本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

オアシスとブルーハーツ

e0161872_0434971.jpg

先月発売されたオアシスの新作、僕は金欠のため未聴なのですが、ブログやアマゾンのレビューを読むとやはり普通に賛否両論。熱く絶賛する人あれば、静かに批判する人あり。

そもそも2000年代のオアシスは新作発表の報が入る度に「今度はファースト、セカンドを超えるか?」という切り口だけで語られ、実際に音がリスナーに届くと落胆の声を浴びせられる、ということの繰り返しだった。僕はリアルタイムでは知らないけれど、それだけその2枚が与えた熱狂は凄まじかったのだろう。

そんなオアシスの新作に関する文章を読み漁っている内にある印象的な文章に出会った。その文章は「音楽シーンにおけるオアシスの役目はファーストとセカンドで終わっているのだから、新作が発表される度に一喜一憂するのはもうやめないか? 僕らはもう十分素晴らしい楽曲を聴かせてもらったじゃないか」というような内容のもので、オアシスのファンというよりも音楽ファンの視点で書かれた文章という感じだった。

それを読んで頭に浮かんだのがブルーハーツだ。彼らもまたファーストからサードまでの作品ばかりが特筆して語られる。もちろんそれ以降の作品も素晴らしい作品ばかりなのだけど、音楽シーン的に対して効果とか影響があったのは3枚目くらいまでみたい。紙ジャケで再発されたのも初期3枚だけだし(レコード会社の関係もあるけど)。

関係ないが、キングジョーと改造パンドンのカッコよさはウルトラ怪獣の中でもズバ抜けていると思う。他にはテレスドン、マグラ、ゴモラ、パゴス、恐竜戦車あたりが好きです。超獣とグレートモンスターは別格。『ドグラ・マグラ』が上下巻で100円だったので即購入。ざまあみろ。
[PR]
# by jet-beetle | 2008-11-20 00:43 | 音楽 | Comments(0)
e0161872_12561594.jpg

来月、舞台に出ます。今年5本目になります。これが終わったらしばらく舞台はやらない予定ですのでお見逃しなく。


おぅるでぃずTheater 第28回公演 『夕日の向こう側~僕が最後に見た風景~』

2008年12月12日(金)~14日(日) 全5ステージ
12日…19:30
13日…14:00/19:00
14日…13:00/17:00
※開場は開演の30分前です。

@浅草橋アドリブ小劇場
・JR総武線浅草橋駅東口から徒歩8分
・都営地下鉄浅草線蔵前駅A-1出口から徒歩3分
・都営地下鉄大江戸線A-3出口から徒歩8分

前売/¥3500 当日/¥3800 (全席自由)

作・演出
太田勝

出演
早戸裕(プラスワン)
賢茂エイジ(さるしげろっく)
坪内友弘
松尾武志(kanikuso)
市原ユウイチ(劇団アニマル王子)
石井由多加(エーチームアカデミー)
小田洋平(K-LOOP)
村田勇人
もじゃ
照喜名円(サムライプロモーション)
スダエマ(K's Produce)
吉村亞美(kanikuso)
千草はるか(プロダクションハイタッチ)
杉山明世
高山由夏


http://www.shinweb.com/~oldies

↑「おぅるでぃず」とかで検索しても出てきません!こちらのURLに直接アクセス!
[PR]
# by jet-beetle | 2008-11-19 12:57 | Comments(0)

最終回

新環境での一発目のタイトルがコレ。


太宰の処女作品集のタイトルも『晩年』。ラブ・サイケデリコのファーストも『THE GREATEST HITS』。これでいいのだ。


よろしくお願いいたします。


http://www.geocities.jp/theater_animal/


市原 ユウイチ
[PR]
# by jet-beetle | 2008-11-15 18:57 | Comments(0)