本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんばんは、市原です。サイゼリヤのミラノ風ドリアにほうれん草のソテーを混ぜて食べるのが好きです。


ゆーわけで、しめじ3人芝居企画『トリオ#1』3作品とも無事に終演することが出来ました。ご来場下さったお客さま、力を貸して下さった客演の皆さま、本当にありがとうございました。

e0161872_01411414.jpg
e0161872_01411525.jpg
e0161872_01411752.jpg


「遺書にしてもいいと思えるくらい最高のホンが書けた」。本気でそう思えた『2401年の挑戦』でしたが、本番を迎えるまで不安で不安で仕方ありませんでした。それは別に役者陣の演技がダメとかそういうことではなく、もう市原自身が冷静に見ることが出来なくなっていたのではないかと思います。時には投げ出しそうになる市原に最後まで諦めない姿勢を思い出させてくれたのは、篠さんの優しさと追求する姿勢、田野ちゃんのあくまで役者として演技で見せる姿勢、そして日下くんの遊びゴコロとダメ出しを次の稽古には消化してくる圧倒的な柔軟さでした。


本番は音響ブースで音出しをしながら舞台を見守るしか出来なかったのですが、篠さん演じるルドガーが冒頭で口からカードを吐き出すシーンで客席に笑いが起きた瞬間、涙が出そうになりました。いや、ちょっと出ました。それだけ不安だったんです。稽古場でもゲネでも見に来たスタッフや他チームの役者さんが全編通してピクリとも笑ってなかったから(笑)!

初日や千秋楽はもちろん、特に土曜はお客さんも暖かく、狙ったところで狙った通りの反応がいただけたのは本当に嬉しかったし、やっぱりお客さんって頭いいんだなと思いました(失礼)。


他チームの役者さんたちも皆魅力的で、本当にいい座組でした。

初めて外部から作家さんを招いて書き下ろしていただいた『さよなら、さよならメッセンジャー』は個人的に胸に刺さる台詞やシーンが印象的で、今後もキャストを変えて上演したいなと思いました(今回のキャストを超えるのは大変だけど!)。

しめじメンバーの原本くん書き下ろしの『ピエロ夜会』、正直顔合わせの際は作品、キャスト共に一番未知数だったのですが、3人のバランス感の妙とブラッシュアップされた脚本で、とても見応えのある作品に仕上がりました。最後の夢のシーンとか照明ブースで観てて泣きそうになったもん。



新年1発目をこんな素敵な座組と公演で迎えられた私はそれだけでラッキー生まれてきた甲斐があったってもんさ。しかし、その翌日からは早速、

e0161872_01442101.jpg

始まってしまいました。3月公演『スポットライト』の稽古!1年ぶりに役者としてしめじの舞台に立ちます。舞台は仲良くする場じゃねぇ、殺し合いだ。コロシアムだ。その割に仲良さそうな写真じゃねぇかって? 今だけさ。消失点までぶっ飛ばす。よろしく。


etk.


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

しめじ Vol.10 2周年記念公演


『コ〜ラスナイン』『スポットライト』

脚本・演出/山田直人

2018.2/28(水)〜3月4日(日)

@ART THEATER かもめ座

e0161872_01415878.jpg
e0161872_01422287.jpg


【あらすじ】

『コ〜ラスナイン』


とある高校の卒業式。

年々生徒数が減り、とうとう廃校が決まってしまう。

最後の卒業生はたったの一人。

唯一の卒業生の「美加」は、就職するために

卒業後は上京することが決まっていた。

村を出る美加のために

学校だけではなく、村を挙げての思い出に残る卒業式にしようと

村の大人たちが立ち上がった。


『合唱しようぜっ!』


素人の合唱団を結成して練習に励む村の大人たち。

しかし、まとまりのない村人たちはもめにもめ、練習は困難を極める。

なぜか美加が合唱の指導をすることに。

しめじが誇るおじさんたちが送る、バカバカしいほど全力の合唱ストーリー。


「あれ?これって私を送るための合唱だよね?」



『スポットライト』


小さい頃に観たお芝居の光景が今でも忘れられない。

舞台上をところ狭しと駆け回る役者たち。

スポットライトに照らされてキラキラと輝いている主演俳優。

幕が下りると溢れんばかりの拍手が劇場を包み込む。


「私もあの場所に行きたい」


そう思って目指した役者の道。

だけど、現実はとても残酷で・・・

バイトに明け暮れる毎日。生きるために必死でベテランも新人も何も変わらない。


「私、何をしに上京したんだっけ?」


最後の舞台と決め、いざ舞台の上へ。

が、出番は僅か。


「私の役者人生、本当にこれで終わり?」


夢に絶望し、夢を諦めた女優の卵が、

最後の舞台で奮闘するドタバタ舞台裏ストーリー。


【CAST】

『コ〜ラスナイン』

市原ユウイチ

原本武和

浜田カオス(FLIPLIP/9-States)

