本駒込に一度も降りたことのない市原ユウイチが主義、主張、哀願をつづるブログ。忘れようとしても思い出せないブログ。


by jet-beetle

こんばんは。男装の麗人、市原ユウイチです。


ゆーわけで、毎年恒例のアレです。


が。今年はヒット曲らしいヒット曲が特にありませんでした。新しい発見も少なかったです。だからと言ってやらないわけにはいきません(誰にも頼まれてないから尚更)。瀬川瑛子の“命くれない”が売り上げ42万枚でも1987年の年間チャート1位になったようなもので、どんなに数や質が低くなったところでやるものはやるのです。

とはいえ、決して質が低かったわけではありません。熱狂的になったものや新しい発見が少なかっただけの話です。ではどうぞ。


☆優秀楽曲賞


・悪玉/キリンジ

LINEモバイルのCMで彼らの楽曲“エイリアンズ”が印象的に使われたことによって若いファンの獲得に繋がったのじゃないのかしらん。世代ではありながら、キリンジにはほぼノータッチだった私もかの楽曲には衝撃を受けまして、早速その曲が入ったアルバムを購入して「すげぇ、大瀧詠一や山下達郎みたい…」と通ってこなかったことを反省と謝罪。

なのに受賞は“エイリアンズ”ではなく、アルバムではその手前に収録されたこの曲。兎にも角にも魅力的な歌詞。


・I Love You/BODY

今年CRAZEに注目が集まったことでこの曲にもスポットライトが当たりました。ボウイ直系のビジュアルと楽曲。現在から見るとダサさと紙一重なのかもしれないけど、いやもうめちゃめちゃカッコいい。関係バンドのCRAZE、デランジェでもセルフカバーされてて、そのどれもが魅力的なんだからこれはもう楽曲そのものの強さなんだろう。ドラマー的にも大好きな一曲。今年の最優秀候補。


・SISTER/back number

今をときめくback numberの数年前のシングル。ベスト盤を聴いたのは今年だったか去年だったか。今のバンドにはなかなか馴染めないけど彼らは好き。


・Another Day Of Sun

今年映画館で観た映画で一番良かったのが『ラ・ラ・ランド』でした。そのオープニングナンバーがこれ。聴くと泣きそうになる。


流動体について/小沢健二

今年オザケンが本格的に表舞台に帰ってきたことは、90年代に青春を過ごした人間には非常にエポックメイキングなことだった。

そんなオザケンの久々のシングル。とにかく素晴らしい。生きることへの全肯定。ゆるぎなき今年の最優秀楽曲。


・2人セゾン/欅坂46

どっちかーつーと欅より乃木坂派なんだけど(プロ意識の高さは感じるけど、それが故に愛せない感じ)、この楽曲に関しては認めざるを得ない。

48が下火になってきて近年は46系の台頭が著しい。どのみち金は秋元康へ。これでいいのか。


ノンフィクション/平井堅

お、なんだかんだで今年の曲がちゃんと入ってるやんけ。良いことだ。

印象的なイントロとサビのフレーズに耳を奪われる一曲。この人のポップセンスはほんとにすごい。



☆優秀アルバム賞

・該当なし



☆優秀アーティスト賞

・CRAZE

今年最も注目されたアーティスト。それで1記事書いたので気になる方はご参照を。


・Mr.Children

・スピッツ

中学生の頃から大好きで一生モノのバンド。このバンドのそれぞれデビュー25周年、結成30周年のライブを8月は観に行く機会に恵まれ、これがまたすんばらしく良かった。最高だった。こんな贅沢他にあるか?ってくらい。

e0161872_13213258.jpg
e0161872_13213425.jpg
e0161872_13213660.jpg


etk.


