「ほっ」と。キャンペーン

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カラダと酒【改訂版】

腰を据えて、重心を落として、どっしりしっかり舞台に立つ。居る。っていうことを芝居を始めた頃に教わったので、ずーっとそれを意識し実践してきた。
でもバレエに触れて、全部を落とすんじゃなく、身体は引き上げて、かつ、そこに居るっていう居方について毎日考えている。電車で片足だけに重心をかけることが減ってきた。


キレイに、正しく、カッコよく美しく踊れる日なんて自分には死ぬまで来ないんだろうなと思う。それでも死ぬまで続けることは出来る。


下北沢でアマヤドリ『銀髪』観賞。前身劇団から名前は知っていたものの未見だった劇団。エネルギー溢れる演技とダンス、3時間の上演時間を感じさせない怒涛のテンポと随所に挟まれる笑いで非常に面白かった。トリオ割に誘ってくれた大山さんありがとう。


観劇後、下北沢で飲んでいたミチコ勢にお呼ばれして演劇に関する答えの出ない問答をしながら酒を飲むという、演劇人みたいなことをしてしまった。親しい人たちの前だと自然と声も大きくなる。大事なことなので言っとくと、3月は2本の舞台に立ちますので是非観に来て下さい。なんで観に来て欲しいのか。観る価値があるものは観て欲しいじゃないすか、そりゃ。写真は元アニマル仲間の大山さんと、会ったことをあまり大っぴらに出来ないアニマル的指名手配犯の三角さん。
e0161872_01480634.jpg




etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-01-28 23:44 | 芸事 | Comments(0)

揺々(ゆらゆら)

e0161872_23590757.jpg
e0161872_23590746.jpg

こんばんは。仕上がりふんわりサロン品質、市原ユウイチです。



もう何日か前になってしまいますが、‪ちょうど20年前の1月22日、THE YELLOW MONKEYの『SICKS』とthe pillowsの『Please,Mr.Lostman』という日本のロック史上に残る2枚が発売されました。どちらもバンドにとって転機であり代表作となった作品。それが同じ年の同じ日に世に出る奇跡。
最初の『ゴジラ』と『七人の侍』が同じ1954年に同じ東宝の封切りで公開されてたりっていう、そういう映画や音楽、演劇のうんちく話ばかりしながら一晩中飲み明かしたい。



早稲田松竹で『沈黙 SILENCE』と『海と毒薬』がリバイバル上映されていたので観に行った。
e0161872_23590806.jpg


満席どころか立ち見すら出来ないほどの客入り。観客の年齢層も高かった。仕方なく高田馬場をぶらりしながら次の回まで待つことに(次の回も満席)。

いやー、どちらも後味の悪いこと悪いこと(笑)。タイトルの沈黙ってそういうことかよ…と思いつつ、信念持ってやってることでもやってる内にわからなくなったりするよね…っていう軽い納得の仕方をしました。結局は自分の場合、全て芝居に置き換えて理解、感情移入したりするので…その時の決断が、軸がブレてしまった結果なのか、正しい妥協だったのかって一生悩んでも答えが出ないよなぁ。

『海と毒薬』、昔から一度観てみたかった映画だったのでこれがお目当てみたいなところはありました。映画のラスト、大体下記の内容のような渡辺謙の台詞があったのですが、最近自分が考えていることにピタリと当てはまったのでびっくり。

「事が終わった後に周囲が下す裁きなんて、当事者にとっちゃ大したことじゃない。そいつらだっってその場にいたらきっとそうしてた」。

今後、困難や逆境の中で自分はどう振る舞うのだろうか。いや、すでに今この生活の中で自分は……



和歌山県民は和歌山市駅のことを「しえき」と呼ぶらしい(和歌山県には和歌山駅という駅もある)。
「むさこ」が武蔵小杉のことなのか武蔵小山のことなのか武蔵小金井のことなのかはその時にいる場所によって決まる。
地元民は南越谷を「なんこし」と呼ぶ。
地元民は東戸塚を「がしと」と…呼ばない。たぶん。



仲良くしてる役者仲間が、ずっと迷い悩んでたみたいだけど、自分の夢に向かって一歩踏み出し、結果としてその入口に立つことが出来たと報告をもらった。彼が自分を売り込むために人を蹴落とし、負けて傷ついた者に唾を吐き、ただただ自分の成功ばかりを追いかけるような人間だったら素直には喜ばなかったと思う。彼のように素直で優しく、誠実で、芝居への愛に満ちた人たちに頂上に居てほしい。



僕もこれからはたくさんたくさん練習して、ちゃんと出来るようにします。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-01-25 00:13 | 芸事 | Comments(0)
年が明けてから映画ばかり観ている。自部屋でも映画館でも。そのせいか、人と会っていても早く帰って映画の中の登場人物に会いたいと思ってしまう。ドン・ヴィトーに、ヌードルスに、フォレスト・ガンプに、ハン・ソロに、アニー・ホールに。


年が明けてから、怒涛の勢いでお誘いをいただく。ほんとに嬉しい。もうずいぶん会ってない人から、ちょくちょく会う人、これから何年か濃密な時間を過ごすことになりそうな人、一生付き合っていくだろう人…etc.
今年もたくさん人に会いたい。会っておきたい。胸を張って話せるようなことは何も無いけれど、それでも。