有原花

徳永弥芳子

瀬川圭介

葉湖芽

熊木拓矢(グヮイニャオン)

河合祥子

池田茉央

柏木直人


『スポットライト』

藤田順子

青木伸悟

対馬大翔

難波朱夏

下出紗弥可

平井友梨(東京ドラマハウス)

竹内萌恵(Dangerous Box/劇団ルネサンス)

長谷川貴大

市原ユウイチ

山田直人(しめじ/9-States)



【タイムスケジュール】

コ/コ〜ラスナイン

ス/スポットライト


28日(水) 19:30〜コ

1日(木)   19:30〜ス

2日(金)   12:00〜コ/15:30〜ス/19:30〜コ

3日(土)   12:00〜ス/15:30〜コ/19:30〜ス

4日(日) 13:00〜コ/17:00〜ス


【チケット】

前売・当日/2800円

2作セット券/4500円


【劇場】

ART THEATER かもめ座

東京都杉並区阿佐谷南3-5-2 牧野ビルB1

*丸の内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩5分

*JR線「阿佐ケ谷駅」徒歩10分


【予約】

1月1日(月)より予約開始!


【お問い合わせ】

08094457010(山田)

shimeji_9@yahoo.co.jp


【スタッフ】

照明/高野由美絵

音響/久郷清

チラシデザイン/吉崎崇ニ(9-States)

映像撮影/しめじ

舞台監督/山田直人

制作/しめじ

企画・製作/しめじ

協力/9-States・カオスエンターテイメント・FLIPLIP・劇団東京ハイビーム


[PR]
by jet-beetle | 2018-01-31 00:13 | 芸事 | Comments(0)

初日も中日もないけれど

こんばんは、市原です。

『小屋入りしました!』
『初日です!』
『いよいよ折り返し!』
なんてタイトルの記事を上げる間も無くいよいよ本日千秋楽です。ほんと、あっと言う間ですね。1時間の3人芝居3作品が3日間3ステージずつなんだからそりゃそっすよね。はは。寒い中たくさんのご来場本当にありがとうございます。

お客さんの前で上演するまでは不安で不安でたまらなくて何度挫けそうになり投げ出したくなったか分かりませんが、その度に役者さんたちの姿勢や言葉に救われてここまで来ることが出来ました。それは自分の作品の役者さんばかりでなく、どの作品の役者さんも、より作品を良くしよう、そして誰よりも楽しもうとする姿勢を持って臨んでいるからだと思います。新年1発目からこんな現場に関わることが出来た僕はとってもラッキー。

『さよなら、さよならメッセンジャー』
e0161872_02143878.jpg

『ピエロ夜会』
e0161872_02144016.jpg

『2401年の挑戦』
e0161872_02144150.jpg


そんな公演も今日で千秋楽。もっともっとたくさんのお客さんに観てもらいたいなと心から思います。たくさんの挑戦が詰まっています。映画やテレビではなく、そこでしか観られないもの。その日その回にしか存在しない空気感。舞台は生モノとは良く言ったものです。そんな贅沢な娯楽がたったの2000円!来るしか!!


etk.


[PR]
by jet-beetle | 2018-01-28 02:56 | 芸事 | Comments(0)
こんばんは、市原です。

『2401年の挑戦』は鋭意制作中。先日、全チーム初の通し稽古を終え、それぞれに課題やビジョンが見えているのではないかと思います。

もちろん我がチームも課題や締めなければならないネジがいくつか見つかりました。僕が最初につくりたかったナンセンスコメディ。不条理劇。SFパロディ。これを演者に伝えて共有すること。指揮者としてタクトを振ること。2004年のあの感覚を久しぶりに思い出して苦しくなりました。引きずってもいないけど乗り越えてもいなかったんだな。

30代も中盤に差し掛かってなんとなく気付いたのですが、傷ついてから立ち直るまでに丸一日かかる(笑)。まー、これでも引きずらなくなった方なんですけどね。10代20代の頃に比べたら。

そーこーしていたら、2月末の公演のフライヤーデザインが届きました。どーなることやら。ご期待ください。

e0161872_02202640.jpg
著者近影



etk.


