人気ブログランキング |

本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「もう、普通の幸せを手に入れることは出来ないんだろうなぁ」。

なんとなくそんな風に思っていました。ここで言う普通の幸せっていうのは、それなりに安定した仕事と収入があって、結婚して子供も2人くらいいて、たまに家族で旅行したりして、子供にちゃんとした情操教育をしてあげられる人生。正に僕の父のような。

でも、今の時代は父の頃とは価値観も経済状態もすっかり変わりました。カリスマ不在、スター不在。世の中も悪くなってます。いろんなサービスも廃止の方向に向かってる。ポイントカードのバック率も下がってるし(笑)。それでも僕らはどうしようもなく生きていかなきゃいけない。少しずつ朽ちていく世界とどう向かい合っていくのか。嘆くのも笑い飛ばすのも知らん顔決め込むのも自由。個人主義の時代で寿司ね。

この3月で『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃ2イケてるッ!』という2番組がその長い歴史に幕を下ろしました。どちらも僕の笑いの感覚に多大すぎる影響を与えた番組です。上から落ちてきたたらいが頭に直撃したりスリッパで人の頭を叩いたり食べ物を粗末にしたりビンタされて鼻血が出たり。めちゃイケに関しては、僕が音楽というものに触れるキッカケにすらなりました(イケてるCDTV)。『笑っていいとも!』が終わったのが4年前。『おもいっきりテレビ』はもっと前だ。長寿番組は長寿なんであって不死じゃない。

神保町の『いもや』も天丼ととんかつの2店舗が今日で閉店。新宿のボンベイも4月末で閉店とのこと。渋谷の『ムルギー』もいつまであるだろう。学生時代に行ったきりだから早く行っとかないと。

僕は7月で35歳になります。人生もだいたい半分くらいでしょうか。1日で言えば正午あたり。「ただいっさいは過ぎていきます」と太宰治も書いてます。諸行無常。何かを信じることは大切だけど、信じるなら、いつの時代も、どこにあっても変わらないものを信じたい。それは結局その時々の自分の心だったりするんですけど。


e0161872_09495831.jpg
e0161872_09495921.jpg
e0161872_09500123.jpg
e0161872_09500318.jpg
e0161872_09505923.jpg
e0161872_09510094.jpg
春が来てますのでお知らせします。


etk.

by jet-beetle | 2018-03-31 23:57 | 雑記

救い(石に齧りついても)

こんばんは、市原です。好きな昔話は耳なし芳一です。

花粉休暇、という言葉があるとかないとか。今の自分はそれを申請したいような状況です。目は痒く、鼻水ジュルジュル喉が痒い。頭はぼんやり時々痛い。そんなもんだから、花粉症の合併症とも言うべき鬱状態に陥って大変です。自分を責めたり忘れかけてたことを思い出してしまったりして大変です。身も心も使い物になりません。誰か。

ふと、自分のこの数年間を思いました。ずいぶんと無駄な時間が多かった。今日この日は人生でたった一度しかないのに、何もせず、誰とも会わず、何も見つけずみたいな日のなんと多かったことか。この10年でしてきたことは、ちゃんと集中して情熱を持って臨めば5年で済むようなことばかりではなかったか、といった愚かな考えが頭に浮かんできました。

「遠回りも人生さ」「余計なことはし過ぎるほど良いよ」「人生の本質は無駄の中にある」

悟りきったような言葉があります。何の実感もなくこんな言葉を信じてきました。が、何もしなかったあの膨大な時間があれば、今の自分はこんなところでこんなこと(税務署で2時間近く確定申告の列に並んでる)をしなくても良かったのでは? 亡くなった父にももっと思い残しのない余生を過ごさせてあげられたのでは? そして別れていったたくさんの友人たち。一番嫌いな後悔の波が押し寄せてきます。21世紀初頭に少しだけ話題になったバンド、The Kaleidoscopeの“nowhere man”という曲が脳内に流れてきます。暗い、とても暗い曲。でもとても好きな曲。


e0161872_02375109.jpg


こんな精神状態に陥っては、ますます何もしない時間が人生に増えてしまう。後悔しない生き方とは。胸を張って生きたい。僕は誇り高く生きたい。映画を、好きな映画を観よう。感傷的な気分になるものじゃなく、強い映画を。




e0161872_02110741.jpg
e0161872_02110901.jpg
どーん。



好きな映画はたくさんありますが、この二本に関しては映画自体の持つ圧倒的なまでのパワーが否応なく観ている側の内面を沸騰させるものがあります。ここで終わります。



etk.

by jet-beetle | 2018-03-15 00:32 | 雑記
こんばんは、市原です。好きなサービスエリアは上里PA(上り)です。

終演の挨拶に鮮度というものがあるならば、このご挨拶はとっくにしなびて傷んで、口に入れたらお腹壊すくらいに落ち切っているのかもしれません。しれませんが、しめじ vol.10『コ〜ラスナイン』『スポットライト』両作品とも無事に終演しました。たくさんのご来場とご声援、ご尽力下さったスタッフの皆様、客演キャストの皆様に心から感謝します。本当にありがとうございました。

初の2作品出演ということで、朝9時から夜9時までの稽古が連日続いた後の本番で気力、体力両面でしんどい日々でしたが、久しぶりに手合わせする仲間や、ずっと一緒にやりたいと思っていた俳優陣とやれる楽しさ、刺激はそんな疲れを忘れさせてくれるものがありました。
お客様にも楽しんでいただけたようで、お客様の笑い声やすすり泣き、拍手といったリアクションこそが僕らがここに立っていられる理由なのです。

このブログを書くのが遅くなってしまったのにもしょーもない理由があります。簡単に言うと、終わりを告げることが始まりを告げることと同義だからです。簡単じゃねー。終わりましたー。じゃあ次は?っていうのが怖かったんですね。
昨年からの自分はそれまで以上に、次とかその先というものが見えにくい状況になっており、何かを始めたはいいものの、それが果たして続くのか、続けていいのか、そもそもこの先どうするのかといった諸問題を宙ぶらりんにしたまんま嵐の2017年度を終えようとしているわけです。


『コ〜ラスナイン』
e0161872_03121783.jpg
e0161872_03123333.jpg
e0161872_03123591.jpg
e0161872_01045567.jpg
e0161872_03123736.jpg



『スポットライト』
e0161872_03133112.jpg
e0161872_03133201.jpg
e0161872_03133369.jpg
e0161872_03133445.jpg
e0161872_03133502.jpg
e0161872_03135918.jpg


また、今回ある問題というか発見がありまして、ずっと目的を持って続けてきたことが、いざ実戦になったら一切出番を見せず、結局いつもの自分の底力とか武器で何とかしてしまったという事実にある種の絶望を覚えまして。

私は一体何者なんだろう。何がしたいんだろう。どうなりたいんだろう。どうなっていくんだろう。この人生は何のために、誰のために、今やっていることは僕の人生をどうしてくれるんだろう。

(˙o˙)(o:)(.o.)(:o)(˙o˙)(o:)(.o.)(:o)

書き始めるととりとめない。昨年に引き続き、今回の公演も本番直前にショッキングな出来事がありました。「演劇なんてやっていると失うことばっかりだ」。20歳の頃の自分が感じたことを34歳になっても感じなきゃいけない自分の成長の無さ、分かっていてもやめずに居続けるのは何故なんだろう。

今までのように短期的な展望だけでやっていくにはそろそろ無理が生じてきたのかもしれません(そもそも良くないし)。とはいえ、まぁ次のこともなくはないので……その辺はまた。


etk.

by jet-beetle | 2018-03-12 00:57 | 芸事