本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

生キテハ帰ラヌ旅ニ出タ(ФДФ)

e0161872_0222042.jpg

こんばんは。サラ・ジェシカ・パーカーです。
2014年最初の更新です。皆さまの今年一年のご多幸をお祈りしつつ、今年も市原その人をよろしくお願い致します。

年末年始は貧乏人の稼ぎ時と相場が決まっております。よって市原も年末年始は地味な労働に勤しんでおりました。西友のレジ打ち、年賀状の仕分け、年越しそばをひたすら足で踏む仕事、紅白の舞台作り、巫女さん、獅子舞の中の人、駅伝ランナーを沿道で応援する仕事…年末年始っぽいことは思い付く限り全てやりました。どれも正社員にならないか?と誘われました。確かに獅子舞の正社員は魅力的だ。

少しく遅くなったものの、もちろん初詣にも行きました。ちょっと並んでいざ自分の番が来てお賽銭を入れようとしたのですが、入らなかった。勢いが良すぎたのか僕の投げた5円玉は賽銭箱から弾かれ、あさっての方向へ落ちた。
呆気にとられた。しかし後が詰まっている。お祈りせにゃ。呆気にとられていて何もお願い出来なかった。何も思い付かなかった。今年の初詣は終わった。

金、酒、クスリ、女、ギャンブル…etc.ナイーブな芸術家やミュージシャンは心の平穏や新たな発想を手に入れるためこういったものに手を出し溺れ、時に命を落としてきた歴史がありますねぇ。
しかし俳優は、俳優という生き方が心の平穏を手に入れるには、結局台本を読み己と向き合う、これが一番のような気が致します。

何の話か。そう、15日の水曜日にリーディングライブ(平たく言うと朗読劇)に出ます。何度か出演しているREDカンパニーさんの新企画に出演するんです。
リーディングライブと銘打っているだけあってライブ感を大事にしたい、とは主宰山本さんの弁。綺麗な発声や滑舌でというよりも、客席の間近で行われる俳優1対1の生のやりとり。そういう点で言うと、市原の新機軸と即興で培った要素がどう化学反応を起こすのかっていうのが主観的には楽しみなところではあります(もちろん不安もいっぱいだけど)。

平日1ステージのみではありますが、ぜひ目撃して欲しい1ステージです。以下、詳細!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
レッドカンパニー ときめかNIGHT vol.1
『星が見えるかい』

作:山本夢人

レッドカンパニーのNIGHTシリーズ第一弾!
男女10組が日替わりで1つのストーリーを読み上げる朗読劇イベント。

不思議な縁で知り合った男女がお互いの人生最大のピンチを支え合う。

この空の下に、踏ん張っている人はたくさんいる―。

朗読劇+アフタートークをアットホームでおしゃれなカフェで過ごしませんか?

☆日時:
1月15日(水)19:30〜
※開場は開演の30分前となります。

☆出演:
市原ユウイチ、平林あずみ

☆会場:鯛カフェ(京王井の頭線・新代田駅より徒歩1分)

☆チケット:
前売・当日2,000円+ワンドリンク500円(アルコールあり)

レッドプレゼント:
赤いお洋服をご着用の方は、素敵なプレゼントがあります。
(全面積の7割以上が赤いトップスが対象。そのお洋服を上にご着用の上、ご鑑賞ください)

ご予約はこちらから!
http://www.red-company.net/hoshi/11/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


新年一発目なのにずいぶん長くなってしまいました。市原自身もワクワクドキドキなこのライブ、是非とも足をお運びください!お待ちしております!!



etk.
[PR]
by jet-beetle | 2014-01-05 23:20 | 雑記 | Comments(0)