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
その1

しめじ 三人芝居企画『トリオ』♯1

e0161872_02124165.jpg

e0161872_02124212.jpg


・『さよなら、さよならメッセンジャー』
脚本/梶 雷  演出/山田直人

・『2401年の挑戦』
脚本/市原ユウイチ 演出/市原ユウイチ

はるか未来、どこかの国。そこでは“レプリカント”と呼ばれる高性能な人造人間が人間に代わって労働を行っていた。
恋人にふられたショックから自らレプリカントに改造されることを望む青年と、彼の志願を受けたレプリカント。
人間に絶望した人間と、人間とは何かを探求する機械、そして一人の美女を巡るSF超小作。物理も科学も機械工学も知らない私立文系の描くパロディ盛り合わせのSF。

・『ピエロ夜会』
脚本/原本武和  演出/山田直人


2018.1/26(金)〜28(日)
@東中野RAFT

【CAST】
『さよなら、さよならメッセンジャー』
金戸翔子
畠山千明
内藤凜平

『2401年の挑戦』
日下穣地
篠崎大輝(ジャングルベル・シアター)
田野友里恵(農耕楽団)

『ピエロ夜会』
田島一輝
永吉志帆
稲村幸助(劇団夜想会)

【タイムスケジュール】各作品3ステージ
さ/さよなら、さよならメッセンジャー
挑/2104年の挑戦
ピ/ピエロ夜会

26日(金) 14:00〜さ/17:00〜挑/20:00〜ピ
27日(土) 13:00〜挑/16:00〜ピ/19:00〜さ
28日(日) 12:00〜ピ/15:00〜さ/18:00〜挑

【チケット】
前売・当日/2000円
2作セット券/3000円
3作セット券/4000円

【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分

【予約】
12月26日(火)より予約開始。市原まで直接ご連絡下さい。

yuichihara0723@yahoo.co.jp
ツイッターのDM
メッセンジャー
など伝われば何でも!



その2

しめじ Vol.10 2周年記念公演


『コ〜ラスナイン』『スポットライト』

脚本・演出/山田直人

2018.2/28(水)〜3月4日(日)

@ART THEATER かもめ座

e0161872_02105669.jpg

e0161872_02105705.jpg


【あらすじ】

『コ〜ラスナイン』


とある高校の卒業式。

年々生徒数が減り、とうとう廃校が決まってしまう。

最後の卒業生はたったの一人。

唯一の卒業生の「美加」は、就職するために

卒業後は上京することが決まっていた。

村を出る美加のために

学校だけではなく、村を挙げての思い出に残る卒業式にしようと

村の大人たちが立ち上がった。


『合唱しようぜっ!』


素人の合唱団を結成して練習に励む村の大人たち。

しかし、まとまりのない村人たちはもめにもめ、練習は困難を極める。

なぜか美加が合唱の指導をすることに。

しめじが誇るおじさんたちが送る、バカバカしいほど全力の合唱ストーリー。


「あれ?これって私を送るための合唱だよね?」



『スポットライト』


小さい頃に観たお芝居の光景が今でも忘れられない。

舞台上をところ狭しと駆け回る役者たち。

スポットライトに照らされてキラキラと輝いている主演俳優。

幕が下りると溢れんばかりの拍手が劇場を包み込む。


「私もあの場所に行きたい」


そう思って目指した役者の道。

だけど、現実はとても残酷で・・・

バイトに明け暮れる毎日。生きるために必死でベテランも新人も何も変わらない。


「私、何をしに上京したんだっけ?」


最後の舞台と決め、いざ舞台の上へ。

が、出番は僅か。


「私の役者人生、本当にこれで終わり?」


夢に絶望し、夢を諦めた女優の卵が、

最後の舞台で奮闘するドタバタ舞台裏ストーリー。


【CAST】

『コ〜ラスナイン』

市原ユウイチ

原本武和

浜田カオス(FLIPLIP/9-States)

有原花

徳永弥芳子

瀬川圭介

葉湖芽

熊木拓矢(グヮイニャオン)

