁ、何しろ音色が素敵。手先が大変不器用で、ピアノもリコーダーもギターも苦手な市原にもこれならイケるんじゃないか?と思わせてくれる楽器。


トップの出演情報にも載せてあります6月公演『サバイバー』。なんと市原史上初、チラシの両面を単独で飾らせていただいております。山田くんは商業性を放棄したんでしょうか。大丈夫なんでしょうか。とりあえず僕の周りでは、これはちょっとヤバい!という雰囲気になっており、予約も集まりつつあります。



あなたも来るのよ。


etk.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

しめじ vol.2
『サバイバー』
脚本・演出/山田直人

2016年6月8日(水)〜12日(日)
@東中野RAFT


【あらすじ】
太平洋のど真ん中の名もない無人島。
その海岸で男は目覚めた。
持っているものはいつもの日記帳。

携帯も繋がらない。
水も火も食べる物も何もない。

そこにあるのは
ただ、ただ、自然のみ

生きるとは何か?
人の生き残りをかけた
極限のサバイバルストーリー。


【キャスト】
市原ユウイチ
加藤夕夏(三木プロダクション)
熊木拓矢(グワィニャオン)
対馬大翔(フラッシュアップ)
葉湖芽
原本武和
藤田順子
山田直人(9-States)


【タイムスケジュール】
8日(水)19:30〜
9日(木)14:00〜/19:30〜
10日(金)19:30〜
11日(土)14:00〜/19:30〜
12日(日)13:00〜/17:00〜
*受付・開場は開演の30分前


【チケット】
前売・当日/2300円


【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分


【予約】
こちらのフォームにご入力下さい!



[PR]
by jet-beetle | 2016-05-12 06:36 | 雑記 | Comments(0)