[PR]
# by jet-beetle | 2017-12-29 20:36 | 音楽 | Comments(0)

反体制派の朝食

こんばんは、緑茶消臭成分配合の市原です。

ゆーわけで、1月の三人芝居企画の顔合わせが行われました。
e0161872_14392105.jpg

e0161872_14392322.jpg

ちゃんと公演に参加するのが久々というのもあって、懐かしいようなくすぐったいような、浮ついた感じで顔合わせ。代役とはいえ、他の作品の読み合わせをするのもすごく楽しかったなぁ。本役の人をイメージすることもなく自分のやりたいようにやった結果、何の参考にもならない代役でしたが(笑)。

そんで肝心の自分の作品。2日前に初めて自分一人で声に出して全編通して読んだ時、台詞の言いづらさ、話の支離滅裂さに暗澹たる気持ちにもなりましたが、その後若干の追加修正をしたのが功を奏したのか、顔合わせに行く前に読んだ時は非常に楽しく読めましたという自己満足。
実際の読み合わせもこの日は本役は一人しかいなかったものの、やっぱり視聴者がいるといいですね、反応があるっていうのは。狙いどころで笑ってくれたり、ここはあんまり自信ないなぁと思ってたところで笑ってくれたり…って笑われてばっかやんけ!
でも、それも文字情報があるからこそ。我々が作ろうとしているのは演劇だ。役者の言葉と演技で作品世界を伝えねばいかん。

ここ数年の市原が考えてきたこと、遭遇してきたこと、そして昔から市原が好きなものが盛り合わせになっています。冗談なのか本気なのかわからない、観た後に何も残らないようなものが出来たらいいな。何だったんだあれは…っていう観後感。



etk.

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
しめじ 三人芝居企画『トリオ』♯1

『さよなら、さよならメッセンジャー』
脚本/梶 雷  演出/山田直人

『2401年の挑戦』
脚本/市原ユウイチ 演出/市原ユウイチ
はるか未来、どこかの国。そこでは“レプリカント”と呼ばれる高性能な人造人間が人間に代わって労働を行っていた。
恋人にふられたショックから自らレプリカントに改造されることを望む青年と、彼の志願を受けたレプリカント。
人間に絶望した人間と、人間とは何かを探求する機械、そして一人の美女を巡るSF超小作。理科も化学も物理も知らない私立文系の描くパロディ盛り合わせのSF。

『ピエロ夜会』
脚本/原本武和  演出/山田直人

2018.1/26(金)〜28(日)
@東中野RAFT

【CAST】
『さよなら、さよならメッセンジャー』
金戸翔子
畠山千明
内藤凜平

『2401年の挑戦』
日下穣地
篠崎大輝(Last Brand/ジャングルベル・シアター)
田野友里恵(農耕楽団)

『ピエロ夜会』
田島一輝
永吉志帆
稲村幸助(劇団夜想会)

【タイムスケジュール】各作品3ステージ
さ/さよなら、さよならメッセンジャー
挑/2104年の挑戦
ピ/ピエロ夜会

26日(金) 14:00〜さ/17:00〜挑/20:00〜ピ
27日(土) 13:00〜挑/16:00〜ピ/19:00〜さ
28日(日) 12:00〜ピ/15:00〜さ/18:00〜挑

【チケット】
前売・当日/2000円
2作セット券/3000円
3作セット券/4000円

【劇場】
東中野RAFT
(中野区中野1-4-4)
*JR・大江戸線「東中野駅」西口・徒歩13分
*丸の内線・大江戸線「中野坂上駅」A2出口・徒歩10分

【予約】
12月26日(火)より予約開始。市原まで直接ご連絡下さい。

yuichihara0723@yahoo.co.jp
ツイッターのDM
メッセンジャー
など伝われば何でも!