河合祥子

池田茉央

柏木直人


『スポットライト』

藤田順子

青木伸悟

対馬大翔

難波朱夏

下出紗弥可

平井友梨(東京ドラマハウス)

竹内萌恵(Dangerous Box/劇団ルネサンス)

長谷川貴大

市原ユウイチ

山田直人(しめじ/9-States)



【タイムスケジュール】

コ/コ〜ラスナイン

ス/スポットライト


28日(水) 19:30〜コ

1日(木)   19:30〜ス

2日(金)   12:00〜コ/15:30〜ス/19:30〜コ

3日(土)   12:00〜ス/15:30〜コ/19:30〜ス

4日(日) 13:00〜コ/17:00〜ス


【チケット】

前売・当日/2800円

2作セット券/4500円


【劇場】

ART THEATER かもめ座

東京都杉並区阿佐谷南3-5-2 牧野ビルB1

*丸の内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩5分

*JR線「阿佐ケ谷駅」徒歩10分


【予約】

1月1日(月)より予約開始!


【お問い合わせ】

08094457010(山田)

shimeji_9@yahoo.co.jp


【スタッフ】

照明/高野由美絵

音響/久郷清

チラシデザイン/吉崎崇ニ(9-States)

映像撮影/しめじ

舞台監督/山田直人

制作/しめじ

企画・製作/しめじ

協力/9-States・カオスエンターテイメント・FLIPLIP・劇団東京ハイビーム



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by jet-beetle | 2018-01-20 02:10 | 芸事 | Comments(0)

光の射す方へ

e0161872_16011281.jpg
2回目。


etk.

[PR]
by jet-beetle | 2018-01-13 20:32 | 映画の話 | Comments(0)

ナチュラルボーン俺

書こう!


e0161872_02473509.jpg

新年1発目の記事です。このブログをご覧の皆さまにおかれましては寒中お見舞い申し上げます。今年もどうかよろしくお願いします。

なんて言ってこんだけ更新しなきゃ世話ねぇな。はい。年末年始は実家で腑抜けきっておりました。映画ばっか観てましたね。実家はBS映るし。あと『最後のジェダイ』観に行きました。今月中にもっかい行く予定です。

んなこたどうでもいいんだ。今月末に上演される自作の3人芝居の話だ。稽古は着実に進んでいます。自分が普段役者としてやっていることを一つ一つ解体して今回の演者さんに伝えてる感じ。自分の中の当たり前は人にとっては当たり前じゃないんだけど、それをスムーズに出せるよう説明する感じ。自分の好きなもの、言いたいこと、感じてきたことを詰め合わせにしました。ひと月遅れのお歳暮です。2000円いただきますが(笑)。

余談ですが、先日10年来の付き合いになる親友に今回書いた脚本の話をした時に「セカイ系は書きたくなかったんだけど、結局セカイ系になっちゃたよー」なんて言ったら「しょうがない!私たちの世代は!」なんて言ってもらえたことが何故か妙に嬉しかったのです。

カルト作品の線を狙ったきらいもあります。好きな映画が『発狂する唇』とか『血を吸う宇宙』ですからね。

激しく眠いので突然ですが今日はこの辺で。



etk.


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
その1

しめじ 三人芝居企画『トリオ』♯1

・『さよなら、さよならメッセンジャー』
脚本/梶 雷  演出/山田直人

・『2401年の挑戦』
脚本/市原ユウイチ 演出/市原ユウイチ

はるか未来、どこかの国。そこでは“レプリカント”と呼ばれる高性能な人造人間が人間に代わって労働を行っていた。
恋人にふられたショックから自らレプリカントに改造されることを望む青年と、彼の志願を受けたレプリカント。
人間に絶望した人間と、人間とは何かを探求する機械、そして一人の美女を巡るSF超小作。物理も科学も機械工学も知らない私立文系の描くパロディ盛り合わせのSF。

・『ピエロ夜会』
脚本/原本武和  演出/山田直人


2018.1/26(金)〜28(日)
@東中野RAFT

【CAST】
『さよなら、さよならメッセンジャー』
金戸翔子
畠山千明
内藤凜平

『2401年の挑戦』
日下穣地
篠崎大輝(Last Brand/ジャングルベル・シアター)
田野友里恵(農耕楽団)

『ピエロ夜会』
田島一輝
永吉志帆
稲村幸助(劇団夜想会)

