本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0161872_10381976.jpg

木村カエラの3rdアルバム『Scratch』はもう10年前の作品になるけど、僕の中の歴代アルバムトップ20に入る素晴らしい作品。木村カエラとしても脂が乗り切っていて、発売当時、全曲シングル候補と本人がコメントしたのもうなづけるほど充実しまくっている。捨て曲ねぇです。

1曲目の“L.drunk”からジャカジャカギターをぶっ飛ばし、2曲目“Magic Music”では圧倒的な勝利宣言。先行シングルにもなった“Snowdome”が個人的ベストトラック。この曲は何年何回聴いても飽きない。かわいいし美しいし切ない。サビ直前に一瞬入るアコギ音が絶妙。次作“ワニと小鳥”は詩の世界観がラブリー。NIRGILISがほんといい仕事してる。これ以降も佳曲が続くけど割愛。そして、木村カエラのセンスが1曲に凝縮されたような“TREE CLIMBERS”
。桑田佳祐が21世紀ベスト1に選んだそうな。そしてアルバムは英詞の“Grand Control”でサイコーに幕を閉じる。

全編にわたって言えるのが、スタイリッシュかつヘヴィになり過ぎないギター音のカッコよさ。ギターソロなんかパンクのそれかよって。1曲ごとにプロデュースや作曲者が違って、メロコアの人もいればロックの人、ポップスの人、マッシュアップで名を馳せた人もいて、ともすればバラバラになってしまいそうな楽曲を彼女の個性と意志がまとめている感じがする。
難しい言葉を使ったり人生を変えてしまうような名言があったりするわけじゃないんだけど、歌詞がいい。なんだろ、言葉の使い方かな。よくこんな歌詞が書けるなって。英語が混じる曲が大半だけど、そうじゃない曲は完全に日本語だけだったりするし。言葉をとても大切にする人なのかもしれない。

また、彼女が同世代〜90年代前半生まれの女の子に対して与えた影響は絶大で、当時彼女のファッションや髪型に憧れてマネをしていた子がかなり多い。って話をなぜか最近よく聞く。

そしてこの記事のタイトル。10年前、大学卒業&退職後にフリーで役者を始めた最初の舞台の初日を39度の高熱で迎えた市原。公演自体は若さとまた演劇が出来る喜びの爆発で元気に乗り切ったのだけど、千秋楽が終わってから2日近く眠りっぱなしだったという。初回盤を欲しいがために、体調が完治しないまま横浜のタワレコまでフラフラと出向いてゲットしたのが発売されたばかりのこのアルバム。
というわけで、未だにこのアルバムを聴くと鼻が詰まってムワーッとした感じが甦るし、風邪をひくとこれを引っ張り出してきて風邪ひいてる感のライトアップに一役買ってくれている。そして私は今、風邪をひいている。

e0161872_10381900.jpg




etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-04-12 19:36 | 音楽 | Comments(0)

PRESENTS

(承前)
と同時に、この10年の間いろんな団体や企画が意気込んで立ち上がっては挫折したり立ち消えになったりしていくのを嫌というほど見てきました。

「これで売れようぜ!」「ギャラもちゃんと出します」「この企画は○○さん(有名芸能人)が関わってるんだ」「芸能界変えてやろう!」「映画祭に出品するから」「コネもできるし、今度××に連れてって関係者に紹介してあげるよ」…etc.

そんな話を景気よさげに持ちかけてくる人がたくさんいました。今も活動を続けている人、いろんな理由から辞めてしまった人、調べても消息のわからない人、様々です。今も仲良くしてる人もいます。おかげでそういう調子の良い話には懐疑的な性格になってしまいました(笑)。
どの企画も立ち上がりは本気だったと思います(幸いなことに、それで人を騙してお金だけ集めて逃げちゃうような人は僕の近くにはいませんでした)。続かなかった理由は資金面のことだったり、中の人たちがぶつかったり離れていったり。中には死別なんて不幸な原因もありました。

前置きが長くなりましたが(笑)、しめじは挫折して欲しくないって話です。

ずっとスカパラやももクロみたいな集団、チームに憧れがありました。それぞれがそれぞれの武器や欠点も含めた個性を把握して、それを出し合って補い合っものづくりに臨む。
楽しい時ばかりな訳はなく、険悪になる時もあるでしょう。投げ出したくなることもあるでしょう。腹わた煮えくり返って眠れない夜もあるでしょう。自分の意思とは違う不本意な選択をしなきゃいけない時もあるでしょう。それでも、こいつらと一緒なら何処までも行けるんじゃないか?と思えるそんな集団。

お金や名誉のためでもなく、シンプルに、やりたいからという気持ちだけで面白いことしてると思うんです。まだまだ途上だし、改善の余地もあります。もちろん好き嫌いはあるだろうし、そういう人に押し売りをしようとは思いません。が、1回観に来て欲しい。悪くないと思ってくれたなら、2回3回と。




e0161872_16223243.jpg
Nobody knows there's gonna be.



最後に、今年撮った桜の写真をいくつか。
e0161872_10443652.jpg
西武新宿線沿いの桜を今年も見ることができた。


e0161872_10443742.jpg
江戸川公園の夕陽と桜。


e0161872_10443819.jpg
六分咲きの小石川播磨坂。


e0161872_10443801.jpg
靖国神社前。





etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-04-11 23:20 | 芸事 | Comments(0)

最終回のウルトラマン達

こんばんは。市原です。趣味は貴方に合ったライフプランのご提案をさせていただくことです。


このブログの流れからすると少々唐突かもしれませんが、しめじVol.5『ゾンビの仕業』が無事に閉幕しました。たくさんのご来場とご声援に感謝します。
e0161872_14572927.jpg
e0161872_14573049.jpg


普段なら本番前や本番中はもっと記事を上げて、プロモーションや個人的なフィードバックにしてるんですが、今回のこのブログの更新の無さったら何だ。今までどんな辛い公演の時もある程度はブログ書いてたのに今回は一体どうしたんだ。一体何と戦っていたんだ。そもそも俺は芝居なんてやっていたのか。わからない。わからないよぅ!


でも、今回僕が声をかけた加藤大輔さんと瀬川圭介くんがこの公演を心の底から楽しんでくれて、かつこの二人がすごく仲良くなってくれたのは本当に嬉しかった。
e0161872_00172182.jpg




公演が終わったら春になっていた。今年もこの桜を見ることが出来た。
e0161872_17214310.jpg
e0161872_00172294.jpg





役者としての活動を始めてこの2月で10年が経ちました。何もかもが本当にあっと言う間でした。東京へ出てきて一人暮らしを始めてからは特に。

いろんな人たちの声や顔、いろんな場面、いろんな作品と現場のことがありありと思い出されます。忘れられないこと、忘れたいこと、忘れていたこと。思い出せるのは本当に最高なことか、本当に最悪なこと。あとは、誰も覚えてないだろうけど自分にとっては印象深い些細なこと。続きます。

e0161872_14573106.jpg
e0161872_14573170.jpg
e0161872_14573293.jpg




etk.

[PR]
by jet-beetle | 2017-04-07 00:26 | 芸事 | Comments(0)