その2

しめじ Vol.10 2周年記念公演


『コ〜ラスナイン』『スポットライト』

脚本・演出/山田直人

2018.2/28(水)〜3月4日(日)

@ART THEATER かもめ座



【あらすじ】

『コ〜ラスナイン』


とある高校の卒業式。

年々生徒数が減り、とうとう廃校が決まってしまう。

最後の卒業生はたったの一人。

唯一の卒業生の「美加」は、就職するために

卒業後は上京することが決まっていた。

村を出る美加のために

学校だけではなく、村を挙げての思い出に残る卒業式にしようと

村の大人たちが立ち上がった。


『合唱しようぜっ!』


素人の合唱団を結成して練習に励む村の大人たち。

しかし、まとまりのない村人たちはもめにもめ、練習は困難を極める。

なぜか美加が合唱の指導をすることに。

しめじが誇るおじさんたちが送る、バカバカしいほど全力の合唱ストーリー。


「あれ?これって私を送るための合唱だよね?」



『スポットライト』


小さい頃に観たお芝居の光景が今でも忘れられない。

舞台上をところ狭しと駆け回る役者たち。

スポットライトに照らされてキラキラと輝いている主演俳優。

幕が下りると溢れんばかりの拍手が劇場を包み込む。


「私もあの場所に行きたい」


そう思って目指した役者の道。

だけど、現実はとても残酷で・・・

バイトに明け暮れる毎日。生きるために必死でベテランも新人も何も変わらない。


「私、何をしに上京したんだっけ?」


最後の舞台と決め、いざ舞台の上へ。

が、出番は僅か。


「私の役者人生、本当にこれで終わり?」


夢に絶望し、夢を諦めた女優の卵が、

最後の舞台で奮闘するドタバタ舞台裏ストーリー。


【CAST】

『コ〜ラスナイン』

市原ユウイチ

原本武和

浜田カオス(FLIPLIP/9-States)

有原花

徳永弥芳子

瀬川圭介

葉湖芽

熊木拓矢(グヮイニャオン)

河合祥子

池田茉央


『スポットライト』

藤田順子

青木伸悟

対馬大翔

難波朱夏

下出紗弥可

平井友梨(東京ドラマハウス)

竹内萌恵(Dangerous Box/劇団ルネサンス)

長谷川貴大

市原ユウイチ

山田直人(しめじ/9-States)


【タイムスケジュール】

コ/コ〜ラスナイン

ス/スポットライト


28日(水) 19:30〜コ

1日(木)   19:30〜ス

2日(金)   12:00〜コ/15:30〜ス/19:30〜コ

3日(土)   12:00〜ス/15:30〜コ/19:30〜ス

4日(日) 13:00〜コ/17:00〜ス


【チケット】

前売・当日/2800円

2作セット券/4500円


【劇場】

ART THEATER かもめ座

東京都杉並区阿佐谷南3-5-2 牧野ビルB1

*丸の内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩5分

*JR線「阿佐ケ谷駅」徒歩10分


【予約】

1月22日(月)より予約開始!


【お問い合わせ】

08094457010(山田)

shimeji_9@yahoo.co.jp


【スタッフ】

照明/高野由美絵

音響/久郷清

チラシデザイン/吉崎崇ニ(9-States)

映像撮影/しめじ

舞台監督/山田直人

制作/しめじ

企画・製作/しめじ

協力/9-States・カオスエンターテイメント・FLIPLIP・劇団東京ハイビーム


[PR]
# by jet-beetle | 2017-12-28 01:36 | 芸事 | Comments(0)

年末年始の名画座

難色示して三千里、市原です。

年末年始は各地の名画座がこぞってそれこそ名画を上映してくれます。近年だと(名画座ではありませんが)新宿ミラノ座の閉館プログラムや早稲田松竹のチャップリン特集が印象深いです。

そんな中!まだ『最後のジェダイ』も観に行けてない中!観に行ったのは『風と共に去りぬ』『オズの魔法使』の超名作二本立て。誰もが知ってる作品なのに恥ずかしながらどちらも未見だったのです。

