本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

アニマルの井の頭公園での活動の歴史

e0161872_20485780.jpg

e0161872_20485715.jpg

e0161872_20485760.jpg

以前、劇団のパンフレット用に書き下ろした原稿でボツになったものがあったのでここでリサイクルしようと思います。


劇団アニマル王子では一部の有志が数年前から断続的に井の頭公園でストリートパフォーマンスをやっています。今日はその紹介をするためにわざわざここまで来ました。こんばんは、市原ユウイチです。


物好きなアニマルズが井の頭公園で活動を始めたのがかれこれ5年前。元々は吉祥寺のライブハウス“曼荼羅”で即興芝居のパフォーマンスをしていた“社会ジーンズ”(轟ひろた、椎野一朗氏、可児秀樹氏)というユニットが終演後に曼荼羅から井の頭公園に流れてパフォーマンスを始めたのがキッカケ。当時僕はまだ生まれていませんでした。


その後、その活動に目をつけた松野が“社会ジーンズ”を乗っ取り、轟と“即興集団かもめ”を立ち上げる。当時まだ怨念系シンガーだった河合優(当時:吉田猫)も加わり、ウィークリーぴあに掲載されたりバルーンアーティストのMOTO氏(井の頭公園で活動するストリートパフォーマーの中でもダンドツの集客を誇る)とのコラボレーションも行われたりするなど精力的に活動するも、本公演の忙しさや轟の療養を口実に失速。日本初のラジオ放送があったのもこの2007年。


2008年初頭あたりに思い出したように活動再開。松野、河合、ゴブリン、三熊、八木、市原などが参加するが春以降再び失速。理由は不明。飽きたか?


同年10月、松野からの大命により市原、ぜん、八木の若手3人が“柚子☆Wish”というユニットを結成して井の頭で活動を始めるも、ぜんの入院により3ヶ月ほどでまたしても解散。当時まだテレビは白黒だった。


年をまたいで2009年。八木が外部出演などでいない間、市原が一人悪戦苦闘する状況を見かねた河合が引きこもりの淵から復帰。『近松;ジュリエット〜』に出演してくれたDOS♂氏や退院ぜん、さらに可児氏も加えた黄金のラインナップが揃う。また、劇団側からアニマル王子名義での出演を許可されなかったイベントに出演するため、市原と河合が即興ユニット“TOKYO百姓一揆”を結成したのが5月。そんなこんなでなんだかんだ。続きに続いて今に至る。


現在の活動は、不定期ながら日曜日に井の頭公園の野外ステージ前辺りでお客さんから頂いたお題を元に即興芝居をやっています。また、顔面紙芝居で有名なピカ氏の主催イベントや、自身の主催イベント“クローンに代わって攻撃に来ました”などでステージも使って活動しています。
野外活動の性質上、天候に左右されるため、活動の有無はアニマルブログ(http://ameblo.jp/chikamatu-juliet)で告知しますのでそちらをご参照下さい。


この活動が縁で劇場まで来てくれるようになったお客さんやイベントに誘われる機会もあったりして非常に役者冥利に尽きるところです。また、上記メンバー以外にも劇団員やら客演さんが飛び入りで出演します。もちろんお客さんの参加も大歓迎。まー、文章だけで伝わるものよりも生で観たものの方が感動が大きいのはおそらくみなさんよくご存知でしょうから、ブログをチェックの上、是非一度井の頭公園に足を運んでみてはいかがでしょうか。なーんちゃって全部ウソー。



〓えつこ〓
[PR]
by jet-beetle | 2010-04-30 14:44 | 芸事 | Comments(0)