【タイムスケジュール】各作品3ステージ
さ/さよなら、さよならメッセンジャー
挑/2104年の挑戦
ピ/ピエロ夜会

26日(金) 14:00〜さ/17:00〜挑/20:00〜ピ
27日(土) 13:00〜挑/16:00〜ピ/19:00〜さ
28日(日) 12:00〜ピ/15:00〜さ/18:00〜挑

【チケット】
前売・当日/2000円
2作セット券/3000円
3作セット券/4000円

【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分

【予約】
12月26日(火)より予約開始。市原まで直接ご連絡下さい。

yuichihara0723@yahoo.co.jp
ツイッターのDM
メッセンジャー
など伝われば何でも!
e0161872_12484392.jpg
e0161872_12484847.jpg



その2

しめじ Vol.10 2周年記念公演


『コ〜ラスナイン』『スポットライト』

脚本・演出/山田直人

2018.2/28(水)〜3月4日(日)

@ART THEATER かもめ座



【あらすじ】

『コ〜ラスナイン』


とある高校の卒業式。

年々生徒数が減り、とうとう廃校が決まってしまう。

最後の卒業生はたったの一人。

唯一の卒業生の「美加」は、就職するために

卒業後は上京することが決まっていた。

村を出る美加のために

学校だけではなく、村を挙げての思い出に残る卒業式にしようと

村の大人たちが立ち上がった。


『合唱しようぜっ!』


素人の合唱団を結成して練習に励む村の大人たち。

しかし、まとまりのない村人たちはもめにもめ、練習は困難を極める。

なぜか美加が合唱の指導をすることに。

しめじが誇るおじさんたちが送る、バカバカしいほど全力の合唱ストーリー。


「あれ?これって私を送るための合唱だよね?」



『スポットライト』


小さい頃に観たお芝居の光景が今でも忘れられない。

舞台上をところ狭しと駆け回る役者たち。

スポットライトに照らされてキラキラと輝いている主演俳優。

幕が下りると溢れんばかりの拍手が劇場を包み込む。


「私もあの場所に行きたい」


そう思って目指した役者の道。

だけど、現実はとても残酷で・・・

バイトに明け暮れる毎日。生きるために必死でベテランも新人も何も変わらない。


「私、何をしに上京したんだっけ?」


最後の舞台と決め、いざ舞台の上へ。

が、出番は僅か。


「私の役者人生、本当にこれで終わり?」


夢に絶望し、夢を諦めた女優の卵が、

最後の舞台で奮闘するドタバタ舞台裏ストーリー。


【CAST】

『コ〜ラスナイン』

市原ユウイチ

原本武和

浜田カオス(FLIPLIP/9-States)

有原花

徳永弥芳子

瀬川圭介

葉湖芽

熊木拓矢(グヮイニャオン)

河合祥子

池田茉央(劇団東京ハイビーム)

柏木直人



『スポットライト』

藤田順子

青木伸悟

対馬大翔

難波朱夏

下出紗弥可

平井友梨(東京ドラマハウス)

竹内萌恵(Dangerous Box/劇団ルネサンス)

長谷川貴大

市原ユウイチ

山田直人(しめじ/9-States)


and more‼︎



【タイムスケジュール】

コ/コ〜ラスナイン

ス/スポットライト


28日(水) 19:30〜コ

1日(木)   19:30〜ス

2日(金)   12:00〜コ/15:30〜ス/19:30〜コ

3日(土)   12:00〜ス/15:30〜コ/19:30〜ス

4日(日) 13:00〜コ/17:00〜ス


【チケット】

前売・当日/2800円

2作セット券/4500円


【劇場】

ART THEATER かもめ座

東京都杉並区阿佐谷南3-5-2 牧野ビルB1

*丸の内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩5分

*JR線「阿佐ケ谷駅」徒歩10分


【予約】

1月1日(月)より予約開始!


【お問い合わせ】

08094457010(山田)

shimeji_9@yahoo.co.jp


【スタッフ】

照明/高野由美絵

音響/久郷清

チラシデザイン/吉崎崇ニ(9-States)

映像撮影/しめじ

舞台監督/山田直人

制作/しめじ

企画・製作/しめじ

協力/9-States・カオスエンターテイメント・FLIPLIP・劇団東京ハイビーム



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by jet-beetle | 2018-01-12 02:24 | 芸事 | Comments(0)