e0161872_14423606.jpg
e0161872_14423935.jpg

目黒シネマに行くのは今月2度目。前回は市川準監督特集で、大大大好きな『トニー滝谷』と未見だった『BU・SU』を観賞。

まずは『風と共に去りぬ』。3時間51分という上映時間に不安を感じつつ、途中寝落ちしたりもしつつ(笑)、飽きることのない圧巻の作品。これぞ映画館で観るべき映画。こりゃ歴史に残るわけだ。
シェイクスピアの戯曲にも劣らぬくらい魅力的な登場人物。メラニーはかわいいし、ぐうの音も出ないほどの聖人(こんなやつ実際いねーよと思うし、女性からは嫌われるらしいけど)。マミーは『ロミオとジュリエット』の乳母を彷彿とさせる名キャラクター(黒人初のアカデミー助演女優賞に輝いたそうな)。レットには男として若干のシンパシーを感じずにいられない(笑)。そして主役のスカーレットは利己的だし性格激しいし、とても主役とは思えないキャラクターなんだけど、周りが善人だったり無能だったりするせいで、嫌々ながら結局やらなきゃいけなくなる姿が面白い。そしてそれが誰にも頼らず強く生きていく姿に見えてくる。それもレットと結婚してからはやや目に余るところもあるんだけど、押し寄せる悲劇の連続にも負けず希望を捨てない。
まさに一大叙事詩。なんとなく敬遠してたけど、観に行ってほんとによかった。音楽も素晴らしい。

そして『オズの魔法使』。こちらも誰もが知ってるストーリーに、あの有名な主題歌のメロディが美しい。でまた、映像演出がすごいの。現実のカンザスのシーンは白黒セピアで、あっちの国は総天然色。カラーじゃない。総天然色。この世界がもう(笑)。映画の冒頭で、この作品を子供の心を失わない大人に捧げます、みたいなメッセージが流れるんだけど、正にそれ。子供の心がないと作れないだろっていうセット、衣装、ダンス。ミュージカル映画だから、所々に歌やダンスが入るんだけど、その部分の楽しさ、幸せさ、踊らずにいられない感情の動きや、気持ちを歌に乗せて表現する感じが、バレエのお師匠様であるところの矩子先生の演出に通ずるものがあって、なんだか妙に腑に落ちる感じがした。
かかし、ブリキ、ライオンの3人組の掛け合いも非常に面白く、押しと引きのテンポは全く古臭くない。泣けて笑える名画。まさかこの時のジュディ・ガーランドが裏であんなことになってたとはね(笑)。

どちらの作品も1939年の映画ってことで、今から80年近くも前にこんなもんあったのかよ…と驚愕。男女驚愕。あとは『最後のジェダイ』と、観てみたいのは『エンドレス・ポエトリー』。


etk.

[PR]
# by jet-beetle | 2017-12-23 02:07 | 映画の話 | Comments(0)
こんばんは、市原です。好きな言葉は飯店です。

最近ブログの更新が少ないぞというお叱りをいただきまして(笑)、人から読まれてるってだけで冷や汗ものなのに、生のお声までいただいた日にゃ更新しないわけにはいかん!ってことで今日。ちょうど1月に上演する舞台の脚本の執筆と、難航に難航を極めたキャスティングがひと段落したこのタイミングなので、非常に肩の力は抜けておるわけです、はい。

e0161872_22431595.jpg
レーズンバターをつまみに吉祥寺のジャズバーでひとり祝杯。


昨日はしばらくぶりでバレエのレッスンに参加してきました。しめじの手伝いや実家の都合で間が空いてしまっていたので、久しぶりにちゃんと自分の身体と向き合うぞ!と臨んだわけですが(脚本執筆中は自分の内面と向き合っていたので辛い日々でした)、あたふたしてる内に終了(笑)。ちゃんと通ってても付いていけないのに、間が空いたのだから尚更です。その辺の話をしていくと暗ーい方向に進んでいきそうなのでやめにするとして(笑)、先生からいただいたクリスマスプレゼントの写真をあーっぷ!

e0161872_15130841.jpg
写りはあまり良くないけど、猫のチョコレートがめちゃめちゃキュート。いつもありがとうございます。


etk.

[PR]
# by jet-beetle | 2017-12-21 21:12 | 芸事 | Comments(0)
出演情報を更新したけど、来年のやったわ。。
出演情報2017なのにね。。



etk.

[PR]
# by jet-beetle | 2017-12-19 11:57 | 芸事 | Comments(0)