ほんとなら今夜はホットアイマスクをして寝るはずだった。だが、箱から出す前に5つ入りのホットアイマスクは風にさらわれた。前は手袋が同じ目に遭った。どちらも忘れっぽい自分の府中市だ。違う。不注意だ。
しかし、自分もそうやって風にさらわれてきたものを手に入れたことがある。そんな風に人から人へ渡っていってくれたらと思わないでもない。
(ここまでBGM:風に消えないで/L'Arc〜en〜Ciel)

e0161872_02171194.jpg
e0161872_02171187.jpg

3月末に行われるしめじの公演チラシ用の撮影風景より一部ネタバレ。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-01-20 02:08 | 雑記 | Comments(0)

繊細バカボン

こんばんは。風を受けて立ち上がろうとする美しい市原です。


自分の考えを主張しようとした先から、こんなにこだわって熱くなってる自分が虚しくなって主張する気がなくなる、癖?と言っていいのか分かりませんが、自分の気持ちを口に出す前に伝わりやすい言い方、相手を傷つけない言い方、自分が感情的になって醜く見えないか、などと考えてる内にどうでも良くなってしまうことが少なくありません。
そうやって蓄積された言葉や気持ちが放出されることもなく、自分を内側から削ってゆくのを想像すると自分で自分の首を絞めるというのはこういうことかと実感させられるわけですが最近はイタリア料理が食べたくて仕方ない。ゴッドファーザーばかり観てるからでしょうか。サイゼリヤでもいいから行きたい。


年が明けてすぐ、学生時代の友人を中心とした新年会がありました。その席で、お酒が入っていたというのもありますが、いい気になって人様に芝居のダメ出しをするなどという、普段避けていることをかましてしまった。恥ずかしい。何様だ。偉そうに。それに対し真摯に耳を傾けてくれ「そういうこと言ってくれる人あんまりいないから有難い」と言った友人の偉大さよ。あたしに言えるだろか。


『この世界の片隅に』を観ました。大仰な仕掛けや派手な見せ場があるわけではなく、キネ旬一位というのを期待して観ると少々肩透かしを食らうかもしれません。が、これはじわりじわりと心や体に染み渡って効いてきます。
そして何より、広瀬すずや有村架純もいいですが、やはり日本には能年玲奈(のん)が必要なのだと強く痛感しました。


いつだって思うようにはいかない。それは思った以上にもなるってことで。3月に向け少しずつ動き始めてます。今年もたくさんの楽しいことと厄介ごとが待ってるのでしょう。写真は件の新年会と、ずっと乗りたかった都電荒川線にて。
e0161872_10485001.jpg
e0161872_10485091.jpg





etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-01-12 18:48 | 雑記 | Comments(0)

解放と崩壊の2017年

e0161872_02470799.jpg
e0161872_02470740.jpg
e0161872_02470875.jpg

こんばんは。市原です。短所はミロを一気飲みしてしまうことです。

周知の事実ではありますが年が明けました。おめでとうございます。今年一年も皆さまがフォースと共にあらんことを。写真は上から花園神社、神田明神、湯島天満宮へ初詣に行った際のそれ。文京区に住みたい。



昨年のことを振り返ると、手堅い一年だった気がします。守りに入ったわけじゃないけど、ガシガシ攻めることもなく過ぎた一年でした。まぁ、諦観や疲れもありましたが、やらない理由を探してばかりだったのは相変わらずですね。が、六星占術によると去年はあまり手を広げずミニマムに種を蒔く年だったらしいので結果オーライなんじゃなかろうかと(笑)。

そろそろ何とかしたいのは自己否定の悪い癖。謙虚さ、腰の低さ、舞台上とのギャップを出すために意識し始めたことが捻れに捻れてこんな形になったわけですが、嘘もつき通せば真実になるじゃないけど、ポーズでやってたことがやってる内にほんとにそういう人になっちゃうことってあるんだなぁと思いました。断ち切れ、自分にかけた呪い。

まぁ、なんでしょう。理解してくれる人は何やっても理解を示してくれるし、逆に僕のことが気に入らない人は何やったって気に入らないんだろうから、褒めてくれる人も貶してくる人もいるわけです。だから自分で自分を貶す必要はないんだろうな。ジューブン外にいるんだから。意外と毀誉褒貶が激しい人間なんで。



昨年のテーマは“覚悟”でした。今年のテーマは“解放”です。

きっかけは年末の忘年会でもんちゃんこと原本くんに言われた「ほんとはもっと飲めるのに自分でセーブしてるイメージがある」という酒の席での会話だったんですが(笑)
確かに。ずっとセーブしてました。酒も、遊びも、出会いも。その先へ行ってしまうのが怖くて。我に返った時が怖くて。
でもねぇ? いつ死んじゃうかわかんないし、蓄積よりも放熱。愛をむきだす。出し惜しみしない。まぁ、あくまでテーマであって目標ではないので、そこまで何が何でも成し遂げるんや!っていうんではないんですが。



出会おう。会いに行こう。
出演情報もようやく今年のを作りました。3月に2作品。楽しく生きていきます。今年もよろしくお願いします。



etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-01-07 19:36 | 雑記 | Comments(0)